藤井聡太の速報 !今日(11日現在)の結果と今後の活躍は?

持ち時間が5時間の中、残り1分を切る激闘の末での勝利でした!

将棋界の若き天才棋士である藤井聡太六段(15)は10日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた『竜王戦5組ランキング戦準々決勝』阿部光瑠六段(23)を136手で破りました。

藤井六段は『終盤でミスが出てしまい、最後の最後までわからなかった。5組でベスト4まで来たので、竜王戦は本戦入りを目指して頑張りたい』と話しました。

この勝利によって藤井聡太六段は七段昇段に王手をかけましたね!

目覚ましすぎる活躍に脱帽です(>_<)


スポンサーリンク


藤井聡太の活躍に対する世間の反応は?

引用:http://originalnews.nico/70722

さて、最年少において歴史的な活躍をみせている藤井聡太六段。

今回の報道にたいして世間はどのように関心をもっているのでしょうか?

世間の反応として、以下のツイート内容です↓

こんなコメントもされています↓

4段でプロ入りして、5,6段で終る人もいっぱいいるのにすご過ぎる。

学生の定期試験みたいな感じで昇段してる。

秋には師匠が公式戦では下座になりそうだね。

A級に昇格するにはシステム的に年数がかかるが、トーナメントのタイトルはとりまくり、名人が最後のタイトルになっていたりして。

藤井聡太六段の昇段があまりにサクサクいき過ぎて、世間ではこのような印象になっているのだと思います(;・∀・)

やはり天才は違いますね。

海外にまで影響が及んでいるなんて、さすが藤井聡太六段。

ご本人の一連のご活躍で、日本の将棋文化を世界中にさらに強く発信させる事が出来ている結果ではないかな、と私は感じています。


スポンサーリンク


藤井聡太の現在の結果と次回対戦は?

引用:https://tapittalk.com/fujii-7dan/

竜王戦で勝利を収めた藤井聡太六段。

次回の対戦情報はどうなのでしょうか?

藤井六段は公式戦ですと今回戦った竜王戦の次戦、5組ランキング戦準決勝に勝利すると4組への昇級が決まり、「竜王戦ランキング戦連続昇級」の規定を満たして、史上最年少で七段に昇段という予定になっています。

あと1勝ですね(>_<)

以下は非公式戦の戦いになっています。

5月5日 VS佐々木大地四段 QTnet将棋Day(※非公式戦)

《中継情報》
現地で大盤解説会が行われます。ネット中継が行われるという情報は今のところありません。

《対局情報》
持ち時間:40分程度?
開始時刻:午後3時
終了時刻:午後5時

《佐々木大地四段のデータ》
年齢  :22歳
順位戦 :C級2組
竜王戦 :6組
レート :1679(棋士164人中の41位)
対戦成績:藤井四段の1勝1敗

まとめ

引用:https://www.youtube.com

将棋界の英雄にしてユーモアあふれるキャラクターで人気の加藤一二三・九段(78)は、9日に都内で行われたイベントに参加した折、藤井聡太六段に向けてこのようなコメントをいました。

「高校生になっての第1局も勝ちましたね。彼は秀才ですから、これから先も大活躍するでしょう」

「彼の高校は名門ですから、特別扱いはしてくれない。

高校では勉強時間が増える。

テストで70〜80点取ろうと思ったら、確実に(将棋の)研究の時間は減るから相当大変だと思う」

温かくも厳しい目で藤井聡太六段を見守っているのだと思います。

今後の活躍を以下にまとめました。

  • 公式戦あと1勝で七段に昇格!
  • 次回対戦が確定しているのは、『次世代将棋名人戦』と銘打った藤井六段と佐々木大地四段の公開対局、QTnet将棋Day!(非公式戦)

注目の七段昇段試合もぜひ注目しましょう(*‘∀‘)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください