郭源治の現在は監督?息子は佳久創で俳優として活躍!

スポンサーリンク

元プロ野球選手で、中日ドラゴンズで活躍した台湾人野球選手・郭源治さんをご存知ですか?

日曜劇場で大好評放送中のドラマ・「ノーサイド・ゲーム」では、実の息子で俳優の佳久創さんがラグビー選手を熱演し、話題となっています!

 

郭源治さんは、現役時代は投手とし球速151km/hを記録するほどの実力を持ち、日本と台湾のプロ野球どちらでも活躍した名プレイヤー。

今回は、そんな郭源治さんの現在について大調査します!

 

現在は日本にいるのか?といったことから、監督をやっているとい噂、息子である俳優の佳久創さんとの関係まで、まとめてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

元中日ドラゴンズ・郭源治のプロフィールと輝かしい経歴をまとめてみた!

引用:https://www.nikkansports.com/

 

日本球史に偉大なる功績を残してきた、郭源治さん

プロフィールと共に、輝かしい経歴をひとまずご紹介ししていきましょう!

 

【郭源治さん プロフィール】

  • 出生名:郭源治(クォ・ユェンツ、かく・げんじ)
  • 本名:佳久源治(かく・げんじ)※日本に帰化後の本名
  • 生年月日:1956年10月5日
  • 年齢:62歳(2019年9月6日現在)
  • 出生国:中華民国(台湾)
  • 身長:178cm
  • 体重:75kg

 

台湾で生まれた郭源治さん小6の時には既にリトルリーグの台湾代表として選ばれるほどの逸材でした。

 

野球選手として日本にやってきたのは1981年のこと。日本にやってきた際には、なんと数千円と夏布団しか持っていなかったのだとか…!

「僕がダメだったら、台湾の選手はダメと言われてしまうでしょ。失敗はいけない。日本で成功することが僕の使命だった」(「中日スポーツ」より)

 

当時のことをこのように回顧する、郭源治さん

野球一本で台湾を背負うことは、きっと郭源治さんにとっては一世一代の大勝負だったことでしょう。

想像もつかないプレッシャーです…!

 

数々の球団からのスカウトの中、中日ドラゴンズに入団

先発投手としてマウンドに上がり、球団記録である7者連続奪三振、1982年と88年にはリーグ優勝を経験します!

 

星野仙一監督時代の1987年には最優秀救援投手にも選ばれ、88年にはMVPに。「踊る守護神」という異名で大人気を博します。

この頃、日本への帰化もします。

 

90年代序盤にかけては不調に悩まされますが、1996年、40歳になるまで中日ドラゴンズで最前線を務め上げました。

 

退団後は台湾野球に貢献する為に、故郷である台湾に拠点を移しましが、引退後は日本の家族と過ごす為に再び日本に。

帰化も日本で生まれた子供たちの将来を考えてのことだそう。

 

野球では母国である台湾を背負い、私生活では家族を第一に考える…常に自分のことよりも、周りの環境をきにかける郭源治さんの人柄が感じられますね!

 

郭源治の現在は?監督をしているとの噂も!

引用:https://www.nikkansports.com/

 

野球を通し、台湾と日本の架け橋として活躍した郭源治さん。

 

引退後は、愛知県名古屋市の中区で台湾料理店「郭源治 台南担仔麺」というお店をオープン!

実は、お店のオープンは1988年に交通事故で亡くなった弟さんの夢でした。

 

なんとも感動的なエピソードです…><

お店は中日ドラゴンズのファンを中心に平日も満席の大人気、味も大評判だったそうで、郭源治さんも気さくにテーブル周りをしてくれるアットホームなお店だったそう。

 

 

お店は惜しくも2013年に閉店しますが、亡き弟さんの夢とは本当に郭源治さんらしいですね。

 

そんな郭源治さん、台湾料理店閉店後は台湾を拠点に中高生に野球を教えているそうです!

いつか台湾で自分が育てた選手が、日本で活躍している姿を見ることが夢なのだとか。

 

台湾の野球選手として、日本で確かな実績を残した郭源治さんだからこそできる事ですね!

 

引退をしてもなお、野球を愛し続ける気持ちは変わらず、台湾の野球界に貢献し続ける郭源治さん。

選手育成だけでなく、監督してチームを率いる日も近いかもしれません!

 

スポンサーリンク

郭源治の息子は今話題の俳優・佳久創!親子の仲良しエピソードも!

引用:http://across-ent.com/

 

冒頭でもご紹介したように、現在、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演中の俳優・佳久創(かく・そう)さんを息子に持つ、郭源治さん。

 

郭源治さんは1988年に元キャビンアテンダントの日本人女性と結婚し、2男2女を儲けました。

 

俳優の佳久創さんは次男。小学生までは野球に打ち込み、郭源治さんと同じ投手を経験。その後はラグビーに転身し、高校、大学では数々の大会に代表として選抜。

大学卒業後はトヨタ自動車でも活躍していました。郭源治さんのスポーツマンとしてのDNAは確実に受け継がれていましたね!

 

怪我でラグビー選手を引退後、安定のトヨタ自動車を辞め、俳優として上京した佳久創さん。

息子が直面した一か八かの大きな決断に対し、郭源治さんは…

「好きなことをやりなさい、と言ってきたから、ボクは何も言わなかったよ。いいんじゃない」(「中日スポーツ」より)

 

この器の大きさは、台湾からゼロの状況で日本の野球界に挑んだ郭源治さんだからこそでしょう。

理想の父親すぎます…><

 

台湾ではドラマは見れないようですが、影ながら応援をしているとのこと。

郭源治さんと、佳久創さんの親子関係はとっても良好のようですね。

 

これも、現役時代から郭源治さんが野球と家族、両方に無償の愛を注いできたからこそでしょう!

 

郭源治の現在は監督?息子は佳久創で俳優として活躍!まとめ

引用:https://www.excite.co.jp/

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、「郭源治の現在は監督?息子は佳久創で俳優として活躍!」としてご紹介してきました。

本文をまとめますと、以下のようになりました。

 

  • 郭源治は1980年代~90年代にかけて中日ドラゴンズにてリーグ優勝に貢献、MVPに選出と大活躍。
  • 引退後は名古屋で亡き弟との夢であった台湾料理店をオープン!閉店後は台湾に拠点を移し、未来ある野球少年を育成中
  • 元ラグビー選手で現在俳優として活躍中の息子・佳久創さんとの仲は良好!良き父の面を発揮。

 

現在は台湾で未来の野球スターを発掘している郭源治さん。いつか、再び郭源治さんのような台湾人野球選手が日本で活躍する事を楽しみにしています!

息子の佳久創さんとのエピソードも、まだまだ聞きたいですね^^

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください