【エンガブ】カミュの本名や出身は?経歴もすごかった!

2020年もYouTuberがアツい!!

トークだけでなく歌やダンスでも視聴者を魅了するオネェ3人組YouTuerエンヴィガブリエラ(通称:エンガブ)が今、「面白い!」と多くの人からの注目を集めています。

まるでゲイバーに居るみたいな楽しい気持ちになれる動画なんですよ(笑)

 

今回はエンガブのメンバーの一人であるカミュの本名や出身について注目。

「【エンガブ】カミュの本名や出身は?経歴もすごかった!」についてまとめていきます!

 

【エンガブ】カミュの本名は?

出典:https://twitter.com/

エンヴィガブリエラ(通称:エンガブ)は❝オネエによる総合エンターテイメント❞をコンセプトに活動しているオネェ3人組YouTuberです。

ノリノリでキレキレのダンス、そして楽しいトークが魅力となっています。

 

2019年にはシングルをリリースするなどYouTuberだけでなく多方面で活躍しています。

 

メンバーはヒデキズム、タカッシー、カミュの3人。

今回はエンガブカミュについて注目!まずは本名を調査していきましょう。

 

調査した結果、カミュの本名は上坂裕二(うえさかゆうじ)であるとのことです。

苗字の上坂(うえさか)を上坂(かみさか)と違う読み方をしてカミュと名付けたのでしょうか?

 

【エンガブ】カミュの出身は?

エンガブのカミュの本名が明らかになりました!

続いて調査していくのは、カミュの出身地についてです。

 

カミュの出身地について調査してみたところ、青森県出身であるとのことです。

 

津軽美人という言葉があることをご存知でしょうか。

青森県出身の女性は色白美人が多く、津軽美人と言われることがあります。

青森県出身のカミュも色白美人で津軽美人ですよね(笑)

 

【エンガブ】の経歴もまとめてみた!

では最後に、エンガブのカミュの経歴をまとめていきます。

 

カミュは高校生まで地元の青森県で過ごし、卒業後は仙台へ行きます。

「おばあちゃんを安心させたい」という理由で高校卒業後は仙台で自衛隊になったのだとか。

 

ですが20歳のときに自衛隊は辞め、その後は東京へ。

(おそらく自衛隊が合わなかったのでしょうね…)

 

東京に上京し、ショーダンサーやアーティストのバックダンサーといった活動をしていたと言います。

浜崎あゆみさんや北島三郎さんといった超大物のバックダンサーをしていたんだとか!

 

超大物のバックダンサーをしていたなんて、相当な実力があったのでしょう。

紅白歌合戦のステージに立った経歴もあるのだとか。

また過去の経歴として、バラエティ番組「家、ついて言ってイイですか?」に出演(素人として)したこともあるそうです。

このときに20歳で東京に上京しバックダンサーをしていたこと。

そして自身の恋愛対象が男性であることを話していました。

当時テレビで恋愛対象についてカミングアウトすることは勇気がいったのではないでしょうか。

 

当時声をかけた番組ディレクターは今の活躍に驚いているでしょうね(笑)

 

そして現在はダンサーとして活動しつつ、ダンススクールでインストラクターをしているとの情報を入手。

また新宿2丁目でバーの店員として働き、YouTuberとしても活動しています。

カミュエンガブでは特技のダンスを活かし振付担当であるとのこと。

 

YouTuberとしてブレイクすれば、オネエタレントとしてテレビ出演なんてこともあるかも。

 

【エンガブ】カミュの本名や出身は?経歴もすごかった!まとめ

ゲイ3人組YouTuerエンヴィガブリエラ(通称:エンガブ)のメンバーであるカミュについて今回は本名、出身、経歴を調査し情報をまとめていきました。

 

今回明らかになった情報をまとめてみると…、

  • 本名は上坂裕二
  • 出身地は青森県
  • 20歳で東京へ上京しバックダンサーをしていた経歴あり

 

カミュについてさまざまなことを知ることができましたね!

もっともっとカミュについて知りたいという方は、ぜひYouTubeをチェックして下さいね。

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー