お歳暮を取引先へ!おすすめ5選を紹介!個人にも喜ばれる贈り物は?

今年もあとわずかとなり、もうそろそろ取引先へのお歳暮の準備を始める時期となりました。

日頃世話になった方への感謝と心を込めたご挨拶。

来年も良好な人間関係を築けるようにする為、お歳暮は非常に重要な役割を果たしますので、まだ送ったことがない方はこの機会にぜひ参考にしてみてくださいね!

 

という事で今回は『お歳暮を取引先へ!おすすめする品を5選紹介!喜ばれる贈り物とは?』と題し、ご紹介していきたいと思います!

では記事本文へどうぞ!



取引先にお歳暮を贈る時期は!?

まもなくお歳暮の時期と先にお伝えしましたが、実際はいつ取引先に渡すのが適切なのでしょうか。

詳しく知らない方は『おそらくは12月に入ってから?』とは大体のおおまかな時期として認識しているはずです。

 

詳しくは12月13~20日頃までが通常の渡す時期としての世間一般的な見解です。

しかし同じ日本でも、東日本と西日本ではお歳暮を贈る時期に多少の違いがあるのをご存知でしょうか?

東日本のお歳暮時期:12月1日~12月20日ごろ

西日本のお歳暮時期:12月13日~12月20日ごろ

このように地方、地域によってお歳暮を贈る時期が少し異なっていますし、最近では日本全国に共通して、渡す時期が12月上旬にかけてと、全体的に時期が早まっている傾向にあるようです。

この辺りも踏まえて一度、土地勘や風習などに詳しい周りの方に相談してみるのが確実で良いでしょう。

 

取引先にお歳暮を贈るときの予算は??

気になる予算のほうはどうでしょう。

贈る取引先の数や金額の設定によって予算が大幅に違いが出ますから、ここは慎重に設定したいところです。

しかし取引先は大事なお客様。今後もビジネスを進めていくうえでお歳暮は『今年1年、たいへんお世話になりました』という意味を込めた感謝の贈答品ですので、あまりに低予算の品では満足にその気持ちをお伝え出来ない部分があります。

 

日頃からお世話になった取引先へ気持ちにこもった品物を贈りたいですよね。

ここで、取引先に贈るお歳暮の一般的に全国的な平均予算は3,000円~5,000円だと言われています。

 

また、特にお世話になった方へはもう少しお値段を張った贈答品を贈られる方もいらっしゃるようで、おおよそ1万円程度までが多い傾向のようです。

品を贈る場合には、先方の趣味や嗜好をあらかじめ聞きだしておけば大体の予算も把握できますので、日頃の事前調査も大事になってきます。

 

お歳暮を取引先に贈る場合に気をつけるべき注意点とは!?

取引先相手にお歳暮を贈る際にもっとも気を付けなければならない点があります。

それは日持ちするものを贈るという事です。

年末はただでさえ忙しい月、こちらが気持ちを込めて贈った物でも取引先のほうですぐに開封するとは限りません。

ですので食品関係なら尚のこと、開封される時期が遅くなってもいいよう、賞味期限には余裕がある品を贈ることが望ましいと言えます。

 

また、履物系(スリッパなど)は取引先を”踏みつける”という意味合いがあるとされ、贈るの避けなければならない物ですね。

そのほかは、当たりまえの部分にはなりますが、取引先の嫌いなもの・苦手なものは避けるといった事です。

この点も日頃の事前調査で把握しておきましょう。

 



お歳暮を取引先に送るのに必ず喜ばれる定番・おすすめの品を5選ご紹介!

それではさっそく、取引先に喜ばれる品として、定番品のなかでも厳選したオススメの品を5つご紹介します。

下記はすべて分けられる物ですので、個人へはもちろん、会社(複数人)へのお歳暮としてぜひ参考になさってみてください。

 

取引先へのおすすめなお歳暮その①:プレミアム缶詰のセット

引用:https://shop.mon-marche.jp/

長く日持ちして、小分けにできるものとして喜ばれるのが缶詰。

しかも普段食べられない珍しい缶詰はお歳暮には最適です。

料理に使うもよし、おつまみとして酒のアテにとしてもよし、防災食品としても便利な高級缶詰はいかがでしょうか。

 

取引先へのおすすめなお歳暮その②:美味しいビールのセット

引用:https://giftmall.co.jp

こちらはかなり定番の品ですが、今回は有名醸造所のプレミアムな地ビールセットをご紹介します。

個人取引先に贈っても会社に贈っても高い確率で喜ばれるおすすめの品です。

会社の方ではだいたい飲める方がいると思いますが、個人でお渡しするときは飲めるか飲めないかを事前に聞かなければいけませんね。

 

取引先へのおすすめなお歳暮その③:高級ハム・ソーセージのセット

引用:https://www.bishoku-ichi.jp/

大切な取引先にハムなども加工肉食品も大変喜ばれます。

今回は数あるハム・ソーセージのなかでも銘柄ポーク好感度コンテストで最優秀賞を受賞した藏尾ポークをご紹介します。

扱う豚は”幻のバームクーヘン豚”といわれ、その美味しさから高いリピート率を誇る、高級豚を使ったおすすめのハム・ソーセージです。

 

取引先へのおすすめなお歳暮その④:上質なお菓子のセット

引用:https://www.s-royal.com/

お菓子も喜ばれるご挨拶の品ですよね。

なかでも今回は老舗チョコレート専門店のサロンドロワイヤルのピーカンナッツをご紹介。

厳選したチョコレートとピーナッツの上品な甘みで子供から大人まで幅広い層に人気のお菓子です。小分けになっているので配ることにも配慮出来ているオススメのお菓子です。

 

取引先へのおすすめなお歳暮その⑤:厳選されたコーヒーのセット

引用:http://www.giftsupport.com/

コーヒーも定番ですね。消費する飲み物としては常に上位にランクインするコーヒーはお歳暮には喜ばれます。

その中でも今回はスターバックスのコーヒーをおすすめします。

ドリップ式のコーヒーで小分けになっている使いやすさも魅力です。

いつもは飲まれない厳選されたコーヒーを贈ってみてはいかがでしょうか。

商品詳細はこちら↓


ソムリエ@ギフト

 

お歳暮を取引先へ!おすすめ5選を紹介!個人にも喜ばれる贈り物は?まとめ

いかがでしたでしょうか?

本文をまとめますと、以下のようになりました。

  1. 取引先にお歳暮を贈る時期は!?
  2. 取引先にお歳暮を贈るときの予算は??
  3. お歳暮を取引先に贈る場合に気をつけるべき注意点とは!?
  4. お歳暮を取引先に送るのに必ず喜ばれる定番・おすすめの品を5選ご紹介!

 

気持ちのこもったお歳暮で今年1年の感謝を伝え、来年もいい取引を行えるよう、お歳暮は取引先が喜ぶ厳選した品をお送りくださいね。

では、記事を最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください