『捨ててよ安達さん』の脚本家は誰?経歴や代表作品なども調査!

安達祐実さんが芸歴36年目にして初の本人役でのドラマ主演と話題になっています。

安達祐実さんの芸歴の長さにも驚きですが・・・『捨ててよ安達さん』面白そうなドラマですよね!

 

そこで今回は『捨ててよ安達さん』の脚本家は誰?経歴や代表作品なども調査!と題して、『捨ててよ安達さん』の脚本にスポットを当ててみました。

脚本家さんの経歴やプロフィール、ドラマの基本情報などいち早くお届けします!

 

では、早速見ていきましょう!

 

ドラマ『捨ててよ安達さん』の基本情報!

話題作『捨ててよ安達さん』の基本情報をご紹介します。

番組情報
  • 番組名:ドラマ25「捨ててよ安達さん。」
  • 放送日時:2020年4月17日スタート 毎週金曜日0時52分~1時23分
  • 放送局:テレビ東京 テレビ大阪 ほか
  • 監督:大九明子 成瀬朋一 林雅貴
  • 脚本:下田悠子 大九明子
  • 音楽:侘美秀俊

かなりの期待作ではありますが、放送は深夜枠なのですね。

深夜枠ならではのゆる~い面白さに期待したいです。

 

『捨ててよ安達さん』ストーリーあらすじ

ストーリー
ある日、安達祐実(安達祐実)は女性誌の編集長から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに“毎号私物を一つ捨てる”という連載企画の相談を持ちかけられる。その夜、いつものように眠りについた安達の夢の中に、謎の少女(川上凛子)と“捨てられないモノ”たちが擬人化して次々に登場し、「自分を捨ててほしい」と懇願する。
引用:https://tv.yahoo.co.jp

捨ててほしいモノたちが擬人化するなんて突飛なストーリーですが面白そうですね!

安達祐実さんが本人役ということなので、彼女の素に近い姿が見れそうな点も期待したいです。

 

『捨ててよ安達さん』のキャスト出演者

主演:安達祐実

プロフィール
1981年9月14日生まれ

東京都出身

サンミュージックプロダクション所属

夫はカメラマンの桑島智輝

2歳時に子育て雑誌でモデルデビュー

 

主演は女優の安達祐実さんですが、このドラマには毎回擬人化したモノ役でゲスト出演者がいます。

50音順で紹介します。

  • 臼田あさ美
  • 梶原ひかり
  • 片桐はいり
  • 加藤諒
  • 貫地谷しほり
  • 北村匠海
  • 早織
  • じろう( シソンヌ)
  • 徳永えり
  • 戸塚純貴
  • 松本まりか
  • YOU
  • 渡辺大知

かなり豪華な13名のゲスト出演者の方々ですね。

誰がどんなモノになるのかは放送を見てからのお楽しみだということです。

益々、放送開始が待ち遠しくなりますね!

 

スポンサーリンク

ドラマ『捨ててよ安達さん』の脚本家は?

待望の声が多い『捨ててよ安達さん』ですが、ドラマを作る側も気になりますよね!

面白さを彩る上で欠かせないのがドラマの脚本かと思います。

 

『捨ててよ安達さん』は原作のないオリジナルドラマなので尚更、脚本は気になるところです。

『捨ててよ安達さん』の脚本を担当されたのは下田悠子さんと大九明子さんです。

大九明子さんは映画監督で『捨ててよ安達さん』では監督もされています。

早速『捨ててよ安達さん』の脚本を担当された脚本家さんについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

下田悠子のプロフィールや経歴は?

下田悠子はこんな人!
1987年9月9日生まれ

東京都出身

慶応義塾大学卒業

映画美学校脚本コース第4期高等科修了

2016年、FOD配信ドラマ『SHIBUYA零丁目』でデビュー

下田さんはまだ32歳で若い脚本家さんですね。

安達祐実さんよりも年下の脚本家さんがどんな脚本を書かれるのか楽しみです。

 

下田悠子の代表作品一覧

  • SHIBUYA零丁目(2016年)
  • ぼくは麻理のなか(2017年)
  • 青と僕(2018年)
  • 文学処女(2018年)
  • コーヒー&バニラ(2019年)
  • ねぇ先生、知らないの?(2019年)
  • シックスティーン症候群(2020年、FOD)

 

年齢は若い下田さんですが、経験は十分のようです。

楽しい作品に仕上がっていると期待できますね。

 

大九明子のプロフィールや経歴は?

大九明子はこんな人!
1968年10月8日生まれ

神奈川県横浜市出身

明治大学政治経済学部政治学科卒業

国家機関外郭団体で秘書を務めたが4か月で退職

スクールJCAに1期生で入学し、女優、タレントに転身

映画美学校第1期フィクション・コース高等科修了

1999年『意外と死なない』で映画監督デビュー

大九と書いて「おおく」と読むんですって。珍しいお名前ですね。

大九明子さんは脚本家ではなく監督さんです。

元タレントの映画監督さんってかっこいいですね!

きっと自分をしっかり持った女性なんだろうという印象を受けました。

 

大九明子の代表作品一覧

  • 意外と死なない(1999年)
  • 恋するマドリ(2007年)
  • 東京無印女子物語(2012年)
  • モンスター(2013年)
  • ただいま、ジャクリーン(2013年)
  • 放課後ロスト エピソード3「倍音」(2014年)
  • でーれーガールズ(2015年)
  • 勝手にふるえてろ(2017年)
  • 美人が婚活してみたら(2019年公開)

 

これは映画の代表作品だけで他にもドラマもたくさん監督されています。

ベテランの監督だとと言えますね!

 

スポンサーリンク

『捨ててよ安達さん』の脚本家は誰?経歴や代表作品なども調査!まとめ!

『捨ててよ安達さん』の脚本家は誰?経歴や代表作品なども調査!と題して、『捨ててよ安達さん』の脚本にスポットを当ててお伝えしました。

 

『捨ててよ安達さん』は原作なしのオリジナルドラマなので、ドラマの面白さは脚本家さんの腕次第とも言えますね。

女性の脚本家さんと監督さんなので、女性目線の面白いドラマに仕上がっていると期待したいです。

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください