S2O JAPAN の服装・ファッションまとめ!気になる持ち物もチェック!

S2O JAPAN の開催が近づいているということで、どんな服装ファッションで行くといいのかまとめていきたいと思います。

そして当日忘れ物がないように持ち物もチェックしておきましょう。

 

S2O JAPAN とはご存知のとおり、世界で最もずぶ濡れになる音楽フェスと言われているくらいですから、水着の方がいいのか、それとも普段のフェスの服装ファッションでいいのか…

持ち物は一体何が必要なのか…

 

色々と悩みますよね。

 

去年(2018年)の S2O JAPAN のデーターを参考にしながらみていきましょう!

 

 

【S2O JAPAN】はびしょ濡れ必須の夏フェス!

引用:https://www.s2ojapan.com/

 

こちらは去年(2018年)の 【S2O JAPAN】 の様子です。

 

【S2O JAPAN】はびしょ濡れ必須の夏フェス!ということがお分かりいただけるでしょう。

 

なんと驚くことに本家タイからやってきた専用水かけマシンから大量の水が放たれるそうです!

 

昼間は大量の水の合間に虹が見えたりと素敵な空間に対して、夜はまた違った雰囲気になり、ステージからは光や炎も加わり、より盛り上がりがピークに達しそうな予感がします。

 

【S2O JAPAN】に実際行かれた方からの声を抜粋すると…

 

・とりあえずこのフェスは水着以外で来ないほうが絶対良き

・水かけ祭りって名前みたいな可愛いものではなかった(笑)

・究極に楽しかったS2O JAPAN また来年も行くからよろしく

 

などなど…#究極の水遊び と言ったところで間違いなさそうなフェスですね!

もしそこまでびしょ濡れにはなりたくないと思う方は、メインエリアの一部およびVIPエリアでは濡れずに音楽を楽しめるそうなのでこちらを利用するのもいいですね。

 

《こちらもオススメです!》

S2O JAPAN【2019】タイムテーブルや時間は?!天候や台風状況もチェック!

 

S2O JAPANの服装・ファッションまとめ!

 

引用:https://mastered.jp/

 

引用:https://mastered.jp/

 

去年(2018年)の S2O JAPAN の服装ファッションをみていきましょう。

ショートパンツにトップスは水着を合わせたりといった服装が基本のファッションですね。

小物使いをオシャレにするところがポイントです。

会場内で撮影が入るかもしれなのでぜひお友達とリンクコーデを!

 

 

こちらもショートパンツにおしゃれ水着を合わせた元気いっぱいの夏フェスコーデですね。

ずぶ濡れになりながら踊るのに最適なファッションだと思います。

近年フェスで花かんむりが流行ってますよね。とてもかわいいです!

 

引用:https://www.s2ojapan.com/

 

引用:https://purulife.site/

 

思いっきり弾けたいというのであれば、水着で参加するのもアリだと思います!

 

 

水色のアイライナーで頬に「S2O」と書きました! アイプチを使ってホログラムを目元に3色ほどランダムにつけてキラッキラに♡

 

びしょ濡れ必須ということもあり、アイメイクはちょっぴり濃いめに、アイプチでシールを貼ったりするのがポイントだそうです。

 

引用:https://www.s2ojapan.com/

 

ボディーペイントはEDM系のフェスには大活躍です!

去年(2018年)の S2O JAPAN では会場内にペイントブースというのがあり、そちらでボディペイントを楽しんでいた方たちもいたようです。

この機会にぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

 

S2O JAPANの参加時に気になる持ち物をチェック!

引用:https://toplog.jp/

 

それではS2O JAPANの参加時に気になる持ち物チェックをしていきましょう。

キーワードはびしょ濡れ必須の夏フェス!であるということから、まず着替えやタオル、防水撥水加工のグッズが必要になってきたりすると思います。

以下まとめてみました。

 

お金・チケット・身分証明書

 

18歳未満の入場お断り⇒リストバンド交換所にてチケットと写真付き身分証明書の確認を行うそうです。

写真付き身分証明書とは?

※運転免許証・パスポート・顔写真付きマイナンバーカード(個人番号カード)・顔写真付き住民基本台帳カード・障害者手帳・療育手帳・在留カード・外国人登録証・学生証を指します。

 

防水携帯ケース・タオル・着替え

 

全身が濡れた状態での退場はお断り⇒出口で係員が確認を行うそうです。

男女別の更衣室も完備されておりドライヤーも設置されるそうなので、そちらでしっかりと濡れた身体を拭いて着替えをしてから退場するようにしましょう。

 

羽織りもの・レインコート・日焼け止め・サングラス

 

などの持ち物もしっかりチェックしておきましょう。

手荷物などはクロークに預けることも可能だそうです。

 

 

S2O JAPAN の服装・ファッションまとめ!気になる持ち物もチェック!まとめ

引用:https://www.s2ojapan.com/

 

今回はS2O JAPAN の服装ファッションや気になる持ち物についてわかりやすくまとめてみました。

 

びしょ濡れ必須なので他のフェスと違うところは、メイクや服が濡れても大丈夫かというところです。

 

あとは踊ったり動きやすい恰好で行くということですね。

今年のS2O JAPANの開催地は県立幕張海浜公園です。ビーチが目の前の砂浜での開催になりますので水着が一番いいのかもしれませんね。

 

フェスはお客さんが盛り上げていくことがカギだと思うので、テンションMAXで会場を一気に盛り上げていきましょう!

 

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

 

《こちらもオススメです!》

S2O JAPAN【2019】タイムテーブルや時間は?!天候や台風状況もチェック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください