大阪天神祭2018!花火の日程は?デートにおすすめの場所も紹介!

大阪の夏の夜を彩る代表的な花火大会と言えば、毎年行われる天神祭奉納花火ですよね!

 

今回は花火大会の基本情報はもちろんな事、カップルに最適なおすすめスポットとしてご紹介していきます。(もちろん、他の方にもおすすめです!)

 

という事で今回タイトルは『大阪天神祭2018!花火の日程は?デートにおすすめの場所も紹介!』と題し、ご紹介していきたいと思います!

 

では記事本文へどうぞ!


スポンサーリンク


大阪天神祭2018!花火大会の日程などの基本情報

大阪天神奉納花火大会

【開催日時】
7月25日(水)19:30~21:50

雨天決行、荒天中止 ※順延はありません。

【主な会場】
大阪市北区天満一丁目 川崎公園、桜之宮公園

【アクセス】
川崎公園 JR大阪城北詰駅より徒歩約10分
桜之宮公園 JR桜ノ宮駅より徒歩約10分

【入場料】

無料

【有観覧席】

あり

【花火打上げ総数】

約4000~5000発
※その年によって変動あると思います。

【お問い合わせ】

大阪天満宮 06-6353-0025

 

天神祭の由来花火自体の見どころは?

引用:http://enjoy-jp.net/kansai/events/tenjinmatsuri/

1000年以上も続く日本三大祭りの一つ、大阪府大阪市の天神祭。毎年130万もの人が訪れる一大イベントの最後を飾るのが、毎年注目を集めている天神祭奉納花火なんです!

 

ここでの『天神』とは、いわゆる『天神さま』の事で、学問の神様として拝められている菅原道真公の事だというのはご存知でしたか?

 

そんな大阪最大のお祭りである天神祭奉納花火の見どころは、何といっても『紅梅花火』ですね。

 

奉納花火のオープニングを飾る紅梅花火は、天神様にちなんで梅鉢の形に開く紅梅というオリジナル花火が打ち上げられます。

 

天神さまを祭っている天満宮のシンボルである梅の花の形に因んでのオリジナル花火ですね。

そして、もう1つの見どころは、スターマインです。

 

打ち上げ花火終盤には、2か所から同時に打ち上げられるので圧巻の迫力があります。

花火の幻想的な光に照らし出される船渡御や大阪城とのコラボが、優美な光景を生み出してくれます。

 

川崎公園の方(造幣局側)で打ち上げられる『仕掛文字花火』も見どころの一つ。

以前の蚊取り線香のCMで有名な「金鳥(KINCHO)」の文字の花火が上がっていたのをご存知の方もいらっしゃると思います。

それが先ほど伝えた仕掛文字花火なんですね。

 

 

花火の打ち上げ場所は?

引用:http://ure.pia.co.jp/articles/-/15741

天神祭奉納花火については、2か所から打ち上げられる予定となっておりまして、どちらからも花火の鑑賞ができます。

それぞれの場所は

 

川崎公園

毛馬桜ノ宮公園の北側付近です。

 

毛馬桜ノ宮公園については、打ち上げ花火が結構近くで楽しめますし、水上花火を楽しみたいのならこちらですね。

 

当日の道路や周辺駅の混雑状況は?

引用:http://osakalucci.jp/osaka-hanabi

天神祭の最寄り駅や道路の交通状況について

周辺の道路については、源八橋や桜宮橋など大川に架かる橋は18時より、交通規制がかかります。

 

その影響に伴い、市内の広範囲において交通渋滞が発生しますので、当日、車でのアクセスは個人的にはオススメはしません。

もしどうしても車で、というのならば、だいぶ早めの時間から駐車場を抑えておいた方が良いかと思います。

 

最寄駅についてですが、厳密にいうと、花火をみる位置が大川の東側エリアなのか、西側エリアなのかによって、最寄り駅が変ってきます。

 

先ほどもお伝えした通り、大阪天神祭は日本を代表する三大花火イベント。

毎年、約130万人の人出となりますから、会場となる桜ノ宮の最寄り駅である『JR桜ノ宮駅』は当然、激混みになる事を覚悟しておいた方がいいです。

 

そのほかの最寄り駅ついては、JR桜ノ宮駅から徒歩15分から30分程度でいくつかの駅に行けますが、当日は徒歩で移動する方も非常に多いですから、通常よりも多く時間がかかることが必須ですので、これも覚悟ですね。。

 

また、最寄駅ついては、後ほどご紹介する『おすすめ場所』それぞれでご紹介していきます。


スポンサーリンク


天神祭花火2018!デートにおすすめ場所を5つ紹介!

引用:https://monosiri-news.com/tenjinmatsuri-hanabi/

おすすめ場所その① 桜之宮公園から

デートにおすすめなのは、やっぱり桜之宮公園!

お祭り・デートというくくりでトータル的にで考えると、やはりここの場所が一番ではないでしょうか。

 

数多くの屋台が軒を連ねており、打ち上げ場所からも近いのでそれなりに混雑はしていますが、祭りの気分を満喫するという意味では100%体感出来ると思います。

 

ですので、デートでぜひ行きたい場所として選択させてもらいました。

 

ここでの攻略方法としては、いち早く鑑賞場所を抑えるという事。2人分のシート席なら余裕で確保できますから、16時位まで場所取完了できるように彼氏さんは頑張って下さい!

 

打上場所が近くて人気のスポットですから、よりよい場所で優美な花火を鑑賞できる事が出来たら、相手からの評価もグッと上がりますよ!

 

最寄駅
JR大阪環状線『桜ノ宮駅』徒歩約10分・距離約800m

 

 

おすすめ場所その② 源八橋付近から

JR桜ノ宮駅からすぐの場所に位置する源八橋、およびその東側周辺も花火を楽しむ人気スポットです。

毎年それなりに混雑はしますが、会場も近くて、花火を楽しむことができるポイントですね。

 

最寄駅
JR大阪環状線 桜ノ宮駅

 

おすすめ場所その③ OAP(大阪アメニティパーク)タワー近くの広場から

OAPタワー付近の広場も良いですよ。

大川のほとりにある西岸エリアのメイン鑑賞スポットでして、こちらも花火を見るには絶景ポイントです。

 

早めに場所取りをすれば、階段に座ったままで天神祭奉納花火を楽しむことができます。

 

比較的混みあいはしますが、なんせ打上場所が近くて迫力満点の花火を楽しめますから、個人的にも絶景ポイントの一つです。

 

強いて言えば、仕掛け花火が見づらくなってしまう事位でしょうか。

 

最寄駅
JR東西線・学研都市線『大阪天満宮駅』

 

おすすめ場所その④ 川崎橋付近から

自転車・歩行者専用の橋で、花火大会会場からは少し離れますが、人も少なく、ゆったり観覧することができるおすすめ鑑賞ポイントです。

 

ただし、川崎橋より南側になってしまうと少し鑑賞がしずらくなると思いますのであらかじめポジション確保された方がいいですね。また、公衆トイレもすぐそばにあったので結構利便の良い場所でもあります。

 

最寄駅
(最寄駅:JR東西線『大阪城北詰』を記載

 

おすすめ場所その⑤ THE GARDEN ORIENTAL OSAKAから(有料)

祭りの喧騒とは少し違った形で体験する、ちょっとリッチなご紹介です。

今回の大阪天神花火大会に併せて『THE GARDEN ORIENTAL OSAKA』ではガーデンとルーフトップの2エリアでセパレートパーティーを開催する予定です。

 

広い庭園から見上げる打ち上げ花火、そして良質の音楽と共に最高の夜を演出する、デートやゆっくりと花火を楽しみたい方には最高ですよ!

 

祭りの喧騒とは少し違った角度で見上げる4000発の打ち上げ花火、そして豪華DJによる良質の音楽と共に、最高の夜を如何でしょうか?

 

詳細内容やチケット購入について、詳しくはこちらからどうぞ↓

 

最寄駅
JR東西線 大阪城北詰駅(3番出口)より徒歩1分

 

大阪天神祭2018!花火の日程は?デートにおすすめの場所も紹介!まとめ

引用:http://life-matome.com/tenjinsaihanabi/

いかがでしたでしょうか?

本文をまとめますと、以下のようになりました。

 

  1. 大阪天神祭2018!花火大会の日程などの基本情報
  2. 天神祭の由来花火自体の見どころを紹介
  3. 花火の打ち上げ場所を紹介
  4. 当日の道路や周辺駅の混雑状況を紹介
  5. 天神祭花火2018!デートにおすすめ場所を5つ紹介

 

では、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください