ハロウィンで大人気!ゾンビメイクの簡単なやり方を男女でご紹介!!

10月31日はハロウィン。もうずいぶんと日本にも文化が浸透しましたね。

ジャック・オー・ランタンやおばけ、魔女をモチーフにしたグッズやお菓子などが増えてくるシーズンです。

 

そして、ハロウィン当日の街の賑わい。

とても華やかで少し怪しい空気が魅力的ですよね。

 

そんなハロウィンの夜、「コスプレをして街に出たい!」そう考えている方も多いのではないでしょうか。

衣装は手軽に入手できるかもしれません。

問題は「いかにして、なりきるか」。ですよね!

 

そのためにはやっぱり、メイクの手助けが不可欠です。

今回は怖くてキュートな「ゾンビメイク」をご紹介。手軽にできるものが多くなってきています!

 

今年はゾンビメイクで、ハロウィンの街を歩いてみませんか?

では記事本文へどうぞ!


スポンサーリンク


 

ハロウィンで大人気のゾンビメイク!どんな雰囲気になるのか知りたい?!

ホラー映画などで人気のゾンビ。生き返った死体として描かれるものをそう呼びます。

その死体の状態、結構グロテスクな描写が多いですよね。

綺麗なゾンビなんてそういません。

体の一部が腐乱していたり、または血が滴っていたり…(/ω\)

 

最近は凝ったものも多く、ゾンビの傷や体の腐乱をとてもリアルに再現する人もいます。

もはやメイクというよりはアート。相当な時間とテクニックを要していることがわかります。

引用:http://blogs.timeout.jp/

挑戦してみたいと思う方も多いと思いますが、あんまりリアルなメイクだとハードルが高いかもしれません。

そしてやっぱりハロウィンメイク初心者のみなさんは、簡単で可愛いところから始めてみたい!と思う方も多いはずです。

 

というわけで、今回は簡単にできるゾンビメイクをご紹介しながら、本格的なメイクを目指す方にとっても参考になるようなメイク術までをご紹介します!

普段のメイクの延長線上でできるようなやり方で、そして今年1回きりのド派手なメイクまで!

ぜひ参考にしてハロウィンシーズンの中で試してみてくださいね!


スポンサーリンク


簡単にできるゾンビメイクをご紹介!!

まずは上の動画を参考して全体のイメージを掴んでみてください。

その中で今回は簡単なゾンビメイクから、リアルすぎるゾンビメイクまでを、いくつかのポイントに分けてオススメの方法としてご紹介していきたいと思います!

 

ポイント①:痛そうな傷口を再現してみよう!!

ゾンビメイクでいちばん基本になるものは「傷」。

傷だらけの死体であることを表現するために、これは押さえておきたいポイントです。

ただ、自分で描いたりするのは大変ですよね。ここで非常に簡単で便利なのが「傷シール」

引用:https://d1xt3jet61y36q.cloudfront.net/

100円ショップなどでも手軽に買えるプチプラのグッズも増えています。

これを腕や顔に貼ることで、簡単にリアルな傷が再現できますね。

 

ゾンビメイクではインパクトを左右する重要な部分ですから、更にリアルに再現したいというこだわりのあるアナタには、傷口などを立体的に表現した3Dシールがオススメです。

ホラー映画で出現するような恐ろしいゾンビに変身できること間違いなしですよ!

 

ポイント②:寒色系の色合いで顔色の悪さを表現しよう!


ゾンビは死体。そこはリアリティを出したいですよね。

顔色のいいゾンビはあまり見かけません。

まず雰囲気をつくるためには、アイシャドウやリップなどを少し工夫するだけでも十分です。

寒色系のラインナップがあるカラーパレットが、ひとつあると便利です。

 

比較的安価に手に入れることができますし、普段使いもできるので持っていると役立つことも多いですよ。

また、唇の色も血色が少し悪く見えるよう、ファンデーションを塗り、紫など少しマッドな系統の色を選んでみるのがおすすめ。

 

また、さらなるリアリティを求める方のために…顔色はできる限り白く見えるよう、ブルー系の下地を使ってみるのがおすすめ。

比較的安価で手に入りますよ。

色白に見えるので、普段使いにもばっちり!ぜひチェックしてみてくださいね!

ポイント③:血のりを使って臨場感を演出してみよう!


おどろおどろしいゾンビの雰囲気を出すためにはやはり「血」が必要不可欠。

使いようによっては非常にポップで可愛らしく見せることも可能です。

手軽に血の雰囲気を演出するアイテムは「血のり」ですよね。

 

でも、どうやって使えばいいのかな?そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

大切なのは血のりを垂らす「場所」!

目もとや口もとに少し垂らすだけで、リアリティが出ますよ。

 

またしっかりなじませるためのテクニックとしては…

① 血のりをつけたいところにつけまつげ用のグルーをつける。

② ティッシュでなじませる。

③ その上にリキッドファンデーションと血のりを塗って…完成!

https://twitter.com/HarupyonTen6/status/1051094589648433152

普段使うメイク道具と身近なものを上手に活用して、手軽な血のりメイクが可能。

こちらも100円ショップなどでカンタンに手に入りますが、サラサラし過ぎていて扱いづらいことや、色合いが血にしては薄い印象があるので、できれば舞台やテレビなどで使用している本格的な血のりを使った方が、より一層リアリティがでて怖さが増しますので、ぜひこちらもハロウィンの機会に使ってみてくださいね!

 

ポイント④:目の印象も変えてリアルゾンビに変身!!

ここまで来たら目の色もゾンビ風にしてみたい!と思ってしまいますよね。

ここまで来ると、ゾンビメイクにおいてもかなり少数派になりますから、周りからの印象もグッと上がる為、目立つこと間違いなしです!

目の黒い部分を赤や白に変えるカラーコンタクトを付ける事でクオリティが一層増しますから、勢いがある方はぜひトライして恐ろしさを上げていきましょう。

 

該当するカラーコンタクトは1日で使い切りのソフトレンズが主流です。

度あり、度なしと両方がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ハロウィンで大人気!ゾンビメイクの簡単なやり方を男女でご紹介!!まとめ

いかがだったでしょうか?

なかなかハードルが高いな…と感じている方もいらっしゃったかもしれませんが、今や日本人にとっての一大イベントでもあるハロウィン。

様々な工夫が凝らされ、手軽にできるメイクが広がりを見せています。

この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

今回の内容をまとめますと、以下のようになりました。

  1. そもそも『ハロウィン』ってどんな行事だろう?
  2. ハロウィンで大人気のゾンビメイク!どんな雰囲気になるのか知りたい?!
  3. 簡単にできるゾンビメイクをご紹介!!
    1. ポイント①:痛そうな傷口を再現してみよう!!
    2. ポイント②:寒色系の色合いで顔色の悪さを表現しよう!
    3. ポイント③:血のりを使って臨場感を演出してみよう!
    4. ポイント④:目の印象も変えてリアルゾンビに変身!!

 

今年のハロウィン、ぜひ楽しんでくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください