BG身辺警護人ネタバレ1話〜全話(最終回)あらすじから視聴率まで一挙まとめ!

木村拓哉主演でヒットした『BG~身辺警護人~』が『BG~身辺警護人~』として、初回はなんと拡大スペシャルで放送決定!

 

今回は期待大のドラマ『BG~身辺警護人~』1話から最終回までネタバレあらすじをご紹介しながら、気になる視聴率についても調査しまとめていきたいと思います!

題して『BG身辺警護人ネタバレ1話〜全話(最終回)あらすじから視聴率まで一挙まとめ!』

では、早速見ていきましょう!

\「BG身辺警護人2020」無料視聴はこちら/

☑TSUTAYA DISCASで前作「BG身辺警護人」も無料視聴できる!

↑↑☑30日間以内での解約は無料(2,417円(税抜)➡0円)です↑↑

目次

『BG~身辺警護人~』基本情報一覧

作品情報
  • 作品タイトル名:BG~身辺警護人~
  • ドラマジャンル:刑事ドラマ
  • 公式HP:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/
  • ドラマ公式Twitter:https://twitter.com/bg_tvasahi
  • ドラマ公式Instagram:
  • 放送局:テレビ朝日
  • 放送開始日:2020年6月18日
  • 放送日時:毎週木曜日21時

 

製作スタッフ

  • 監督:常廣丈太 七髙剛
  • 脚本:井上由美子
  • プロデューサー:川島誠史 秋山貴人 浜田壮瑛 山本喜彦 田上リサ
  • 音楽:髙見優
  • 製作:テレビ朝日

 

登場人物・出演キャスト

島崎章(しまざき あきら)
演 – 木村拓哉
元交通誘導警備課。かつては神と呼ばれたプロサッカー選手・河野純也のボディーガード。
空港での事故の際、クライアントの河野よりとっさに子供の救助を優先させてしまう。
その結果河野はサッカー選手の命である足を負傷、引退することになった
その責任をとる形でボディーガードを辞職。
「日の出警備保障」から「KICKS(キックス)ガード」に変わったあとも身辺警護課で働く。
利益優先でVIPの依頼しか受けない経営方針に納得はいかないもののそれに甘んじていた。
しかし「弱き者の盾になる」というポリシーを貫くためフリーのボディガードとして再出発する。

高梨雅也(たかなし まさや)
演 – 斎藤工
元現金輸送警備課。元自衛官で山岳訓練中に後輩を守れなかったことに責任を感じ除隊。辞職。
「日ノ出警備保障」から「KICKS(キックス)ガード」に変わったあとも身辺警護課で島崎と共に働く。
相変わらずぶっきらぼうで島崎に対する対抗心がむき出しだが、ボディーガードという職には本気で取り組んでいる。
「KICKSガード」の菅沼まゆとは現在、恋人関係…!?

菅沼まゆ(すがぬま まゆ)
演 – 菜々緒
元保安警備課。運動神経抜群。「日ノ出警備保障」から「KICKS(キックス)ガード」に変わったあとも身辺警護課で島崎と共に働く。「経済的な理由がなければボディーガードなんかやってない」と言い切る。仕事はお金のためと割り切っている。KICKSガードの方針にも心から同意しているわけではないが、気持ちを切り替えて従っている。やがてその働きぶりが社長・劉光明の目に留まる…!?

沢口正太郎(さわぐち せいたろう)
演 – 間宮祥太朗
元危機管理課。「日ノ出警備保障」から「KICKS(キックス)ガード」に変わったあとも身辺警護課で島崎と共に働く。
かつてはド素人だった沢口も今は一人前のボディーガードに成長した。

小俣健三(おまた けんぞう)
演 – 勝村政信
「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長。警視庁・警護課出身。亡くなった村田の後任として、身辺警護課長に就任した。
村田はそれぞれの個性を尊重していたが、こちらはシビアな組織力で警護するという考えの持ち主。

劉光明(りゅう・こうめい)
演 – 仲村トオル
IT系総合企業「KICKS CORP.」の社長。
あることをきっかけに警備業界に目をつけ「日ノ出警備保障」を買収、「KICKS(キックス)ガード」を設立。ずば抜けた経営手腕を発揮する。VIPの依頼しか受けないことがボディガードの地位を確立し利益を産むと考えている。「KICKS(キックス)ガード」を抜けた島崎たちをよくは思っていない。何かを企んでいる。

島崎瞬(しまざき しゅん)
演 – 田中奏生
島崎と仁美との息子。中学生。母の再婚生活を邪魔したくないという名目で島崎の家に転がり込む。サッカーが好きで、島崎がいつも見ているニュース番組のアナウンサー太田詩織に憧れている。

 

『BG~身辺警護人~』公式動画と見どころ!

「クビになる」
主人公がいきなりクビ!?初回から気になる展開ですね
「あのボディーガードが帰ってくる」かと思ったらなんと「クビ」でした。
初回拡大版が楽しみです。

「依頼があれば悪でも守る!」しびれます!

 

『BG〜身辺警護人〜』のあらすじ~イントロダクション~

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)高梨雅也(斎藤工)菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。
その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!
翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、反射的に彼を護りたい気持ちに駆られるのだが…。
ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに! ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?

引用:https://www.tv-asahi.co.jp

『BG〜身辺警護人〜』1話からわくわくするあらすじですね。

最終回まで目が離せないこと間違いなし!

 

主役なので見過ごしがちですがキムタク演じる島崎って結構無茶ですよね。

『BG〜身辺警護人〜』も理由はどうあれ1話いきなり退社って・・。(笑)

 

『BG~身辺警護人~』のラスト最終回を予想してみた!

キムタク主演のドラマでよくあるパターンとして最初敵対していた人と最終的にはわかりあえて仲間になるというもの。

 

そういう観点から今回少しダークなイメージでスタートする仲村トオル演じる劉光明とこれからどういう争いをしてどんなふうに和解していくのかが見どころかなと思います。

前回はその役どころだったSPの落合(江口洋介)は『BG~身辺警護人~』での出演はないようです。残念。

 

今回『BG~身辺警護人~』仲間と離れて個人で警護をするというスタートですが、心はつながっているようですね。

 

最終的には仲間とともに新しい警備会社を立ち上げるとか、劉光明から会社を譲り受けるとかそんな展開になりそうな気がしています。

さぁ、どうなるのでしょうか?

 

『BG~身辺警護人~』の全話視聴率

『BG~身辺警護人~』の1話から最終話までの全話の視聴率は放送終了後に追記していきます。

放送回視聴率放送日(毎週木曜日)
1話17.0%6月18日
2話14.8%6月25日
3話7月2日
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話
最終回(予想)

※上記情報はビデオリサーチ・タイムシフト視聴率【関東地区】にて発表

 

『BG~身辺警護人~』ネタバレあらすじや感想をご紹介!

これまでに放送された『BG~身辺警護人~』各放送回についてのネタバレあらすじや感想を放送終了後から出来るだけ早くご紹介していきます!

 

番組放送をまだ見てない方にとっては完全なネタバレとなりますので、観覧にご注意ください!

第1話のネタバレあらすじ!

島崎会社を退職へ!

今こそ護る人間が求められているー

待ちに待ったBGの続編はそんなコメントで始まりました。

そして警護に就く身辺警護課の島崎たちの姿が…

 

警護の場で負傷した島崎ですが、警護対象である議員の名誉のために被害届は出せず。

不満げな島崎のもとに一通の手紙が。

刑務所に服役中の松野信介から出所時に警護して欲しいというものでしたが、会社の方針はVIPしか警護しないというものでもちろん反対されるのです。

島崎は刑務所に出向き松野へ警護できない旨を伝えます。

 

「KICKS CORP.」に買収された日出警備保障ですが、以前とは全く違う会社の方針に島崎だけではなく、仲間たちもそれぞれの不満をかかえている様子。

そんな中やはり納得のいかない島崎は社長に直談判しますが聞き入れてもらえず…

その帰りに島崎の負傷の原因となった暴行犯を見かけ衝撃の真実、暴行事件は「KICKS CORP.」社長が仕組んだやらせであったことを聞かされるのです。

 

会社の宣伝のために暴行事件をでっち上げる新社長を許せない島崎。

再び社長のもとへ向かいその結果、島崎は会社をクビに!というか自ら退職します!

 

フリーになった島崎の単独任務!

退職した翌日、一緒に暮らす息子にその事実を伝えます。

フリーでボディーガードをやっていくようで心配はないと名刺を手渡します。

そしてフリーになった島崎は刑期満了し出所した松野を警護しに行きます。

迷惑をかけた教授に謝罪するために研究室まで松野を送り届けるというのが任務です。

 

時を同じくして島崎の仲間たちはVIPの警護へ。

島崎が抜けた後、リーダーは女性の菅沼が抜擢されることに。

島崎の辞めた理由は聞かせれていない様子で憶測が広がっていました。

単独警護を行う島崎は早々と記者に嗅ぎつけられるなど前途多難。

 

島崎の退職が納得いかない元同僚の高梨は島崎の息子に接触します。

そこで島崎がフリーでボディーガードを行っていることを聞かされます。

 

松野の犯罪が事故であったのかどうかを聞き出し説明を受けていると、被害者の弟が襲撃…

そして、島崎のピンチに高梨登場!!

 

2人体制で警備!

「誤差なし!」

松野さんを島崎と高梨コンビで大学の研究室まで送り届けることに。

大学ではどこから聞きつけたのか記者が押しかけていました。

そこで島崎はマスコミにリークしたのは松野さん本人だと詰め寄ります。

 

松野さんさえすべてを話してくれたら守り抜くと伝えますが、松野さんは勝手に研究室に向かってしまいます。

研究室で松野さんは自分の犯罪だと言われている事故は教授の犯罪だったと告発します。

その告発を受けて教授は自死を選ぼうと島崎と松野さんを道連れに…

 

そんなピンチにもやはり高梨登場!!!

無事に助け出された3人、教授は出頭し島崎は任務終了へ。松野さんに感謝されます。

 

高梨と菅沼が実は付き合っていたとわかったところでおしまい。

 

第1話の感想は?

待っていました!

ストーリーやキャスト設定もアクションもすべてにおいて文句なしのドラマ『BG』の新作ということで、心待ちにしていました!

最初からテレビにくぎ付け。第1話から何回でも見たくなる面白さでした。

 

島崎がクビというか退社した時はこれからどうするの?と思いましたが、まさかのフリーでボディーガード!その発想はありませんでしたね。

何気にシンプルな縦書きの名刺がかっこよくて、名刺交換して欲しくなりました。笑

 

テンポのいいドラマなので放送時間があっという間に終わってしまいます。

見終わった直後からすでに次が見たい!気になる!といった感じです。中毒性のあるドラマですね。

 

かっこ良すぎる!!!

主役の木村拓哉さんはもちろんですが、斎藤工さんがかっこ良すぎます。

そこで登場する?っていう役柄はかっこ良さに拍車をかけていてずるいとすら思えました。

しかもあの不器用な感じの性格がたまらなくいいんです。

 

木村拓哉さんはアクションが良いですよね。

年齢を感じさせない若々しさはさすがといったところですし、前作より若返った?と思えるほど。

 

まさか高梨と菅沼が付き合っているとは思わなかったので、面白い展開になってきたなとも感じました。

お似合いすぎて、なんだか嬉しくもなりました。

これから二人の関係がどうなっていくのか恋愛要素的な部分も楽しみです。

 

第1話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

紹介しきれないのが残念なぐらい、面白かったの声にあふれていました!

『BG身辺警護人』は前作に負けないぐらいというか前作以上の面白い作品になる予感がしています。

 

また木村拓哉さんや斎藤工さんのかっこよさにもたくさんの声が集まっていたのも見逃せない点です。

同じように感じた方が多くて嬉しくなりました!

次回放送も心待ちにしたいと思います。

 

第2話のネタバレあらすじ!

今回の警護依頼は全盲ピアニスト!

「KICKS CORP.」にはもう居場所がないし、私設ボディガードとなった島崎の事務所に入るという高梨を島崎が窘めているところから始まります。

雇う余裕もないというのも島崎の本心のようですが。

 

島崎は息子の瞬に今後を心配しなくてもいいと改めて伝えるのですが、瞬は高梨が結構気に入っている様子な上に親の気持ち子知らずといった具合。

 

時を同じくして「KICKS CORP.」のメンバーは盲目のピアニスト守尾恵麻の身辺警護にあたっていましたが、問題があるようで…

元同僚の沢口がその守尾恵麻の警護の仕事を島崎に持ってきます。

「KICKS CORP.」が下りた仕事で、他にどこも受けないからどうかといった訳ありの仕事のようです。

 

島崎はクライアントに会いに行き警護を辞退した理由も含め仕事内容を聞きます。

今回は守尾恵麻を守尾恵麻自身から守って欲しいという依頼のようです。

自殺に近い行動を起こすようで、それが原因で他の会社からは警護を断られているようです。

 

ですが、島崎そして無理やりついてきた高梨はこの警護依頼を受けることに。

 

狙われるピアニスト!

「KICKS CORP.」では守尾恵麻の警護を下りたことで菅沼が社長に食ってかかっています。

しかし社長は聞く耳を持たない様子で、危険のある仕事は下請けに任せておけば良いというのです。

 

守尾恵麻は島崎と高梨が警護に就くことも意にそぐわず毛嫌いしています。

ただ、島崎が的確な警護を行うことから少し認めるそぶりも。

警護の過程でわかることですが守尾恵麻は周りから疎まれていて、本人もそれは良くわかっているようです。

そんな恵麻が突如渋谷に行きたいと言い出します。

 

渋谷で服を買った後にステーキが食べたいと思い出のレストランに。

警備する高梨に菅沼から電話がかかってきます。

恵麻はお姉さんとの関係に何かある、コンクールに出るつもりはないと思うと教えられます。

 

恵麻は社長であるお姉さんとの信頼関係はないと断言します。

全盲であることを前面に押し出すマネジメントに不満があることも島崎たちに打ち明けます。

 

その後レストランから出た恵麻が何者かに狙われる事態に!

パチンコ玉のようなもので狙われるのですが、島崎が全力で守り、そして高梨は犯人を確保!犯人は恵麻の元指導者でした…

 

名コンビ誕生!

狙われた恵麻に怪我はなく島崎も打撲程度で済みましたが、恵麻はコンクールには出ないと。

犯人のさくらいは逆恨みで恵麻を狙ったようなので、自分がピアノを弾くと誰かが不幸になると言います。

そんな恵麻を島崎はどこかに連れ出し、高梨も行方がわからない様子。

 

島崎は恵麻をとある協会へ…そこは恵麻がピアノを始めた場所でした。

島崎はそこにお姉さんも呼び出します。

恵麻はお姉さんが社長を退くならコンクールに出ると交換条件を出します。

 

もう自分の為に働くのは止めて欲しいと訴えます。

自身の為に幸せになって欲しいというのが恵麻の本心のようです。

ただ、お姉さんも本気で恵麻のことを想っていると。

協会のピアノで連弾をし打ち解け合う姉妹。

 

恵麻はコンクールに向けて出発するのですが、最後に島崎にお礼を言います。

どうやら最後に心を許したようで…そしてお姉さんからは島崎と高梨はお似合いだと言われます。

そんな島崎と高梨は正式にコンビを組むことになったので、島崎がKICKSを辞めた理由を話します。

恵麻が立ち寄ったレストランに例の男がいたことも。

 

時を同じく沢口はKICKS社長の婚約者が強盗に殺害された過去があることを突き止めていました。

また、菅沼はそんな訳あり社長に役員に誘われ口説かれてもいるようです。

 

第2話の感想は?

川栄李奈の演技がうまい!

今回のゲスト出演者川栄李奈さんの演技のうまさに感動しました!

全盲のピアニストという難しい役柄でしたが、見事に演じ切ったという印象でした。

見えないという演技が違和感なくとてもうまかったと思います。

わがままし放題の性格の悪さもうまく演じていて素晴らしかったです。

 

ベテラン俳優女優さんの中、演技のうまさが目立っていました!

アイドルから女優に転身した彼女のこれからが楽しみだなと改めて思いました。

 

息ピッタリすぎる名コンビ!

今回も島崎と高梨の息の合った警護にしびれました!

恵麻が襲われたシーンの二人はどちらもかっこよく、甲乙つけがたかったですね。

しかもなんせ息がぴったり!!

恵麻のお姉さんにも最後言われますが、本当にお似合いのコンビだと思います。

 

会社を辞めて2人きりの警護なので、より一層息のピッタリさが際立っていて今後の警護の様子が楽しみです。

2人ならどんな難しい場面も切り抜けられそうに思います。

 

また、時に言い合いする2人も面白く好きです。

今回は高梨がまさかのピアノ経験者で笑いました。

そんな小ネタを次回からも期待します。

 

第2話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

今回もかっこよかったという声が多数ありました!

また川栄李奈さんに注目されていた方も多かったようで、やっぱりな!って思っちゃいました。笑

3話も目が離せない展開になりそうで楽しみです。

 

ここに中の本文を。

第3話のネタバレあらすじ!

悪人を護ることに…

今回の島崎への依頼は投資詐欺の疑いのある人物。

不起訴になったものの詐欺で儲けたお金を政治家に流した疑惑も浮上しているいわゆる悪党です。

その道岡三郎が入院している縁で、島崎のかかりつけ医の笠松多佳子先生が依頼を持ち掛けます。

 

被害者を挑発したことでアキレス断裂した道岡を手術することになったのが笠松先生なんですが、話題になっている道岡なだけに病院側が尻込み。

また襲われたら病院の評判も落ちることに…

そこで無事手術が終わり退院するまでの間、道岡を警護して欲しいと言います。

道岡自らが詐欺被害者を挑発し怪我をした経緯から、大手警備会社には依頼を断られたとのことです。

 

道岡のもとへ行こうとする島崎と高梨の前に菅沼が現れ「道岡の警護は辞めた方がいい」と忠告します。

KICKSも問題があるから断ったのだと。

しかし、別れた女のいうことは聞かないと素直になれない高梨です。

 

道岡に対面した島崎と高梨。

自分は色んな人間に恨まれているから覚悟しておけといった類のことを言われます。

また、費用は最低限しか払わないとも。

 

傍若無人ぶりな道岡に周りも辟易している様子ですが、それぞれが自身の仕事を全うしようとしています。

そんな中、道岡の手術が翌日19時からに決まりますが、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する。」といった脅迫状が届いたことで病院長が道岡の治療を止めようと言い出します。

それに島崎は反論。道岡の入院が外部に漏れたということは治療を拒否したことも漏れるのでは?と。それは病院にとってマイナスになる可能性があると示唆します。

 

先生がピンチ!

道岡の病室に「スズキ」と名乗る男が来室。

道岡はその男を知っている様子で高梨に席を外すよう命じます。

「先生はあなたのことを一切存じ上げません。」と道岡と懇意にあった政治家の意向を伝えに来たようです。

そのスズキが暴れ出し、高梨が反撃し、その高梨を島崎が抑えます。

 

道岡は思った通り悪党だと、このまま警護していいのかと、高梨は島崎に聞きます。

しかし島崎は一度引き受けた警護は投げ出したくないと。

 

そして手術当日。

道岡の執刀医笠松先生が何者かに襲われます。

病院側は行方の分からない笠松先生を準備が遅れていると道岡に伝えますが、それを怪しんだ島崎。

笠松先生間一髪のところで島崎に助けられます。

 

島崎が笠松先生を助けたことにより、手術は無事に始まります。

その手術中に元同僚沢口から島崎に電話がかかります。

内容は島崎が会社を辞めた理由が知りたいといったものでしたが、上司に島崎との電話を見つかり切られてしまいます。

電話を切られる前に沢口は道岡にはまだ何かあると思うので調べてみるとも話していました。

 

無事手術は終わりますが、秘書が道岡に邪険に扱われる様子を見た高梨は秘書が怪しくないかと島崎に言います。

時を同じくしてコソコソと道岡について調べていた沢口のもとに菅沼という協力者が。

だが、協力は今回が最後にしなさいと忠告。

 

道岡の今一番欲しいモノ

道岡は秘書に「一番欲しいものを持ってこい」と命令しますが、それを聞いていた島崎が秘書を追いかけ話を聞くことに。

道岡のセミナーに行き人生が変わったという秘書は「後悔はしていない」と言い残し事務所に帰っていきました。

そこに何やら資料を持って現れた沢口。

沢口の資料で道岡の作業療法士湯川が道岡の詐欺の被害者家族だと判明。

 

湯川が怪しいとわかったところで警備に駆け付けた島崎。

病院内でドリンク販売をしていた女性も詐欺被害者の家族だったようで駆け付け湯川に加担します。

道岡は湯川が被害者家族だと最初から分かっていたとのことです。

湯川にナイフを突きつけられても怯むことなく悪態づく道岡。

 

そこに投資詐欺の証拠を持って現れた道岡の秘書。

社長の今一番欲しいモノは投資詐欺の証拠だと言います。

そして秘書は詐欺被害者の家族に謝罪し、道岡は島崎たちに警察署まで送って欲しいと。

 

道岡の件はめでたしでしたが、最後にKICKS社長と対峙した島崎。

島崎はボディーガードを危険にさらすことは2度とするな!と社長に改めて忠告したのです。

 

第3話の感想は?

恋愛事情が気になる!

個人的に高梨と菅沼の関係が毎回気になっています。

別れたといっていますが、お互いまだ気になっている様子が面白く目が離せません。

どちらも素直ではない性格なのですれ違っている感じがいじらしく気になってしまいます。

まさかこの2人がくっついているとは思いませんでしたが、この先2人の関係がどうなるのか楽しみです。

 

また、島崎と笠松先生もお似合いだと思うのですが、この2人の進展も期待してしまします。

前作では政治家先生といい感じだった島崎ですが、先生と言われる職業に弱いのか?と勝手に思い笑っています。笑

 

恋愛ドラマではないので恋愛要素はさらっとしか描かれていませんが、そこが逆に想像で楽しめ面白いです。

今後キャストの恋愛事情がどんな風に描かれていくのかも楽しみです。

 

根っからの悪人はいない?

今回は悪人の警備でしたが、最終的には道岡が改心?したように見えました。

警察に自ら出頭したということはそういうことだと思っています。

 

悪人っぽく見えるKICKS社長も過去の出来事が彼の考えをゆがめているだけで、根っからの悪人ではない?と思っています。

次回あたりから社長の過去も出てきそうなので、どういう風にストーリーが進んでいくのかとても楽しみにしています。

 

最終的には島崎や高梨がKICKS社長と和解することを期待していますが、どうなるのでしょうか。

先の読めない「BG~身辺警護人~」今後の放送も必ず見たいです。

 

第3話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

サギの罪で捕まって解放された道岡を病院で警護する依頼ですね。
前の職場のキックスも断った危険な案件です。笠松の頼みとはいえ厄介ですよね。
しかも手術の当日に今度は担当する笠松自身が襲われてしまいが、笠松を守った島崎はかっこよかったですね。
手術は無事に終わってとりあえずはホッとしました。
秘書が今までの不正を持ってきて道岡と自分の不正をあやまりましたね。
道岡も全ての財産を投げ打って償うことで、心が救われるといいな。40代女性

「生きる為に嘘覚えて、そうやって生きていくもんだ」と投資詐欺の大物。
その悪そうな犯人が自ら警察署に出頭し、秘書に「俺が今一番欲しいものをここに持って来い‼︎」と。それが、詐欺の証拠だったらしいのです。
このシナリオは、17~18年ぐらい前のドラマで見た話で「いいぞ!いいぞ!」と思いましたね。
あまりに過激化し過ぎた事件ばかりの今のテレビで、力強く、ボディガードを務める島崎章(木村拓哉)。身のこなしは堅く、柔らかな空間を跳ぶように力強く。職業能力一つで、切り開くBGの道、頼もしい。40代男性

今回は整形外科医多佳子から極秘に入院している実業家道岡の警備以来が入りますが投資詐欺で大勢の被害者を出した道岡ですが、不起訴となり釈放されたものの詐欺被害者と揉み合い負傷します。
道岡は潔く、警察に自首します。
島崎は上司にボディガードとして戻ってこないかと言われますが、今のままでよいと言い切ります。こういう形のとらない正義感がとても良いなあと感じました。
評価は十点中、7点で確かにスリルがところがあり、楽しませてくれますが、前シリーズよりはストーリー性は残念ながらないです。50代女性

緊張の連続でした。
島崎親子の団欒シーンはほのぼのとしてましたが、悪役投資家・道岡三郎を演じた豊原功補は、めちゃめちゃハマリ役で、いつ、何が起こるか、分からないとてもスリリングでした。
迫力満点だったのは、笠松先生が襲われたシーンで一体誰が⁉と、予想がつきませんでした。
あと、感動したシーンは、やっぱりラストシーンの道岡社長の警護のお礼を言ったところでした。「ありがとう。俺の野心を守ってくれて•••。」全てが報われた気がしました。
何かめちゃめちゃ格好良かったです。凄く、見応えありました。50代男性

キムタク。今だ主役をやれる。年を感じる所も、渋さと熟練しか出せない雰囲気です。
そして対抗馬に仲村トオル。工藤巧のがっちりとしたボディーガードらしいボディと寡黙さ。
間宮さんの爽やかすぎるイケメンと、菜々緒さんの隙の無い都会的さ。勝村さんの渋い演技。
市川さんの自然体の演技力。
キャストが豪華でカッコ良くて、前作見ていなくてもキムタクと仲村トオルの確執が演技から伝わってきます。
毎回ゲストの豊原さんの存在感。悪に悪を重ね手を引けなくなった役どころ光っていました。キムタクと市川さんのこれから・・楽しみです。50代女性

今回の話は時間が、あっという間に過ぎたように早く感じました。
投資家の道岡は本当にムカつくやつでしたが最後にはちゃんと警察に出頭して罪を認めた姿はすごく良かったです。
屋上で道岡はリハビリ講師から襲われるのですが、あの場面は絶対に高梨が悪いと思いました。
もしかしたら道岡はあっさり殺されていたかと思うとすごくゾッとします。
でも普通に道岡は一思いに殺せとか言っていたので驚きでした。30代男性

今回の警護は、数々の投資詐欺を行っていた実業家の道岡という悪党で、KICKSも断っていた人物でした。
高梨と島崎は警護に対して意見がぶつかるが、意地ではなく一度守ると決めたクライアントは守り通すという島崎の信念を知り、バディーとしてより理解を深めていくふたりの姿が良かったです。
現在、KICKSに残る二人も影でサポートをして未だ日出警備保障のチームワークを感じられるところもみどころでした。
島崎が辞めた本当の依頼をいつ知るのだろうか、また知った時にどう展開していくのか、次回以降の展開に期待しています。20代女性

今回の警護の依頼人は投資家の道岡三郎。投資詐欺で逮捕されているのですが、この人がやたらと被害者を挑発するのです。
被害者から命を狙われているのに挑発をするもんだから、誰も警護を受け入れず、島崎のもとに依頼が来ます。
警護は進んでいのですが、そこら辺に被害者の関係者が登場します。
そこら辺で命を狙われ最終的に道岡は誰かに止めてほしかったと自首します。
その移動中、島崎たちを尾行している男の姿が…。
大きなストーリーで動くkicksと島崎の関係はどうなるのか。次回も楽しみです。20代男性

様々な感想が聞こえてきますが、その中にはキャスト俳優陣に対するコメントも見られます。

私も感じたことですが、キムタクを始めとしたキャストの面々がとにかくかっこいいです。

また、今回のストーリーの最後、道岡の清さが良かったという声も共感です。

では次回放送も楽しみにしておきたいと思います。

 

第4話のネタバレあらすじ!

まだ放送されておりません。

ドラマ放送後にご紹介してきます。

 

第4話の感想は?

まだ放送されておりません。

ドラマ放送後にご紹介してきます。

 

第4話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

まだ放送されておりません。

ドラマ放送後にご紹介してきます。

 

 

 

「BG~身辺警護人~ 」ネタバレ1話〜全話(最終回)までのあらすじから視聴率まで一挙まとめ!

今回は『BG~身辺警護人~ 』ネタバレ1話~ラスト最終回のあらすじから視聴率まで一挙ご紹介!と題して、『BG~身辺警護人~ 』1話から最終回までネタバレあらすじや気になる視聴率や感想についてリサーチ!

 

キムタクのドラマはパターンは似通っていますが、どれも人間の奥底に眠る正義感とか美しい心を震わせてくれます。

『BG~身辺警護人~ 』1話から最終回までの視聴率や感想については放送終了後に追記していくのでお待ちください。

\「BG身辺警護人2020」無料視聴はこちら/

☑TSUTAYA DISCASで前作「BG身辺警護人」も無料視聴できる!

↑↑☑30日間以内での解約は無料(2,417円(税抜)➡0円)です↑↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー