ディアペイシェント【ドラマ】あらすじストーリーや原作での結末ネタバレもご紹介!

よくある医療ドラマとは一味違ったディアペイシェント、放送が待ち遠しいですね。

そこで、2020年春ドラマの中でも話題のディアペイシェント【ドラマ】についてリサーチしました!

 

ディアペイシェント【ドラマ】あらすじストーリーや原作での結末ネタバレもご紹介!と題して、ディアペイシェン【ドラマ】のあらすじストーリーはもちろん、監督や脚本家についてもまとめてみました。

また原作での結末ネタバレも合わせてご紹介しています。

 

ディアペイシェント【ドラマ】のあらすじストーリー!

ディアペイシェント【ドラマ】の放送を待ち望む声は多いです。

それだけディアペイシェントが期待されているドラマだということですね。

 

尚、ディアペイシェントの登場人物についてはコチラをご覧ください。

 

まずは公式発表されているドラマのあらすじストーリーを見ていきましょう!

病院を「サービス業」と捉え、「患者様プライオリティー」を唱える佐々井記念病院の医師たちは、さまざまな問題を抱えていた。1人は、執ように嫌がらせを繰り返す“モンスター・ペイシェント”に付きまとわれる若き女性医師。1人は、明るい性格で患者からも好かれているが、大きな医療訴訟を抱え悩む先輩女医。1人は、患者とは一定の距離を取りうまく立ち振る舞っていたかに見えたが、刺傷沙汰に巻き込まれてしまう男性医師。果たして、彼女らは、希望を見いだせるのか?

引用:https://www.nhk.or.jp

初めてモンスターペイシェントという言葉を聞きましたが、クレームをつけてくる問題のある患者のことなんですね。

モンスターペイシェント以外にも医療訴訟だったりと医療関係者ならではの問題にスポットを当てたドラマだとわかります。

現代の病院が抱える問題をテーマにした作品で見ごたえのあるドラマだと思います。楽しみですね。

 

ディアペイシェント【ドラマ】原作の結末ネタバレ!

ディアペイシェント【ドラマ】の原作は南京子さん作ドラマと同タイトルの『ディアペイシェント』です。

南京子さんは内科医でもありますので、医療現場をリアルな描写で綴ることができるのですね。

素晴らしい作品だという感想が多くドラマ化されるのも納得です。

 

そして気になるディアペイシェントの原作をもとに結末ネタバレ予想です。

あくまでも私の予想ですが簡単にまとめてみました。

 

モンスター患者の付きまとい事件や先輩医師の死、数々の出来事に直面した主人公の千晶。
医療の理想と現実のギャップに苦しみながらも、同じく医師の父の助言や支えにより前を向くことを決意します。
自分の理想とする診療所を設立し、患者と向き合える医療の実現に邁進していく・・・。

 

おおむねこんな感じの結末になるかなと思います。

 

ディアペイシェント【ドラマ】の監督と脚本!

さて、次はディアペイシェント【ドラマ】の監督と脚本についてのリサーチ結果です。

ディアペイシェントの撮影の様子についてはコチラを参考にしてください。

 

ディアペイシェントの制作統括(監督)は真鍋斎さん(NHKエンタープライズ)と髙橋練さん(NHK)のお二人です。

数々のNHKのドラマに関わってきたようです。

 

気になる脚本は荒井修子さんです。

荒井修子さんの手掛けたドラマの脚本はたくさんあるので少しだけご紹介。

 

  • 弁護士のくず(2006年、TBS)
  • パパとムスメの7日間(2007年、TBS)
  • ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜(2016年)

 

どれもヒット作品のドラマばかりですね。

 

ディアペイシェントがどんなドラマに仕上がっているのか、放送が待ち遠しいです。

 

ディアペイシェント【ドラマ】あらすじストーリーや原作での結末ネタバレもご紹介!まとめ!

ディアペイシェント【ドラマ】あらすじストーリーや原作での結末ネタバレもご紹介!と題して、ディアペイシェント【ドラマ】あらすじストーリーや原作の結末ネタバレについてリサーチしました!

またディアペイシェント【ドラマ】の監督や脚本についても合わせて紹介させていただきました。

 

やはりディアペイシェントはよくある医療ドラマとは一味違ったあらすじストーリーのようですね。

作品概要を知ることで放送がより一層楽しみになりましたね!

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー