Uru(歌手)のプロフィールや読み方は?本名や経歴と画像も調査してみた!

皆さんは、ドラマ「テセウスの船」の主題歌『あなたがいることで』が記憶に新しい歌手のUruさんについてどれくらいご存じですか?

まず、Uruの読み方はわかりますか?

 

Uruさんといえば、「謎だらけのシンガー」と異名があるほどその実態はベールに包まれています。

今回はUru(歌手)のプロフィールや読み方は?本名や経歴と画像も調査してみた!という事で調べて行きます。

 

Uruさんは、メディア(特にテレビ)への露出が少ない為、顔を知らない方や突然出て来たイメージを持たれてる方も多いと思います。

そこで、歌手のUruさんのこれまでの経歴なども含めたプロフィールを色々と調べて行きましょう!

 

Uru(歌手)のプロフィールや読み方は?経歴も調査してみた!

ドラマ「テセウスの船」の主題歌『あなたがいることで』の大ヒットにより、突然「彗星の如く現れた」ような気がしている方も多いかもしれません。

しかし、私の中のUruさんのイメージはちょっと違います。

 

今回は、Uru(歌手)のプロフィールや読み方は?経歴も調査してみた!という事で、書いていくのですが、実はUruさんは突然現れたアーティストという訳ではありません。

露出が少ないので「謎だらけのシンガー」との異名を持つほどですが、実はUruとしての活動は2013年にスタートし、2016年のメジャーデビューからはすでに4年の月日が経っています。

 

という事で、早速、Uruさんの謎をひとつひとつ解き明かすべく、色々と調べて行きましょう!

 

Uru(歌手)の読み方は?由来はなに?

Uru(歌手)の読み方は?由来はなに?という事で、まずは、「Uru」というアーティスト名に焦点を当てて行きます。

「Uru」は「うる」と読みます。

 

名前の由来となっているのは子ども時代のあだ名という事なので、子ども時代にうるとか「うるちゃん」と呼ばれていたのかもしれませんね。

「Uru」というアーティスト名の由来が子ども時代のあだ名という事はわかりましたが、そのあだ名自体の由来までは残念ながらわかりませんでした。

 

Uruさんの本名に由来するものなのか、それ以外なのかは想像の域を出ません。

個人的な意見ですが、Uruさんの歌声は暑い夏場に浴びるミストシャワーの様な心地よさを感じるので、Uru=潤い的なイメージにもマッチしている名前だなと思いました。

 

Uruと英語表記にした理由は、顔文字としたら目を閉じて歌っている様に見えたからと言う事です。

 

それでは、次はUruさんの本名やプロフィールに注目してみましょう。

 

Uru(歌手)のプロフィールは?本名は発表されてる?

次は、Uru(歌手)のプロフィールは?本名は発表されてる?という事で書いていくのですが、何度も書いちゃいますがUruさんは、「謎だらけのシンガー」です。

という事で、プライベートに関わるプロフィールなど全ての情報を公式的には発表していません

女性って事くらいしかわからないレベルです(笑)

 

ネット上にもプロフィールなど彼女のプライベートに関わる情報は殆どありませんでした。

情報が溢れるネット社会において、芸能界に身を置く方の情報が探してもなかなか見つからないという事は残念ですが、もしかするとそれだけ彼女が堅実に歩んで来たという証なのかもしれません。

悪戯にプライベートを公開する同級生などがいないという事だと思います。

 

よって不確かな情報ではありますが、情報を集めた中でも信ぴょう性が高そうな情報を抜粋して書きたいと思います。

もしかするとそうかもしれない程度で参考にしてもらえたらと思います。

 

Uruのプロフィール

本名:非公開
(別名義がmai Uruなので、名前のどこかにうるが入っているのだと考えられます)

年齢:噂の域を出ませんが、情報を総合すると20代半ば~30代前半という説が濃厚です

出身地:新潟県三条市

「謎だらけのシンガー」を調べてみた結果は、やはり謎めいたままでした。

 

Uruさんの場合は彼女の歌声が名刺代わりみたいなものだと思うので、詳しい事はわからないままで良い気がしてきました(笑)

そこもUruさんをアーティストとして魅力的に魅せる戦略の一つとも思うので、どうせならこのまま徹底的にルーツを明かさない方向で行ってほしいと個人的には思っています。

 

Uru(歌手)の経歴は?


Uruさんは、Uruとして活動する以前にもアマチュアでアーティスト活動を行っていましたが、その事については後ほど書かせて頂くとして、Uru(歌手)の経歴は?という事で、Uruとしての活動について書いて行きます。

 

Uruさんは、2013年より自身のYouTubeチャンネルにおいてJ-POPを中心に有名アーティストの楽曲のカバー配信を行っていました。

荒井由実さん(ユーミン)のひこうき雲を皮切りに、様々なアーティストの曲をカバーし、彼女の唯一無二のクリスタルボイスは当時から話題となりました。

 

現在、YouTube上で活動するアーティストは現代版ストリートミュージシャンと呼ばれたりして、まだデビューしていないアーティストやボカロ系なども含め、素敵な活動の場となっています。

新しいアーティストに出会える場なので、興味のある方は是非、チェックしてみて下さい。

 

Uruさんの場合は配信の仕方も計算しつくされている気がします。

映像もモノクロで半分顔を隠した状態の歌唱シーンのみという一貫したスタイルです。

バックにキャンドルを灯したりしてシンプルながらも雰囲気もあり、ある意味ミステリアスで歌以外の余計な情報は一切なく、自然に引き込まれてしまう感じですね。

 

デビュー以前に既に100本ほどの映像をアップし、チャンネル登録者数も2016年の6月頃で14万人を突破していました。(2020年6月現在の登録者数は50万人を超えています)

Uruさんの更に凄いところは、演奏、アレンジからプログラミング、そして撮影から編集までを、全てを一人で熟されていたところです。

 

楽曲のアレンジの仕方も、さり気なくオリジナリティ溢れる手法を用いていて実に興味深いです。

 

様々なアーティストの楽曲をカバーした動画は現在でも視聴する事が可能ですが、デビューのきっかけとなったのもこのYouTubeの動画を観た今の所属事務所からのスカウトでした。

2016年に、有村架純さん主演の映画『夏美のホタル』の主題歌「星の中の君」でメジャーデビューを果たしました。

 

デビュー後、順調にアーティスト活動を続けるUruさんの楽曲はタイアップの曲が殆どで、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の「フリージア」や『コウノドリ 命についてのすべてのこと 』第2シリーズの「奇蹟」も担当していました。

 

 

『コウノドリ 命についてのすべてのこと 』の「奇蹟」や『テセウスの船』の「あなたがいることで」は、Uruさんが作品に寄り添って書き下ろした楽曲という事で、ドラマとのシンクロ具合も絶妙でしたよね。

もはや、曲を聴くとシーンを思い出せるレベルです。

 

Uru(歌手)が顔出しない理由は?画像はある?


次は、Uru(歌手)が顔出しない理由は?画像はある?という事で書いて行くのですが、結論から言えば顔は出していない訳ではありません

顔はわかっていますが、露出量が極端に少ないアーティストという事だと思います。

Uruさんとは理由は違いますが、ベテランの竹内まりあさんもそういったアーティストの1人です。

 

トーク番組やトークがある音楽番組にも殆ど出演する事がないので、本人が自分についてや私生活について語る事がほぼありません。

だからこそ、謎に包まれているのですが、アーティストなのでそれで全然構わないと思います。

 

ただ、Uruさんの書き下ろす楽曲はとても素敵なので、その曲に込められた背景やエピソードなど語ってくれる場があると良いですね。

Uruさんの会員制ファンクラブ「SABACAN」では、日記を更新している様なので曲に纏わるエピソードなども綴られているのかもしれません。

 

Uru(歌手)が顔出ししない理由は?ライブ中も隠しているわけは?

Uruさんの生歌、機会があったら是非是非聴いてみたいですね!

Uruさんの実態は、ベールに包まれていますがLIVE中のUruさんもどうやら本当にベールに包まれている様です。

 

というわけで、Uru(歌手)が顔出ししない理由は?ライブ中も隠しているわけは?という事で調べて行きます。

これまでテレビ出演がなかったUruさんですが、今年に入りCOUNT DOWN TVミュージックステーションに生出演しています。

 

COUNT DOWN TVに出演した際には、今までテレビ番組に出ていなかった理由として「自分の性格や性質上、こういった華やかな場所にはそぐわない」というコメントを残しました。

このコメントを口にしたUruさんは、声も震えとても緊張している様でした。

 

この時の姿からパニック障害かもしれないとネット上で話題にもなりましたが、あくまでも誰かの推測にすぎません。

個人的には本当にパニック障害だった場合は、わざわざ満を持してテレビ出演はしないのではないかと思います。

 

ひょっとするとパニック障害だった事もあったのかもしれませんが、今は克服されて表舞台にも立てているのではないでしょうか。

自らテレビに出演している事を考えると、極度の緊張症はあるのかもしれません。

大勢の前でステージに立つ事って、やはり緊張から足が震えたりしたりしますもんね。

 

ライブ中も顔を見せないという事ではなく、客席との間にベールを垂らして視界を遮っています。

客席を見えなくする事で、Uruさん自身の緊張が和らぎ気持ちが楽になるのかもしれません。

ベールは、Uruさんにとって生ライブを行う為のシールドであり、結果として素敵な演出にも繋がっていると思います。

 

あくまでも私の想像になりますが、極度の緊張症でありながらも生ライブを行うのは、自分の歌を直接届ける事で、誰かを癒したり救いたいという気持ちの表れなのかもしれません。

 

上の経歴の欄でUruさんがスキマスイッチさんについて語っているTwitterを貼らせてもらったのですが、Uruさんがスキマスイッチさんに元気を貰った様に、Uruさん自身もそういう存在でいたいのかもしれませんね。

 

Uru(歌手)の顔画像はある?


次にUru(歌手)の顔画像はある?という事で書いて行きます。

露出が多いアーティストではないので、ナチュラルなショットやカメラ目線のショットの画像はありません。

上のTwitterにある画像は、Uruさんの公式サイトのトップページにある画像と同じものです。

 

Uruさんはデビュー前のYouTubeでも顔は殆ど見えていない状態での出演でした。

全く顔を出さない訳ではないので、基本的に、人前に出る事が苦手なのではないかと思います。

 

人前に出る為に、まるで鎧を着る様に派手なメイクや衣装に身を包み、別人の様に振舞う人もいますし、そのスタイルは人によって千差万別ですが、Uruさんはそういうタイプではなさそうですね。

画像からは、とてもナチュラルな印象を受けます。

では、次はUruさんが美人なのか?という事について検証していきます。

 

Uru(歌手)はかわいい?美人?みんなの口コミまとめ!

それでは、Uru(歌手)はかわいい?美人?みんなの口コミまとめ!という事で書いて行くのですが、上記の動画はUruとして活動する以前に、バンド活動をされていた時のUruさんの動画です。

「JUNO CLOVER(ジュノクローバー)」というアコースティックギター&キーボード&ボーカルという3ピーズバンドで地元の新潟で活動されていた様です。

 

今とは、ちょっと雰囲気が違いますね。

今の方が痩せている感じもしますし、トークシーンも今ほど緊張してない様な気もします。

でも、ボーカルの声は現在のUruさんと同じですし、この頃も歌上手いですよね!

オリジナルの「アネモネ」という楽曲も静かに心に染み入る素敵な曲です。

 

Uruさんの容姿については、凄く目立つタイプのベッピンさんという訳ではありませんが「きれい」か「かわいい」という言葉で形容するならば「きれい」タイプではないでしょうか?

では、ネット上のUruさんの容姿に関する口コミを見て行きましょう。

 

ファンの方々のコメントは、「声がキレイ」「美人」という言葉は多かったです。

容姿に関して否定的な書き込みは見つけられませんでした。

 

以上の事から、Uruさんは美人という事で良いと思います。

 

Uru(歌手)のプロフィールや読み方は?本名や経歴と画像も調査してみた!まとめ

最後に、Uru(歌手)のプロフィールや読み方は?本名や経歴と画像も調査してみた!まとめという事で書いて行くのですが、少しでもUru(うる)さんの事知って頂けましたか?

 

私自身は、「フリージア」を聴いた時に、ガンダムらしからぬ曲・・・しかも、歌声超キレイと思ってUruさんに興味を持ちました。

今回、Uruさんのプロフィールや経歴などを調べながら、改めて魅力ある歌手だなと思いました。

 

残念ながらUruさんの本名はわかりませんでしたが、顔出しがNGという事ではないですし、今後露出する事も増えるかもしれません。

これからもUruさんに注目し、何か新しい発見があったら追記していこうと思います。

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

9 − 8 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください