お歳暮を両親へ贈れば絶対に喜ばれる品7選!予算からマナーも紹介!

もう暦も11月の中旬になり、お歳暮を贈るのかどうかを考える時期に入ってきましたね。

今回はご両親に贈って絶対に喜ばれるお歳暮を厳選してご紹介します!

また、気になる両親へお歳暮を贈っているのか?、予算やマナー等は?というところも併せてご紹介していきたいと思います。

題してお歳暮を両親へ贈れば絶対に喜ばれる品7選!予算からマナーも紹介!』

さっそくどうぞ!



そもそも両親へお歳暮を贈る?贈らない?

お歳暮を両親へ贈らないといけないという絶対的なルールはありません。

そもそもお歳暮というのは、日頃の感謝の気持ちを形にして1年の終わりに渡すというものですので、両親へ向けて贈るかどうかは『どちらでもOK』ということなのです。

贈る為の判断は、家庭環境や日頃の付き合い方で変わってくるものですので、頻繁に会ったりしていて気心が知れているなら必要ないかも知れませんね。

ただ、今年1年を振り返って、特にご両親にお世話になったり、日頃の感謝を伝えたい時にお歳暮を渡す、というようなニュアンスでいいと思います。

あくまでお歳暮は気持ちですから、1度お歳暮を渡したら次回から贈ったり貰ったりと、そんなやりとりになると少々面倒なので、あらかじめご両親にその旨を伝えるのもいいですね。

 

両親へお歳暮を贈るためのマナーは?

お歳暮を贈るマナーとして一番大事なことは贈る時期が肝心です。

一般的に12月上旬から20日頃までとされていますので、この時期に贈るのが良いでしょう。

ただお住まいの地域、大きく分けると、東日本と西日本ではお歳暮を贈る時期に多少の違いがあるので、下記を参考してみて下さい。

 

東日本のお歳暮時期:12月1日~12月20日ごろ

西日本のお歳暮時期:12月13日~12月20日ごろ

また、最近では日本全国に共通して、渡す時期が12月上旬にかけてと、全体的に時期が早まっている傾向にもあるようです。

この辺りも踏まえて一度、土地勘や風習などに詳しい周りの方に相談して、一番良い時期に贈るようにしましょう。

 

お歳暮の渡し方は??

お歳暮は本来ならば、相手方の家に直接持参していくのが正式な渡し方ですが、現在では宅配便で贈るのが一般的です。

現代人は時間に制約が多く、時間的余裕が取れない傾向にあること、また、人とのコミュニケーション(関わり)が少なくなってきたという事も、直接持参する事が少なくなった理由の一つかもしれませんね。

可能であれば渡す時期を把握し、ご両親に伺う旨を伝えてお歳暮を持参していきましょう。

直接赴いて渡した方が気持ちがこもっており、きっと喜んでくれるはずです。

 

お歳暮を両親へ贈るときの予算は?

気になるお歳暮の予算ですが、ご自身の年齢が30代までは3000円~5000円、40代以降なら5000円以上というのが相場になっているようです。

ただ、これも一般的なものですので、ご両親が喜ぶと思えば世間一般の相場と違っても問題ないと思います。

お互いの関係性も考慮しつつ、一番最適な品を選ぶといいと思います。

何よりも大切なのは両親が喜ぶかどうかですよね!



お歳暮を両親へ贈ると絶対に喜ばれる品7選をご紹介!

①カニを贈る!

引用:https://www.kaisenkobo.com/

年末年始といったらやっぱりカニではないでしょうか。

ご年配の方をはじめ、多くの方に喜ばれるのが海鮮系のなかでもカニがダントツのトップ!

カニは冷凍されて宅配されますので、日保ちが可能という事もお歳暮に高い確率で選ばれる理由の一つです。

また、調理方法も様々あり、いろいろなバリエーションで他楽しめるのも魅力です。

カニの詳細はこちらから!


 

②ブランド和牛のお肉を贈る!

普段食べれない高級ブランド肉を贈るのも大変喜ばれると思います。

お取り寄せの品は切り分けられているものがほとんどですので、1度で食べきれない場合は小分けにして冷凍も出来るので便利で喜ばれると思いますよ!

すき焼きにしゃぶしゃぶ、焼肉にステーキと、年末の食卓を豪華に彩ることでしょう。

ブランド牛の詳細はこちら!



 

③美味しいハム・ソーセージセットを贈る!

引用:https://yaeyamafarm.com/

大手のハムセットではなく、有名なブランドポークを使ったハム・ソーセージの詰め合わせを贈りましょう。

ご紹介するのはアグー豚のセット。

上質な脂と肉質に、ご両親も満足する贈り物になることでしょう。

こちらも開封して小分けで冷凍も出来るので、美味しいおつまみとして、またはおかずの1品に出すことも出来るので、きっと喜ばれると思います。

美味しいハム・ソーセージの詳細はこちら!




 

④美味しい北海明太子を贈る!

引用:http://www.k-shuei.co.jp/

両親がお肉よりも珍味などが好きな場合はこういった明太子のセットはいかがでしょうか。

ご飯に乗せてよし、お茶漬けにしてもよし、料理に使ってよしの人気の明太子。

こちらは本場北海道から直送する鮮度の良いたらこを使った上質な品です。

冷凍保存出来るので両親2人暮らしでもとても喜ばれます。

美味しい明太子の詳細はこちら!


 

⑤美味しい地酒を贈る!

引用:https://cookbiz.jp/soken/news/sake_app/

両親がお酒好きなら、普段味わう事のない美味しい地酒をを贈るのも良いですよね。

利き酒が出来るセットで贈ればとても喜ばれますよ。

美味しい地酒の詳細はこちら!



 

⑥カタログギフトを贈る!

引用:http://www.giftsupport.com/

お歳暮の人気上位でもあるカタログギフトを贈るのも良いですよね。

そのときに欲しいものを選べるというのは、贈られた側からすると有難いものかと思いますので、オススメです!

価格帯で選べる分り易さも人気の秘密ですよ。

カタログギフトの詳細はこちら!



 

 

⑦美味しいとらふぐを贈る!

引用:https://tobigift.jp/products/detail/347

西日本ではポピュラーな魚で年末によく食べられるのが、そう、とらふぐです!

あっさりとしながらもプリプリの身が本当に最高に美味しいんですよね。

刺しでよし、ちりでよし、年末に贈られてきたらきっとご両親のテンションは上がること間違いないでしょう。

 

もちろん下ごしらえをした状態でクール便で送られてくるので、すぐに食べられますから手間がかかる心配はありません。

今年のお歳暮にはぜひ、本場下関のとらふぐはいかがでしょうか。

とらふぐの詳細はこちら!



 

お歳暮を両親へ贈れば絶対に喜ばれる品7選!予算からマナーも紹介!まとめ

いかがでしたでしょうか。

記事本文をまとめると以下のようになりました。

  • そもそも両親へお歳暮を贈る?贈らない?
  • 両親へお歳暮を贈るためのマナーは?
  • お歳暮の渡し方は??
  • お歳暮を両親へ贈るときの予算は?
  • お歳暮を両親へ贈ると絶対に喜ばれる品7選をご紹介!

 

お歳暮を贈るなら今回ご紹介した7選の品をぜひ参考にしてみて下さいね。

きっとご両親から喜びの電話がかかってくること間違いなしです♪

 

それでは記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください