本田圭佑の引退理由は実業家へ転身するから!?壮大な野望に驚愕!

ロシアワールドカップで日本の決勝トーナメント進出が決定し、日本中が沸き立つ中、日本代表のエース、本田圭佑選手がワールドカップ終了後引退を表明するのではないかと業界関係者の間で大きなウワサになっていました!

 

しかも引退後の展望がスゴすぎるらしいので、いったいどいういう事なのか、お調べしてきました。

 

という事で今回は『本田圭佑の引退理由は実業家へ転身するから!?壮大な野望に驚愕!』と題し、ご紹介していきたいと思います!

では記事本文へどうぞ!


スポンサーリンク


本田圭佑が引退を発表??

引用:https://www.soccer-king.jp/

ロシアワールドカップ大会のグループリーグ予選において、初戦のコロンビア戦では、本田圭佑選手がコーナーキックからのアシストを決めるという大きな貢献を果たし、『日本代表のエース』として再認識され、話題となっていました!

 

本田選手はプロ意識が非常に高い事が有名で、世間では意識高い系の人を『ケイスケホンダ』と呼んだりと、別な意味でも話題となっている本田選手ですが

 

業界関係者のウワサによると、今回のワールドカップ終了後、なんと日本代表を引退するという情報が浮上してきました。

 

引退の理由としては、今後、実業家として本格的に活動する為なんだとか!

 

今までサッカー界の第一線で活躍されてきた本田選手ですが、実業家としての顔も有名で、サッカー選手と実業家として二足のわらじで活動されてきましたが、いよいよ本格的に活動されるようですね。

 

しかも実業家として未来の構想があまりにもスゴすぎるという事なんですが、いったいどんな構想なのでしょうかね!?

 

まずは、本田圭佑選手の引退について世間はどう思っているのか、気になる部分もお調べしてきました。

 

本田圭佑の引退について世間の反応

引用:https://dot.asahi.com/dot/2018062800051.html

 

 

本田圭佑の簡単なプロフィール

引用:https://the-ans.jp/news/27587/

名前:本田圭佑
出身:大阪府摂津市
生年月日:1986年6月13日(31歳)
身長:182cm
職業:プロサッカー選手
所属:CFパチューカ
ポジション:FW/MF
利き足:左

 


スポンサーリンク


実業家・本田圭佑による今後の壮大な野望が明らかに?

引用:https://matomedane.jp/page/10139

世間からの声にもあったとおり、実業家としても有名な本田選手なんですが、今現在はどのような内容の事業に手腕を振るわれているのでしょうか?

 

個人マネジメント会社を設立し、世界中でサッカースクールやクラブを運営

現在、本田選手はイタリアのACミランから移籍し、メキシコのCFバチューカに所属をしていますが、本業のサッカーだけにとどまらず、『ホンダ・エスティーロ』という個人のマネジメント会社を立ち上げています。

 

この会社で『SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL』というサッカースクールを運営しており、国内で71校目、更には海外でも同スクールを運営をし、世界にサッカーを普及させるため、世界にも活躍の場を広げています。

 

さらには海外のサッカークラブへの参画も行っていました。

2015年にはオーストリアのサッカークラブ・SVホルンの経営に携わるようになり、一定の成果をおさめたようです。

2017年にはカンボジアのサッカークラブのアンコールFCの運営にも参画し、更にはウガンダのサッカークラブ・ブライトスターズFCも買収するなど、本田選手は海外のサッカーチームに参画し、運営に積極的に乗り出しています。

 

個人投資ファンドとしての本田圭佑

本田選手はヨーロッパ、アジア、アフリカでのクラブ経営やサッカースクールの運営以外にも、個人投資ファンド『KSK Angel Fund』を運営しているんです。

 

本田選手は日本の会社にも幾つか出資を行っています。

 

分かるだけで紹介すると、一昨年のライフイズテック社、昨年の購入型クラウドファンディングのプラットフォームを運営しているMakuake社、今年2月にはスポーツベッティング企業のジャングルX社などがあげられます。

 

とくに投資ファンドの仕事が忙しく、4月にはドローン事業を手がける会社の株式を得ています。

これにより、自らが経営するサッカークラブのあるウガンダとカンボジアで、未舗装の道路が多いことによる物流問題を解決したいという青写真を持っているのです。

ほかにもオンラインショップで財布や腕時計、ネクタイなどを扱い、それなりに売り上げを出しています。

 

以上が大きく分けてこれまで本田選手が携さわってきた事業の内容の紹介でした。

 

本田選手の幼いころからの夢であった『世界一のサッカー選手』になる事を目指して、今までひたすらに取り組んできたと思います。

 

現役を引退しても次世代の選手の輩出や、将来を担うサッカーが大好きな子どもたちのために、自分が設立した会社を通じてサッカーの普及、新興を行う事が事業の根源としているのでは、と感じました。

 

実際に本田選手自身のSNSでは、出資先の企業をどのような考えで選定したのかを、情熱的で熱い気持ちをコメントしています。

 

事業として『本田選手が出資』というだけでも大きな話題になり、双方にとっても大きなメリットになりますよね。

 

またその根底には、子どもたちの教育や育成に対して、そしてスポーツ事業を通して未来へ有益だと思う事業へ支援したいという思いが込められているんだと思います。

 

今後は仮想通貨投を発行!?投資家としての本田圭佑

引用:https://mdpr.jp/news/detail/1775300

今後、本田選手が取り組む事業として話題になっているのが仮想通貨の事業だと言われています。

 

本田選手は『本田通貨』と言うべき仮想通貨の発行目指し、本気で構想を練っているらしく『俺はいずれ日本円を超える通貨を発行する』と大きな野望を語っていたらしいです。

 

またサッカー関係者が明かしたもう一つの事業展望として、本田選手が最も関心を示しているのが『オンラインサロン』なんだそうです。

 

ネームバリューのある本田選手が『ワールドクラスの人材の募集』を打ち出してオンラインサロンを立ち上げるという仕組み。

 

その後、各界で活躍する有能なビジネスパーソンを入会させて、『疑似企業』を作るのが大きな狙いだそうです。

 

この事業に興味を持ち始めたのは今年のはじめからだったそうですが、もうすでに運営を8月にオープンさせる事を目標に、システム構築を進めているという情報があります。

 

本田選手の経営手腕は詳しくは分かりませんが、ひらめきと行動力にはとても驚かされます!

 

サッカー界のエースと呼ばれ、国内にとどまらず、世界各国でプレーをしてきスーパースター選手は、今後の引退を見据え、温めてきた事業と新構想において、本格的に着手していく事が分かりました。

 

本田選手はこれからどんな活躍を見せてくれるのか、大いに期待しましょう!

 

本田圭佑の引退理由は実業家へ転身するから!?壮大な野望に驚愕!まとめ

引用:http://biz-journal.jp/2016/11/post_17190.html

いかがでしたでしょうか?

本文をまとめますと、以下のようになりました。

 

  1. 本田圭佑がワールドカップ後に引退を発表する?
  2. 本田圭佑の引退について世間の反応
  3. 実業家、投資家として活躍する本田圭佑選手、今後の壮大な野望についても紹介

 

では、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください