佐々木朗希のwiki風紹介!プロフィールから彼女や好きなタイプまで大胆まとめ!

いま高校球児の中で大注目の選手が、岩手県立大船渡高校の剛腕ピッチャー佐々木朗希選手

最高球速163キロをマークし、あの大谷翔平選手を上回る剛腕ぶりで早くもドラフト候補に話題が上がるなど大注目されています。

それと同じくして野球界大注目の「令和の怪物モンスター」を獲得しようと欧米メジャーリーグからのオファーがあるなど、将来はメジャー入りも現実味を帯びている事がわかりました!

今回は『佐々木朗希のwiki風紹介!プロフィールから彼女や好きなタイプまで大胆まとめ!』としてご紹介!

 

メジャー入りの可能性事情に加え、佐々木朗希選手をwiki風に紹介しながら、生い立ちから気になる出身地の情報、また中学での活躍などプロフィールとして紹介し、さらには彼女のウワサなどなど。

気になるアレコレを総まとめで取り上げていきますよ!

 

佐々木朗希のwiki風プロフィール紹介!

引用:http://column.sp.baseball.findfriends.jp

今後の野球界において、間違いなく大きな影響を与える選手になる期待のピッチャー佐々木朗希選手。

世間の野球ファンや球界関係者からは

「令和の怪物」

「日本の宝」

などと大きな期待を集めています!

 

https://twitter.com/QQ4yIWcfxmWTOgk/status/1115161008870281220

 

現在高校3年生、夏の甲子園を控えた佐々木朗希選手のプロフィールからご紹介します!

 

引用:https://sportiva.shueisha.co.jp/

名前:佐々木朗希ささき ろうき

生年月日:2001年11月3日

年齢:17歳(2019年4月現在)

身長・体重:189㎝・81㎏

出身地:岩手県陸前高田市りくぜんたかだし

所属高校:岩手県立大船渡おおふなと高等学校

ポジション:ピッチャー

投打:右投げ・右打ち

家族構成:5人家族(兄と弟の3兄弟)

 

佐々木朗希の出身地や生い立ちは?

引用:http://wonderbridge.net

岩手県の陸前高田市で小学時代までを過ごした佐々木朗希選手。

3人兄弟の次男である佐々木朗希選手は小学3年生から野球を始めており、兄である「琉希りゅうきさん」も同じように野球で育った活発な兄弟であったそう。

 

(佐々木朗希選手の野球経歴)

出身小学校⇨陸前高田市立高田小学校→大船渡市立猪川小学校

小学校時代に所属していた野球・ソフトボールチーム⇨高田野球スポーツ少年団→猪川野球クラブ

出身中学校⇨大船渡市立第一中学校

中学校時代に所属していた野球チーム⇨大船渡市立第一中学校(軟式野球部)→オール気仙(陸前高田市、大船渡市、気仙郡住田町の中学生軟式野球選抜チーム)

 

その後、2011年の東日本大震災において当時まだ9歳で小学生だった佐々木朗希選手は、一家の大黒柱であるお父さん「功太さん」を津波によって奪われてしまいます。

当時37歳という若さでの他界だったそうで、佐々木朗希選手をはじめ、ご家族の悲しみは計り知れなかったでしょう。

その後、壊滅的な被害を受けた陸前高田市を離れて、隣の大船渡市に移り住んだのだそうです。

 

【佐々木朗希選手の出身地である岩手県陸前高田市】

 

その中で、お兄さんは佐々木朗希選手の野球の取り組みにはいつも厳しくアドバイスしていたそうでセンスがあってもおごる事なく実直に練習に励むよう厳しく言葉をかけていたのだそうです。

 

陽子さん 琉希がすごく弟の朗希に厳しく接していました。

その反動で、朗希は常に兄を超えようとしていました。

野球面でも生活面でも、朗希が兄から褒められたことを見たことがないですね。

見ててかわいそうなぐらい朗希は、兄から言われてました。

 

琉希さんも大船渡野球部OBで、4番も任されることもあった。

生活面に限らずプレー面でも「お前レベルの選手はたくさんいる」と褒めもせず、あえて突き放し続けた。

引用:https://www.nikkansports.com/

 

きっとお兄さんの琉希りゅうきさんは朗希選手の父親代わりとなって一人前の男にさせるべく、兄として父親の責務を果たしていたのでしょうね。

朗希選手にとって不屈のメンタル面を養ってくれた兄の・琉希さんの存在は大きかったでしょうね。

 

この辛く厳しい経験をしながらも、温かい家族の力を強いバネに変えて佐々木朗希選手はその後メキメキと野球の才能・ピッチャーとしてのセンスを開花させていきます。

 

佐々木朗希の出身中学での活躍や驚きのエピソードとは?

引用:http://column.sp.baseball.findfriends.jp

その後、隣の市である大船渡市の大船渡市立第一中学校に入学した佐々木朗希選手。

このころからピッチャーの才能を発揮し、「怪物ピッチャー」としての頭角を現しだしたようです。

当時中学校では硬式野球ではなく軟式野球の所属だったようですが、当時試合で圧巻のピッチングを見せつけ、なんと141㎞/hを記録!

 

その事が地元内外に拡散した事で野球関係者から注目される事になります。

高校進学時のタイミングでは、プロ野球の有名選手を数多く輩出する名門私立高校『大阪桐蔭高等学校』から引き抜きオファーを受けますが、そのチャンスを断り、地元高校に進学することを決意。

その理由は「中学時代からの仲間と一緒にプレイを続けたい」という思いからだったようです。

 

この決断には賛否両論あるとは思いますが、一個人の評価としてはとても良い決断だったと思います。

苦楽を共にしてきた仲間たちとともに高みへと挑むその姿勢は高校球児としての本懐であると感じますし、地元ファンをはじめとした高校野球ファンが熱く応援できる『歩んでほしい道』だったのではないでしょうか^^

 

佐々木朗希に彼女はいる?好きなタイプも気になる!

引用:https://nekkyu89.com

佐々木朗希選手の第一印象はイケメンピッチャー!ではないでしょうか?

190㎝に届く高身長に加え、その端正な顔立ちは間違いなく女性にモテるでしょうね^^

 

そうとなれば気になるのが彼女の存在ですね!

ちょっと外れますが、気になりましたのでさっそくお調べしました!

 

結果、彼女と思わしき情報は現在はありませんでした。

しかしあれほどのナイスガイですから、密かに温めている恋仲もあるのかもしれませんね。

ちなみに佐々木朗希選手、現在の好みの女性はというと、「女子高生ミスコン2017‐2018」でグランプリに輝いた美少女福田愛依ふくだ めいさんなんだそうです!

 

 

清潔感があって、まさに美少女!といったところ。

とても可愛いですね♪

年も近いことから、佐々木朗希選手はドストライクのようです!

福田愛依さんの公式インスタはこちら

 

佐々木朗希が日本球界を飛び越えてメジャーリーグ挑戦が確定!?

引用:http://news.livedoor.com

岩手県には佐々木朗希選手の在籍する県立大船渡高等学校の他に甲子園の出場常連校である私立花巻東高等学校もあり、

近年ではメジャーリーグで活躍する菊池雄星選手や大谷翔平選手を輩出しています。

 

 

佐々木朗希選手も二人の背中を追ってメジャーに進出するのでしょうか?

実際に試合の観戦サイドではメジャーリーグからの関係者が視察に訪れているようです。

 

3月31日、栃木の矢板運動公園野球場のネット裏には、いわくつきの外国人2人の姿があった。

いずれもドジャースのフロント幹部。

ひとりはゲレン・カー編成部長、もうひとりはジョン・ディーブル環太平洋スカウト部長。

今秋ドラフトの目玉、大船渡(岩手)の佐々木朗希(3年)が作新学院との練習試合に登板する姿をチェックしていたのだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

このようなニュースが大っぴらになっているという事は、間違いなくメジャーリーグ関係者からの引き合いがかかっているのでしょう。

また、こういった内容も。

 

「ドジャースは4人体制で見ていたし、他にフィリーズ、レイズ、オリオールズ、パイレーツ、アスレチックスのスカウトも佐々木に熱視線を送っていた。

そのうちフィリーズ、オリオールズ、パイレーツ、アスレチックスは昨年11月、国学院栃木との練習試合で登板した際にもスカウトがチェックしていた。

そのときにいた日本のスカウトは巨人と西武の2球団でしたから、メジャーはある意味、日本の球団より熱心かもしれません。

アスレチックスにいたっては11月の練習試合以前に米国人スカウトがわざわざ来日、岩手の大船渡高のグラウンドまで練習を見に来たくらい。

ヤリ手と評判の大手代理人事務所も、昨年から佐々木の周辺でゴソゴソ動いていると聞きました」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

大谷翔平選手や菊池雄星選手の故郷であり、怪物選手を輩出している地方なだけに次のモンスターを獲得しようと欧米からメークがあることは容易に想像できますね。

ただ、佐々木朗希選手は現時点では「プロ野球一本で考える」と言っているようなので、現時点でどのような舵取りを行おうとしているのはわかりません。

しかし、もしかするとプロ野球に入団・経験をせずに一気に飛び越えメジャーとなる可能性も無きにしも非ず!といった状況でしょう。

 

もともと佐々木朗希選手の当初の目標は「スポーツ関係のトレーナーになること」だったといいます。

それがメンタル・フィジカルの能力が向上してくるにつれて成長曲線も大きく変化し、現在はプロ野球選手という事で当初の目標も大きく向上変化していましたね。

 

また、故障リスクが高まるプロ野球界よりもメジャーへ挑戦しては!?という見方も関係者ならびに野球ファンも多いことでしょうから、現在の監督をはじめ、佐々木朗希選手の関わる方の客観的意見と佐々木朗希選手自身の目標がどう変化していくのか、期待するところです!

 

佐々木朗希のwiki風紹介!プロフィールから彼女や好きなタイプまで大胆まとめ!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

いかがでしたでしょうか?

本文をまとめますと、以下のようになりました。

 

  1. 「令和の怪物」佐々木朗希のwiki風紹介!
  2. 佐々木朗希の出身地や生い立ちは?
  3. 佐々木朗希選手の出身中学での活躍や驚きのエピソードとは?
  4. 佐々木朗希に彼女はいる?好きなタイプは?
  5. 佐々木朗希が日本球界を飛び越えてメジャーリーグ挑戦が確定!?

 

間違いなく日本の野球界を担っていく怪物投手・佐々木朗希選手に今後おおいに注目していきましょう^^

では、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください