お歳暮といえばコレ!定番人気のオススメ商品10選を一挙ご紹介!

日を追って寒暖の差が激しくなり、少しづつ冬の訪れを感じ始めたました。

そろそろお歳暮を贈ることを考えないといけない時期になりましたね!

最近では、お中元やお歳暮を断る企業なんかも増えてきていますが、普段からお世話になっている人なんかにはやっぱり日頃の感謝の気持ちとご挨拶を兼ねて、お歳暮を贈りたいですよね。

 

そこで今回は、お歳暮といえばコレ!定番人気のオススメ商品10選を一挙ご紹介!と題し、

お歳暮といえばを代表する品をご紹介していきたいと思います。

では、さっそく記事本文へどうぞ!



そもそもお歳暮の”由来”は?

お歳暮ってそもそもなんで贈らなければならないのかな?と考えたことはありますか?

感謝の意味を込めて渡す物だとは薄々感じているとは思います。けれど由来は何処から来たのでしょうか?

そんな疑問に簡単に答えますと、実はお歳暮の由来は意外にもお隣の国・中国から伝来した風習だったそうです。

 

中国では昔から神さまを祭る為にお供え物を贈る風習があり、1月15日に上元、7月15日に中元、10月15日に下元と定め、神様を祭る日としていたそうなんです。

日本の風習においては、正月とお盆に先祖の霊を供養する為、お供え物をしていたところに中国の風習がミックスして定着したことによって、お中元やお歳暮といった贈り物の風習が定着したそうなんですね。

 

世間一般的な風習として広まったのは江戸時代からだそうで、その後、近代文化の歩みに沿うようにして現在のお中元・お歳暮のスタイルになったんだそうですよ。

いわば先祖へのお供え物が、親族に対して日頃の感謝を伝える贈り物として変化していった、という事ですね!

 

お歳暮を贈る時期はいつ頃から?

一般的にお歳暮を贈る時期は、12月上旬から20日頃までとされています。

この時期を過ぎるとクリスマスやお正月シーズンに入ってしまうので、20日頃までには先方に届くようにしたいですね。

お歳暮の贈る時期というのは大体が決まっていて、一部地域風習によって違うところもあるようですが、一般的にですとお正月の準備を始める『事始め』という時期、日にちで言うと、12月13日~20日の間に送るのがベストタイミングと言われています。

 

関東地域では12月の初めから贈る慣習もありますが、暮れの実感が湧きづらい印象ですし、逆に12月末になるとクリスマスや大掃除など、年末に向けて忙しくなる時期に重なりますから、迷惑になったりする可能性がありますよね。

ですので、お歳暮を贈るタイミングとしては『事始め』時期である12月13日~12月20日に届くようにするのが最適と言えます。

また、生鮮食品を贈る場合には、先方が自宅にいらっしゃるときを事前には把握しておきたいところです。

何気なく居る日を確かめてから贈るようにすると良いと思います。

 

お歳暮の選ぶときの”相場”はどのくらい??

気になるのは贈るお歳暮の相場(値段)ですよね。

あまり安すぎるのはどうかと思うし、高すぎても逆に気を使わせるだけだろうから…と以外に悩んでいたりはしませんでしょうか?

世間一般的な常識でご紹介しますと、3,000~5,000円の価格帯がお歳暮の平均的な相場なっています。

 

しかし、コチラについてはあくまで目安ですので、参考程度に捉えて頂ければと思います。

それぞれの生活スタイルも多種多様、義実家との関係性も人それぞれですので、ご自分の環境に合った予算で選定されるのが一番だと思います。


お歳暮といえばコレ!定番人気のオススメ商品10選とは!?

ではさっそく、お歳暮と言えばコレ!と思われる品をご紹介していきます。

ぜひ、選ぶうえで参考にして頂ければと思います。

 

お歳暮といえば【カニ】

引用:https://www.kaisenkobo.com/kanisp.html

お歳暮の時期に、旬の魚介類の中でも高級食材として特に需要が高まるカニを贈るのはいかがでしょうか。

見た目も豪勢で華やか、味も各別とあって先方からはとても喜ばれると思います。

良いかも知れませんね。

今回、特におすすめするのが『北海道海鮮工房』です。

 

北の海で水揚げされた3大カニとされているズワイガニ、毛ガニ、タラバガニをボリューム満点、そしてリーズナブルでな価格で提供する有名なカニ専門店です。

人数に合わせて量、種類、食べ方をチョイスできるというところも嬉しいですよね。

大切な方へのお歳暮、今年は美味しいカニを贈ってみてはいかがでしょうか?

北海道産のカニの購入はこちら!

 

お歳暮といえば【ビール】

引用:https://www.tg-uchi.jp/topics/5041

ビールは定番中の定番ですよね。

贈る相手が呑める方ならビールはとても喜ばれます。

相手のお好みのビールの銘柄が分かっていれば良いのですが、分からない場合は普段自分では買わないようなプレミアムな品を贈るのも良いですよね。

 

今回は定番のプレミアムビールであるエビスビールとキリン一番搾り、それぞれプレミアムマイスターバージョンをおすすめします。

お歳暮としての華やかなイメージのビールも先方には間違いなく喜ばれると思いますよ。

ビールはこちらがおすすめです!

 

 

お歳暮といえば【ハム・ソーセージ】

引用:https://www.tsukubaham.co.jp/shop/item/ham/

ハム・ソーセージの詰合せも定番ですよね。

賞味期限も長いですし、食べきれなければ小分けにして冷凍保存することも可能なので、ちょっとおかずが足りないときなんかにも便利ですよね。

 

今回オススメするのは、第7回銘柄豚コンテストで最優秀賞に輝いた『藏尾ポーク』。

熟練の職人によって手塩にかけて作られており、きめ細かいサシや肉質が素晴らしく、絶品の美味しさを誇ります。

是非、特別なお歳暮としていかがですか?

美味しいハム・ソーセージの購入はこちらから!



 

お歳暮といえば【お菓子】

引用:https://news.yahoo.co.jp/polls/easy/33143/result

お菓子もお歳暮の品の中では常に上位にランクインしています。

そのなかでも今回、個人手的にオススメするお菓子は、1935年創業のチョコレートの老舗専門店・サロンドロワイヤルの『ピーカンナッツ』です。

ピーナッツをチョコでコーティングした絶妙なバランスのピーカンナッツ、老若男女問わず人気があり、サロンドロワイヤルのピーカンナッツは楽天市場でチョコやナッツ部門で常にランキング上位にある有名スイーツです。

 

一度食べたらやめられなくなる美味しさ、クセになる方がたくさんいるそうです。

サロンドロワイヤルのピーカンナッツの購入はこちら!



 

お歳暮といえば【和牛】

引用:http://www.town.takaharu.lg.jp/

お歳暮の贈りものとして喜ばれるのが高級食材の和牛!

特に年末はご馳走を食べる頻度が高まる時期、お歳暮として頂くお肉がとってもありがたいと思います。

今回は和牛の中でも日本3大和牛と言われる米沢牛の専門店『米沢牛専門店さかの』をご紹介します。

 

おすすめはサイト内購入ランキング1位のすき焼き用のお肉。そのとろけるような舌ざわりと上質なお肉の旨味で食べた方の感動を呼ぶ事でしょう。

特別な方への感謝の気持ちを込めて、お歳暮として米沢牛をどうぞ。

最高級の和牛の購入はこちら!


 

お歳暮といえば【コーヒーや紅茶】

引用:https://ameblo.jp/nsmente/

紅茶やコーヒーは愛好家が多く、普段からご家庭でよく飲まれている飲み物でもありますよね。

今回は自宅でも本格ドリップを楽しめる味わい深いスターバックスのコーヒーギフト、そしてマリアージュフレールのうっとりするような芳香の紅茶セットをご紹介します。

スターバックスのドリップコーヒーはティーバッグ式のドリップなので、お手軽に芳醇で美味しいコーヒーを味わえますし、マリアージュフレールの紅茶は味や香りはもちろんの事、紅茶缶もクラシックで可愛いです。

 

茶葉を使い切った後は缶をおしゃれな小物入れなどでも楽しんでいただけると思うので、1つの贈り物で2度楽しんで頂けるのではないでしょうか。

 

お歳暮といえば【ギフト券】

引用:https://ogift.net/archives/154

贈りものとしてなにかと喜ばれるのがこのギフト券。

好きなものを好きなときに購入することが出来るので、贈られた側にとってはありがたく、便利なものです。

贈る側としては金額があからさまに分かってしまうので、それが嫌!という方もいらっしゃるようですが、お歳暮として贈られる側にとっては大変便利で有効活用ができるありがたい贈りものです。

 

今回はギフト券といえば知名度と有効度がトップランクのAmazonギフト券と、こちらもまた使い勝手がよいJTBギフト券をおすすめします。

お歳暮を贈る先方の気持ちになって、ぜひご活用になってみてください。

 

お歳暮といえば【カタログギフト】

引用:https://shaddy.jp/48680-005/

カタログギフトの良いところは、贈られた側がお好きな品を選べるという事が言えるでしょう。

こちらで厳選して贈った品が先方の趣味嗜好に合わないものであった場合、先方側としては欲しくもないものをもらってしまうので困りますよね。

 

そういった憂いを解消するのがカタログギフトです。

今回は日本最大級の規模を誇る『ギフトモール』のカタログギフトをオススメします。

値段に合わせて最適な品をラインナップさせていますので、ぜひご覧になってください。

カタログギフトの購入はこちら!


 

お歳暮といえば【ジュース飲料】

引用:https://million-store.com/

お歳暮の定番は濃縮還元などの果物系ジュースが多いかと思いますが、先方のご健康を意識した飲みやすく、美味しい野菜ジュースもお歳暮には良いのではないでしょうか。

ご紹介する『ミリオンの国内緑黄色野菜ジュース』は、全ての素材が国内産、そして普通の野菜ジュースのように絞り汁だけでなく 「極力丸ごと、あますことなく」野菜を使うことにこだわっているプレミアムな野菜ジュース。

野菜の皮ごとピューレなので栄養がギッシリ、濃い野菜の深い甘味とほっこりと美味しい野菜ジュースですので、小さい野菜嫌いなお子さまからご年配まで愛されているジュースになっています。

健康ブームの現在、産地の分かる上質な野菜ジュースは大変喜ばれると思います。

国内緑黄色野菜ジュースの購入はこちら!



 

お歳暮といえば【地酒(日本酒)】

引用:https://cookbiz.jp/soken/news/sake_app/

お酒好きの方へは特に美味しい地酒が喜ばれると思います。

普段自分では購入しないものを贈ると喜ばれる傾向にあると思いますので、お歳暮はそのなかでもいただく頻度が高い機会です。

今回は飛騨地方に蔵を構える老舗酒造『渡辺酒造店』をご紹介します。

 

飛騨のにごり酒、どぶろく酒などがリピーターが多く、とても人気なのですが、個人的にオススメするのは純米吟醸『蓬莱』。

まるで白ワインのようなフルーティでやや辛口な口当たりで若い女性からご年配の方まで楽しめるお酒となっています。

それ以外にも、お歳暮に喜ばれる飲み比べセットなども充実していますから、ぜひ名酒造店の美味しい地酒を贈ってみてください。

美味しい日本酒の購入はこちら!



 

お歳暮といえばコレ!定番人気のオススメ商品10選を一挙ご紹介!まとめ

引用:https://next.rikunabi.com/journal/

今回はお歳暮の定番という事でご紹介をしていきましたが、いかがでしたでしょうか。

定番のなかでも、ぜひおすすめする最良の品を贈って頂ければと思います。

記事本文をまとめますと、このようになりました。

  1. そもそもお歳暮の”由来”は?
  2. お歳暮を贈る時期はいつ頃から?
  3. お歳暮の選ぶときの”相場”はどのくらい??
  4. お歳暮といえばコレ!定番人気のオススメ商品10選とは!?

 

お歳暮の時期が近付いてきている中、ご紹介の内容でお手伝いが出来たのなら幸いです。

では、記事を最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください