GWは日帰りで東海地方へ!家族で楽しむ人気のスポットを紹介!

もうすぐゴールデンウィーク到来です!

今年は10連休とあって今までにないほどの長い連休になります。

しかし、混雑が予想されるゆえ、家族連れでの旅行は日帰りで回れる観光スポットで予定を組もうと考えているのではないでしょうか?

 

そんなあなたにおすすめするのは東海地方への日帰り旅行!

GWに日帰りでいけちゃう、家族で楽しむ人気の東海地方おすすめの人気スポットをご紹介します!




沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

ゴールデンウィークは東海地方へ!日帰りでファミリー旅行を楽しもう!

 

待ちに待った大型連休がもうすぐそこですね!

今年のゴールデンウィークは10連休の方も多いのではないでしょうか。

すでに旅行などが決まっているという方でも、まだまだ予定が埋まっていない日もあるのではないでしょうか。

 

どこかに出かけたいけど、お財布的にも泊まりはちょっと、、という方におすすめしたいのが、東海地方へ日帰り旅行です!

東海地方は一般的に、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県を指します。

東京方面からも大阪方面からもアクセスしやすいので、日帰りで楽しむには最適なスポットといえます。

 

東海エリアで日帰りで楽しむ人気のスポット7選!

そんな東海地方でおすすめの、日帰りスポットをご紹介します!

 

おひるねハウス(愛知県)

引用:https://tripnote.jp/

 

インスタグラムなどのSNSで今人気のスポット、愛知県のおひるねハウス。

アートの島として名高い佐久島エリアにあり、ボックスの中に入って写真を撮ることが今大流行中なんです!

 

バックの海と融合して、大変きれいな写真を撮ることができます。

アスレチック感覚で、子供が登ってみるのも楽しいかもしれません。

佐久島はおひるねハウス以外にも観光スポットが数多くあるので、1日中遊ぶことができます。

 

基本情報

・住所:〒444-0416 愛知県西尾市一色町佐久島16

・公式サイト:http://www.sakushima.com/about/art/ohirune.php

 

犬山城(愛知県)

引用:https://www.jalan.net/

1537年に織田信長の叔父、織田信康によって築かれたといわれる犬山城。

国宝に指定されている、由緒正しいお城で、なんと天守閣に登ることができちゃうんです!

 

お城を見学した後は城下町の通りを散策するのがおすすめ。

当時の活気が溢れるような、城下町のスタイルが残ったお店には、飲食店や雑貨屋さんが軒を連ねています。

名古屋市からも、公共交通機関で約30分なので、とても便利な観光地ですね。

 

基本情報

・住所:愛知県犬山市犬山北古券65-2

・入場料

個人(一般) ¥550
個人(小・中学生) ¥110
団体(30人以上) 1割引
団体(100人以上) 2割引

・公式サイト:https://inuyama-castle.jp/

 

飛騨高山(岐阜県)

引用:https://www.jalan.net/

岐阜県の飛騨高山は、江戸時代洸季ごろの面影が色濃く残っているエリア。

飛騨牛などのご当地グルメが味わえるのも魅力です。

自然も多く、鍾乳洞などもあるんです。

 

また、美術館もあるので、行きたいところが家族で割れても安心!

全員の希望を叶えられるかもしれない、そんな観光スポットです。

 

基本情報

・住所:岐阜県高山市昭和町一丁目22-2(高山駅)

・公式サイト:http://kankou.city.takayama.lg.jp/

 

下呂温泉(岐阜県)

引用:http://www.gero-spa.or.jp/

日本三大名泉のうちのひとつの下呂温泉。

共同浴場や足湯など、日帰りで入浴できる温泉も数多くあり、

風光明媚な温泉街を巡ることができます。

 

日常の疲れをぜひ下呂温泉でとってみてはいかがでしょうか?

 

基本情報

・住所:〒509-2202 岐阜県下呂市森140

・公式サイト:https://www.gero-spa.com/

 

鈴鹿サーキット(三重県)

引用:https://www.suzukacircuit.jp/

鈴鹿サーキットと聞くと、F1のイメージですよね。

実はF1はそんなに興味ない、、という方でも楽しめる施設がたくさんあるんですよ。

遊園地や体験レーシングもできたりと、家族みんなで楽しめる施設がいっぱいです!

 

基本情報

・住所:三重県鈴鹿市稲生町7992

入園券 1,700 800 600 1,700
モートピアパスポート
(入園+のりものパスポート)
4,300 3,300 2,100 3,000※3
プール券(入園+プール入場) 3,100 2,000 1,400 2,700※3
サマーパスポート
(入園+のりもの+プール入場)
5,500 4,300 2,800 3,800※3
アドバンスカート利用券
(入園+アドバンスカート5周1回・フェイスマスク付)
2,600円

※その他施設料金は下記公式HPを参照してください。

・駐車場料金(大型車は別途)

普通車 軽自動車・乗用車・商業車・小型キャンピングカー等:1,000円

・公式サイト:https://www.suzukacircuit.jp/

 

堂ヶ島(静岡県)

引用:https://www.jalan.net/

静岡県西伊豆町にある堂ヶ島。

海水浴で有名ですが、海に入らなくても楽しめるのが、堂ヶ島洞窟めぐり。

遊覧船に乗って青の洞窟と称される神秘的な洞窟を散策しましょう!

堂ヶ島には天然の洞窟が数多くあり、木漏れ日が天窓から差し込む様はまさに幻想的です。

 

基本情報

・住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2060

・遊覧船の利用料金

(遊覧船コースのご紹介※クルージングコースも別途あり)

大人/1200円  子供/600 円
団体(15名以上)/1,080 円
洞くつめぐり+加山雄三ミュージアムセット券
/1,600 円
(運航間隔 10 ~ 15 分で不定期に随時運航)

・運航時間:8:15~16:30
(※繁忙期は運航時間の延長有り)
・所要時間:20 分

・公式サイト:http://izudougasima-yuransen.com/

 

富士サファリパーク(静岡県)

引用:https://www.fujisafari.co.jp/

車に乗りながら近い距離で動物を見ることができるサファリパーク。

それだけではなく、森中をハイキングしながら餌やり体験ができたり、ふれあいパークなどもあり、家族で楽しめる施設になっています。

 

基本情報

・住所:静岡県裾野市須山字藤原2255-27

・利用料金

昼のサファリ
大人(高校生以上) 2,700円
小人(4歳~中学生) 1,500円
シニア(65歳以上) 2,000円
3歳以下 無料
ナイトサファリ
大人(高校生以上) 1,700円
小人(4歳~中学生) 1,700円
3歳以下 無料

(2019年ナイトサファリ開催日:4月27日~5月6日、7月20日~8月25日、9月14日~16日、9月21日~23日)

・公式サイト:https://www.fujisafari.co.jp/

 

GWは日帰りで東海地方へ!家族で楽しむ人気のスポットを紹介!まとめ

GWに日帰りでおすすめの、東海地方の観光スポットをご紹介しましたがいかがでしたか?

まとめると以下のようになりました。

 

  1. ゴールデンウィークは東海地方へ!日帰りでファミリー旅行を楽しもう!
  2. 東海エリアで日帰りで楽しむ人気のスポット7選!
    1. おひるねハウス(愛知県)
    2. 犬山城(愛知県)
    3. 飛騨高山(岐阜県)
    4. 下呂温泉(岐阜県)
    5. 鈴鹿サーキット(三重県)
    6. 堂ヶ島(静岡県)
    7. 富士サファリパーク(静岡県)

 

東海地方は本当に観光スポットの宝庫ですね。

ぜひこのGWは東海地方に出かけて、良い思い出を作ってくださいね♪



沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください