3月と言えばランキング!春の訪れに連想される行事やイベントは?

暮らし

寒い冬も過ぎ去り暖かい春の訪れを感じる3月がやってきました。

 

卒業や震災、お彼岸など切ない想いの行事がある反面ひな祭りやスポーツ開幕、春休みなどお祝いや新たな旅立ちの楽しさと緊張がめぐる行事が沢山ですね!

 

そんな3月と言えばひらめくキーワードはどんなものがあるのでしょうか?


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 3月の行事といえば?

3月は別れと新たな旅立ちの真逆のイベントがある月ですね^^

3月と言えばこの行事!と思うイベントがいくつかあるのではないでしょうか?

 

その中からトップ3を紹介いたします。

 

ひな祭り!

女の子の節句ひな祭り。

 

お雛様を飾ったりひなあられを食べたりちらし寿司やハマグリをいただいたりと、女の子の成長を祝い願う桃の色をイメージした華やかであり穏やかなイベントですね♪

 

春分の日!

春の訪れを祝う春分の日。

太陽が春分点を通過する時刻で昼と夜の時間が同じと言われます。

 

祝日法では自然をたたえ生物を慈しむ日となっていて、冬の間活動を休め冬眠していた動物たちが動き始める春。

 

動物たちと同じく人も新しい生活へ動き出す活力を生み出す日でもありますね(^O^)

 

卒業!

3月のトップは卒業です

 

3月中旬まで卒業式が行われ、今までの生活のまとめ…そしてお別れの季節でもあります。

 

テレビでも定番の卒業ソングが流れ始め、友人やお世話になった人たちとの別れ…

どうしてもほろりと涙が出る切なく寂しい行事ですね。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 3月と言えばランキング!もっとも連想されるトップ10とは?

3月は出会いと別れの季節と言えますね。

それは卒業や退職などの別れのシーズンでもあり、引っ越しや新たな生活への準備も始まる出会いのシーズンでもあるからです。

 

また穏やかな春を感じ始める季節でもあり、ひな祭りや春分の日など穏やかなイベントもある月です。

 

それとお彼岸をはじめ亡き人へ想いを馳せたり、忘れてはいけないあの日も3月です。

 

別れと出会い、新しい生活への準備と過去を想いはせる3月はどんなキーワードがトップ10に入るのでしょうか?

 

第10位 春休み

年度の終わりを無事迎え新年度への準備期間でもある春休み。1年間お疲れ様でした^^

 

どんな1年だったでしょうか?

勉強、部活、友達との楽しい日々…楽しい事も大変な事も沢山あったと思います。

 

新年度への緊張や不安はどうしてもあると思いますが考えてもどうにもならないので、

ま、なんとかなるだろう~のように気楽にし、折角の宿題がない春休み、今までのご褒美として暖かい気候で過ごしやすい春休みを思いっきり楽しんでくださいね。

 

また新生活への準備も色々あると思いますのでくれぐれも忘れないよう注意を!(^_^.)

 

第9位 イチゴ

クリスマスケーキに伴い12月後半の需要がMAXで冬のイメージもあるイチゴですが、生産技術の向上で春まで供給され春も沢山のイチゴを見かけますね。

 

イチゴには沢山の種類がありとちおとめ、あまおう、紅ほっぺなどなんだか女性らしい可愛い品名が多いですね^^

 

可愛い外見で皮むきも必要なく一口サイズでそのまま食べられるイチゴ。

またビタミンCも豊富で甘い物から甘酸っぱい物まで気軽に食べられる果物ですね。

 

ミルクやヨーグルトをつける生食から赤みをもつ華やかな外見からお菓子の装飾まで幅広く利用されているので是非春の味を楽しんでみて下さい。

 

他にもかんきつ類やマンゴー、春キャベツなど春ならではの旬の食材が沢山で栄養も味も満点!なのでぜひご賞味くださいね。

 

第8位 春の高校野球

スポーツの開幕時期でもある3月のメインはやはり高校野球でしょう!

 

高校野球の聖地甲子園で行われる『センバツ』。

入場行進曲でも話題になり日頃の鍛錬の成果を試される若手球児の行事!

 

またプロ野球開幕や世界フィギュアスケート選手権なども開催されスポーツ好きの方にはたまらない時期ですね!

 

第7位 花粉症

花粉症の人には本当に辛い時期の本番です(+_+)

スギ花粉が有名ですが年中花粉に悩まされマスクが手放せない方も多いです。

 

目のかゆみや無意識のうちに鼻水がたれたりくしゃみの連発といい事何もなしの国民病。

マスクは予防にいいアイテムですが、息苦しいんですよね…。

 

なぜか明らかに花粉症の症状でも認めたがらない症状のトップの花粉症(笑)

 

毎年今年の花粉は過去最大と流れるニュースにも5月まで続く時期の長さにもうんざりですが、なんとか乗り切りましょう~。

 

第6位 春の彼岸入り

ご先祖様や亡き人を供養する大切な行事のお彼岸ですがいつからいつまでなのでしょうか?

 

春分の日の3日前が彼岸の入り、3日後が彼岸明けとなり春分の日を中日としているので、

春分の日3日前後がお彼岸です。

 

季節の変わり目の春分の日を挟むので暑さ寒さも彼岸までとも聞くことがありますね。

 

極楽浄土は生を終えた者の行き着く極楽の世界は遥か西の彼方=太陽が沈む真西に存在すると言われ、春分の日を極楽浄土を慈しむ日とされました。

 

お供え物には春の花牡丹にちなんで牡丹餅(ぼたもち)が定番です。

因みに秋のお彼岸の定番・御萩(おはぎ)は読み方が違うだけで同じ食べ物ですよ^^

 

第5位 ホワイトデー

どうしてもバレンタインデーに比べると地味な印象ですが、バレンタインデーのお返しなのでチョコなどもらった人は忘れずに面倒くさがらずにちゃんとお返しをしましょう。

お返しをすることでちょっとした気配りができる人と思われますよ。

 

因みにお返しの品物にも意味合いがあるようで定番と言われたマシュマロはなんとあなたの事が嫌いとか(+_+)

 

…お菓子には失礼な話ですが(笑)贈る相手がそういう意味合いを知っているかどうか分からない場合は他のお菓子を贈った方がいいですね(^_^.)

 

特にホワイトデー自体関係ないなと言う人は白色をはじめとする落ち着いた色のお菓子が並ぶので、日頃の自分へのご褒美やお返し関係なしに親しい人に贈って乗っかってみては?

 

 

 

第4位 春分の日

春分の日って改めて考えるとどういう意味なのでしょう。

 

名前のままに春の分かれ目なのですが、これは二十四節気(1年を24等分)にし、春夏秋冬を更に細かく分けたうちの1日です。

 

二十四節気の決め方は太陽が通る道に24のポイントが定められ、それぞれのポイントを通過した日を〇〇の日とします。

 

たとえば春分の日の決め方は太陽が通る24の「春分ポイント」を何日に通るかで春分の日が決まる為固定日にならず毎年20日か21日になります。

ちなみに前年の2月1日に春分の日は決定されます。

 

春分の日は昼と夜の時間が同じ時間になり本格的な春の到来を表します

新生活や新たな旅立ちに向けて力を蓄え準備をする節目の日とも言えますね。

 

第3位 東日本大震災の日

2011年3月11日14時46分に起きた東日本大震災の日

もう8年も前の事ですが、今でもあの津波やがれきの山々の映像を忘れられません。

 

多くの人があの日を境に自然の恐ろしさへの意識ががらりと変わったのではないでしょうか?

私もこの日までは小さな揺れが起きてもあ~揺れてるなぁとしか思わず地震や津波予報も特に意識していませんでした。

 

地震大国日本では地震は誰にでも起こりうる事でいつ起こるかも予想が出来ません。

また地震だけではなく日頃当然のように使用している電気の供給の原発の安全神話も完全に崩されました。

 

辛い事実の中、震災による被害の中ボランティアの人々や募金、外国からの支援など沢山の人たちによる助けは心洗われましたね。

 

しかし年を重ねるうちにこの日が近づくとこぞって特番が組まれますが、日常に追われるうちに風化してはいないでしょうか。

 

この日の14時46分に日々の作業の手を休め亡き人々を想い悲しみ、自然の恐るべき脅威とそれに対する心構えを改めて考えてみる大切な日ですね

 

第2位 ひな祭り(桃の節句)

♪あかりをつけましょぼんぼりに~からの「うれしいひな祭り」を音楽に女の子の健やかな成長を祝い願うひな祭り

 

ひな壇を飾る家も多いのではないでしょうか?

ひな壇も時代と共に昔ながらの豪華なものから省スペースでも飾れるコンパクトなサイズの物も増えましたね。

 

雛人形は子供の代わりに災厄から守ってくれる意味合いで立春から2月24日までに飾り付けます。

お守りの意味合いから節句が終わったらすぐに片づけた方がいいですね。

 

お祝いの食事も次のような意味合いがあるんですよ♪

 

  • ちらし寿司の具のレンコンや豆、エビは見通しがきく、まめに働く、長生きとおせちと同様の意味です。
  • ハマグリなどの貝類は二つ合わせから良縁を意味しています。
  • 三色(赤=桃・白=雪・緑=草)のひし餅はそれぞれの季節のイメージですね。

 

第1位 卒業

年度末や冬の終わりもあり、やはり1位は卒業です

 

今迄の締めくくりと一区切り、そして別れと切なさいっぱいの卒業式です。

 

学生だけではなく社会人にも異動、転勤、退職、引っ越しと今迄の生活や関わってきた人たちとの様々な別れが訪れる月です。

 

また一般的や大々的なお別れではなく、片づけや気持ちの断捨離などしてけじめをつけ自分自身の中での小さな別れがある人もいるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

3月と言えばランキング!春の訪れに連想される行事やイベントは?まとめ

いかがでしたでしょうか?

本文をまとめますとこのようになりました。

 

  1. 3月の行事といえば?
    1. ひな祭り
    2. 春分の日
    3. 卒業
  2. 2月と言えばランキング!もっとも連想されるトップ10とは?
    1. 第10位 春休み
    2. 第9位  イチゴ
    3. 第8位  春の高校野球
    4. 第7位  花粉症
    5. 第6位  春の彼岸入り
    6. 第5位  ホワイトデー
    7. 第4位  春分の日
    8. 第3位  東日本大震災の日
    9. 第2位  ひな祭り
    10. 第1位  卒業

 

3月の1位は締めくくりや週末の象徴の卒業でした。

 

卒業や東日本大震災、お彼岸と静かに想いを馳せる行事を経て新生活への準備や幕開けに合わせて本格的な春の訪れでもあり気候もぐんと暖かくなります(^O^)

 

また春にぴったりの美味しい旬の食べ物も目白押しです。これらを食して心身を大切にして新生活の旅立ちにむけてしっかり備えましょう♪

 

それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(こちらもおすすめです!)

[kanren postid = “6581”]

 


スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました