井上尚弥の年収が凄すぎ!ファイトマネーも驚きの額だった!!

ボクシング界で今もっとも注目されている男・井上尚弥選手!

日本国内史上最速となる16戦目での3階級制覇の偉業を5月25日、マクドネル戦で見事に成し遂げました!

ボクシング界での大成功を掴んでいる井上尚弥選手ですが、気になるのはその年収や試合でのファイトマネーですよね?

 

今回は『世界最強』と言われている井上選手の年収やファイトマネーについて詳しく調べてきました。

井上尚弥の年収が凄すぎ!ファイトマネーも驚きの額だった!!

と題して、記事本文でご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


井上尚弥の基本情報

  • 名前:井上尚弥 (いのうえ なおや)
  • 別名:モンスター
  • 生年月日:1993年4月10日
  • 身長:163cm
  • リーチ:170cm
  • 血液型:A型
  • 出身地:神奈川県座間市
  • 利き腕:右利き
  • 階級:WBO世界スーパーフライ級王者、WBC世界ライトフライ級王者、WBA世界バンタム級王者

 

井上尚弥は強い相手としか戦わない

また井上尚弥選手が別名・『モンスターや怪物』と言われる理由の一つはプロになって負けなしだから(゚Д゚;)

しかも強い相手としか試合を行わないんです。

 

ん?どういう事?、というと、

強い選手だけと試合をする。弱い選手とは試合をしない』

との条件でプロ契約したそうですΣ(・□・;)

 

現在のプロボクシングにおいてはWBA、WBC、WBO、IBFのというそれぞれの団体があります。

世界の名だたるチャンピオンも通常は戦略として暫定王座や弱いチャンピオンとあえて戦い、弱い挑戦者を選んで防衛をするといういわば『防衛戦略』を行います。

しかし井上選手の場合は、そのような戦略は無意味だと結論付け、『強い選手』や『チャンピオン』としか試合をしないスタイルをとったのです。

 

そんな井上選手は、間違いなく正真正銘のチャンピオンであり、真のカリスマであると言えるでしょう。

ここに過去に行われた試合結果をご紹介します。

アマチュア:81戦75勝(48KO/RSC)6敗

プロ:15戦15勝(13KO)0敗

  • 1戦目 vsクリソン・オマヤオ 勝利(4R 2:04 KO)
  • 2戦目 vsガオプラチャン・チュワタナ 勝利(1R 1:50 KO)
  • 3戦目 vs佐藤友樹 勝利(10R 1:09 TKO)
  • 4戦目 vs田口良一 勝利(10R 判定3-0)
  • 5戦目 vsヘルソン・マンシオ 勝利(5R 2:51 TKO)
  • 6戦目 vsアドリアン・エルナンデス 勝利(6R 2:54 TKO)
  • 8戦目 vsオマール・ナルバエス 勝利(2R 1:20 KO)
  • 9戦目 vsワーリト・パレナス 勝利(2R 1:20 KO)
  • 10戦目 vsデビッド・カルモナ 勝利(12R 判定 3-0)
  • 11戦目 vsペッバーンボーン・ゴーキャットジム 勝利(10R 3:03 KO)
  • 12戦目 vs河野公平 勝利(6R 1:01 TKO)
  • 13戦目 vsリカルド・ロドリゲス 勝利(3R 0:59 TKO)
  • 14戦目 vsアントニオ・ニエベス 勝利(6R 終了 TKO)
  • 15戦目 vsヨアン・ボワイヨ 勝利(3R 終了 TKO)
  • 16戦目 vsジェイミー・マクドネル 勝利(1R 1:52 TKO)

 

16連勝負けなし!まさに怪物です!

いかに井上選手選手が凄いのか、お分かりになったかと思います。


スポンサーリンク


最強と呼ばれる井上尚弥のファイトマネーと年収は?

いよいよ注目の年収についてやファイトマネーについてご紹介していきます。

まずは、井上選手が1試合で獲得する金額を調べてきました。

 

2017年のアントニオ・ニエベス戦で獲得したファイトマネー

引用https://ameblo.jp/arg31/entry-12309475311.html

アメリカのカルフォルニアで行われた初の海外戦。

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチではアントニオ・ニエベスとの対戦でした。

結果、どれほどのファイトマネーだったかというと、約2000万円だったそうです!

 

そしてこの額から井上選手の手元に入る金額としては、総額からジム側への33バーセントのマネジメント料は引かれるので、約1400万円といったところだそうですね!

 

今回のジェイミー・マクドネル戦で獲得したファイトマネー

引用:https://ameblo.jp/soarinoue/entry-12353213270.html

そして今回の5月25日におこなわれたWBA世界バンタム級タイトルマッチでのジェイミー・マクドネル戦。

ファイトマネーの結果とては約4000万円だったそうで、マネジメント料を抜いて井上選手が手にする額は約2700万円なんだそうです!

 

感じ方は人それぞれありますが、正直なところ、私は少ないなー、という印象をうけてしまいました。

引き合いに出すならば、海外のボクシングでのスター選手ですと、プロでの戦績は50戦50勝無敗。史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成したフロイド・メイウェザー・ジュニア選手

引用:https://vokka.jp/4737

2017年8月27日に行われたvsコナー・マクレガーの一戦でのファイトマネーはなんと1億ドル

日本円にして約110億円です!!

しかもこれにスポンサーや、有料放送であるPPVでの各ボーナス金や分配金を合わせるとなんと3億ドルだそう!!

1試合で330億円ですよ!?

 

額が桁外れです・・・(;´Д`)

 

しかし!井上尚弥選手にも可能性がないわけではありません。

今後、全米でさらに注目され、メイウェザーのようにメディアで大きく放送されていった場合、ファイトマネーは今とはくらべものにならない程、引きあがる事でしょうね!

 

井上尚弥の年収は?

ファイトマネーとあわせた井上選手の総額、いわゆる年収ですが、いくらなのか予想してみました。

昨年の2017年は防衛戦を3試合行いましたので、単純に計算して2000万円×3試合=6000万円

6000万円÷33%マネジメント料=4000万円となります。

 

それに、井上選手が契約しているスポンサー料や著書、放送権利料などを含めると、更に金額は加算されます。

ですので、あくまで私の予想ですと、ファイトマネーから加算する額は4000~5000万円となり、総額にして約1億円という年収にあたったのではないかと予想します!

 

井上尚弥の年収が凄すぎ!ファイトマネーも驚きの額だった!!まとめ


いかがでしたでしょうか?

本文をまとめますと、以下のようになりました。

 

  1. 井上尚弥はプロデビュー以来、16戦連勝で強い相手としか戦わない
  2. 最強と呼ばれる井上尚弥のファイトマネーは1試合で約2000~4000万円
  3. その井上尚弥が獲得した2017年の年収は予想で1億円くらいではないか

では、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

《こちらもオススメです!》

井上尚弥のトレーニングメニューを紹介!鋼の腹筋にも驚愕!!

2018.05.27

井上尚弥の愛車をご紹介!意外!カッコよすぎる!と大きな話題に!?

2018.05.26

 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください