夏フェスで化粧しないのはアリ?気になるフェス参加時のメイク事情とは?

お悩み解決

夏の一大イベントといえば、夏フェス

自然の中で大好きな音楽を聴いて気分もアガりますよね♪

 

でも夏フェスを楽しむ女子にとって気分を下げる大きな要因がメイクの崩れ

夏の炎天下で気温も高い中行われるフェスではメイクも落ちやすく、本音は化粧をしたくないと思っている女子も多いのではないでしょうか?

そこで、夏フェスで化粧をしないのはアリなのか?女子が気になる夏フェスのメイク事情をご紹介します!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

夏フェスで恐ろしいのは化粧が落ちる事!

 

もうすぐ夏フェスの季節がやってきます!

夏フェスはお祭りのような雰囲気もあるので、女子はばっちりおめかしして参加したいですよね!

 

しかし、夏フェスは炎天下の中、野外で行われることがほとんど。

ばっちりメイクの女子にとって恐ろしいのは、汗によって化粧が落ちること

 

彼氏や好きな人と参加するフェスなら化粧が落ちているところなんて見られたくないですよね。

でもかわいく見られたいから、化粧をしないわけにもいかないし。。

これは夏フェス参加の女子の共通の悩みではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

夏フェスで化粧をしないメリット&デメリットは?

夏フェスでは化粧をできるならしたくない。。という女子がほとんどだと思います。

夏フェスで化粧をしないことのメリットとデメリットは何があるのでしょうか?

 

メリットその①:化粧が落ちることを気にせずにフェスに参加できる!

一番は化粧落ちの心配が無用なことではないでしょうか?

夏はただでさえ汗や皮脂で化粧がどろどろになりがち。

それに加えて直射日光で乾燥もするので、夏フェスは化粧落ちの要因が盛りだくさんなのです。

 

メリットその②:化粧直しの手間がない!

フェスの会場の多くは、デパートのトイレのような化粧直しスペースなんてありません。

そのため、化粧直しをするには日陰などでささっとするしかないのです。

化粧直しをしている姿はあまり多くの人に見られたいものではないですよね。

しかも化粧直しをしなくていいということは、お直しグッズを持ち歩く必要がないので、荷物が少なく済みますよ。

 

デメリットその①:化粧をしないと服と合わない!

これは個人差にもよりますが、せっかくかわいい服を着ても、すっぴんだと服だけ浮いているように見えることもあります。

すっぴんだとどうしても顔が地味になりがちのためです。

 

デメリットその②:肌が外気に晒されすぎる!

やはり顔のお肌はデリケートなので、夏の強い直射日光に当たってはシミ・ソバカスの原因にもなりかねません。

最近ではファンデーションの質が上がっていて、つけていた方が肌に良い高品質のものもあります。

日焼け止め効果や保湿効果など、長時間外にいるなら逆につけていたほうが良い化粧品もあるんです。

 

このようにメリット、デメリット両者に一長一短があり迷ってしまいますね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

できるだけ化粧はしたくない!という方に見栄えを良くするおすすめの方法は?

引用:https://andmore-fes.com

それでも、できるだけ化粧をしたくない!という方におすすめの、すっぴんでも見栄えがよくなる方法をいくつかご紹介します!

 

その①:濃いめのサングラスや伊達メガネをかける

色の濃いサングラスなどをチョイスすれば、すっぴんの目元隠しになります。

夏フェスは屋外で日差しも強いこともあるので、サングラスをかけていても浮いたりすることはありません。

UVカットが出来て眼病予防も兼ねていますし、汗でマスカラやアイシャドウの落ちが気になりませんしね。

小物コーデでオシャレ感アップですし、一石二鳥でかなり有効的です!

 

ネットでサングラスを見てみる

 

その②:つば広帽子をかぶる

つばの広い帽子をかぶれば、顔全体に影ができるので化粧をしていなくてもある程度はバレにくいですね。

おしゃれな帽子もたくさんあるので、コーディネートの一部にしてしまえば化粧をしていなくてもオシャレ感を出すことができます。

こちらもサングラス同様、帽子も暑さ対策のアイテムのひとつなので、むしろ積極的にかぶりましょう!

 

ネットで帽子を見てみる

 

マツエクをする

これは海に行く女性もよくやる手段です。

やはり女性にとって、まつげがぱっちりしているかそうでないかでかなり印象が違いますので、まつ毛はかなり重要なパーツなんです。

マツエクをしていれば、かなりのレベルで化粧をしている感を出すことができますよ。

 

その③:眉毛アートをする

引用:http://www.アートメイク評判.com

眉毛もまつげと同じくらい重要なパーツで、もし眉毛が汗で流れ落ちてしまって、薄い眉毛になってしまうと一気にすっぴん感が出てしまいます。

そうならないためにも、事前に眉毛にアートメイクを施しておけば安心ですよね。

もともと韓国で流行した手法のようですが、最近日本でもじわじわ人気が出ていますね。

サロンに行くのがめんどう、という方は、眉毛にカラーを着色するティントタイプのものもあるので、そちらを試してみるのもいいかもしれません。

 

その④:色付きのリップを塗る

引用:https://twitter.com

もともと血色が良くないタイプの人は、ファンデーションを塗らないと顔色が悪く見えてしまったりしますよね。

しかし、色付きのリップを塗れば、顔まわりがぱっと華やぐので、顔色を良く見せてくれます。

 

その⑤:大きめのイヤリング・ピアスをつける

引用:http://ipv4.vivi.tv

化粧をしないとどうしても顔の印象が薄くなりがちです。

そうならないために、顔まわりを明るく見せるアイテムが大きめのイヤリングやピアスです。

なるべく派手なものを選んで、少しでも見栄えよくしましょう。

 

紹介した上記の中での組み合わせもいいかもしれませんね!

しっかりとUV対策を行ったうえで、すっぴん参加を満喫しましょう。

 

スポンサーリンク

夏フェスで化粧しないのはアリ?気になるフェス参加時のメイク事情とは?まとめ

夏フェスの化粧事情についてご紹介しましたがいかがでしたか?

まとめると以下のようになりました。

 

  1. 夏フェスで恐ろしいのは化粧が落ちる事!
  2. 夏フェスで化粧をしないメリット&デメリットは?
  3. できるだけ化粧はしたくない!という方に見栄えを良くするおすすめの方法は?
  • サングラスをかける
  • つば広帽子をかぶる
  • メガネ、伊達メガネをかける
  • マツエクをする
  • 眉毛アートをする
  • 色付きのリップを塗る
  • 大きめのイヤリング・ピアスをつける

 

工夫次第で、化粧をしなくても見栄えが良くなる方法はたくさんありますね。

化粧をすること、しないことはそれぞれに良い面があるので、思いっきり夏フェスを楽しめる方を選択しましょう。

今年の夏フェスも良い思い出をたくさん作ってくださいね!



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました