女王蜂のアヴちゃんの生い立ちは?年齢や性別は不詳?カッコよすぎる!

圧倒的カリスマ性から熱狂的なファンを数多く獲得している人気バンド・女王蜂!

アニメ『東京喰種トーキョーグール:re』のエンディングテーマ『HALF』で大きな注目を浴び、さらに『催眠術』を堂々リリースしたことで存在感がますます増しましたね!!

2019年5月には約2年ぶりになるアルバム『+』を発表。確固たる地盤を確立しつつある女王蜂です!

 

今回は女王蜂のカリスマ的フロントマンであるアヴちゃん(薔薇園アヴ)に注目!

そのジャンルレスな音楽性と、謎が多いアヴちゃんのプライベートをご紹介していきたいと思います。

 

という事で、今回のテーマは『女王蜂のアヴちゃんの生い立ちは?年齢や性別は不詳?カッコよすぎる!』と記事本文でご紹介していきたいと思います。

それでは、さっそくどうぞ!


スポンサーリンク


そもそも「女王蜂」とはどういうバンドなの?経歴を調査!

🌹

女王蜂 アヴちゃんさん(@qb_avu)がシェアした投稿 –

ビジュアル、音楽性ともに他の追従を許すことなく突っ走り続ける新時代のカリスマバンドの女王蜂

そもそも女王蜂ってどんなバンドなの?というアナタのために詳しくご紹介していきます。

 

バンドの生い立ちとしては、さかのぼる事2009年の3月31日、兵庫県神戸市で

 

ボーカルのアヴちゃん(薔薇園アヴ)

ベースのやしちゃん(赤鳥居ヤシ)

ドラムのルリちゃん(虹ヶ峰ルリ)

この3人で女王蜂を結成したんだそうですよ!

 

引用:https://realsound.jp

そして翌年の2010年7月に『FUJI ROCK FESTIVAL』の「ROOKIE A GO-GO」枠に抜群のパフォーマンスとセンスで選出され、出演をされました。

 

さらにその翌年の2011年、結成からわずか1年半という最短期間でメジャーデビューを果たします!まさにとんとん拍子!

いかに当時から注目されていたかが分かりますね!

 

そして、メジャーデビューをした年に公開された久保ミツロウ原作の恋愛映画モテキ』のテーマソングに採用され、さらに出演バンドへ大抜擢されるんです!

 

 

このセンセーショナルな『女王蜂』の活躍に対し、音楽業界のみならず芸能業界全体の大きな話題になります。

個人的に女王蜂が出演していた『モテキ』を以前に観ていたのですが、なぜか気づかなかったんですよね(;´Д`)みなおそう

 

しかしその翌年の2012年、当時ギターを担当していた『ギギちゃん』という方が、腕の痛みを伴う病の治療の為、降板した事をキッカケに『女王蜂』全体としての活動をいったん休止させます。

そして約1年間の活動充電期間を経て、2014年2月から活動を再開します。

 

翌2015年の1月にはサポートメンバーとして活動していたギター担当のひばりくんを正式にメンバーに加入し、ライブ活動やアルバム制作を精力的に行い、知名度を更に上げていきます。

その後、2017年4月、メンバー全員が”史上最高傑作”という通算5枚目となるアルバムQをリリース。

 

 

まさにジャンルレスな音楽性は彼らの世界にいっきに引き込まれるようで、めちゃめちゃカッコいいです!

個人的な感想ですが、アヴちゃん率いる『女王蜂』は、これまで出会ったことのないバンドでした。

 

どのバンドより独創的で先が想像できないというか、怪しくて、刹那的で・・とにかく良い意味でソワソワさせてくれるアーティストたちです!!

持ち得る要素が多すぎてまとめきれないほどに、楽曲・ビジュアル両方で衝撃破壊力が抜群なアーティストたちです!

他にも女王蜂の人気曲や個人的におすすめ曲がたくさんありますよ!

 

\こちらもおすすめです!/

十(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

十(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

女王蜂
4,232円(09/18 14:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

女王蜂・アヴちゃんの生い立ちは?年齢や性別は不詳?

View this post on Instagram

#女王蜂

A post shared by 女王蜂 アヴちゃん (@qb_avu) on

 

  • 名前:アヴちゃん
  • 別名:薔薇園アヴ
  • 担当:ボーカル、作詞・作曲
  • 生年月日:12月25日 おそらく20代前半(詳細不明)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 性別:身体は男で、心は女?(詳細は不明)
  • 国籍:(詳細不明)日本人とイスラム系のハーフ、らしい
  • 性格:実はかなりのシッカリもの、らしい

 

ルックスが中性的なアヴちゃん。

一度見たら忘れられない抜群のスタイルです。

女性的な面も持ち合わせていることから、ネットでは彼氏がいるの?とも話題となっていました。

 

知られざるエピソードの一つとして、

フロントマンであるアヴちゃんのその生い立ちとして、女王蜂を結成しようと思ったキッカケはなんと学生時代に『Perfume』に憧れてバンドを始めたのがキッカケだったそうです。

 

たしかにご本人はダンスもめっちゃ上手いし、楽曲においてもダンス・ビートなんかも取り入れたりしていますから、刺激されているっていう部分、納得できますね。

アルバム『』の楽曲にはそれがよくわかります。

私自身、女王蜂を最初はロックバンドなのかな?っと思って聴いたクチでしたので、それを大きく覆され、おおきな衝撃を受けました。

 

普段アヴちゃんがよく聴く音楽について、雑誌のインタビューで語られていたのは意外にも、中島みゆきを小さい頃からよく聞いていたんだそう。

他にもクラシックピアニストのフジコ・ヘミングが好きだといえば、寝る時はジャスティン・ビーバーを聴いていたりと、ジャンルレスで音楽を本当に深く愛されている方。

 

音楽の懐が深すぎますよね!!

 

『女王蜂』の楽曲一つ一つがアヴちゃんの音楽的センスでさまざまな角度からアプローチすることによって、うまく表現されているという事がよくわかります。

 

『女王蜂』にジャンルはいらない(*‘∀‘)

 

そしてファッションセンスも最高。

アヴちゃんのファッションに対する注目度が業界全体で高い事にも驚かされます。

 

実際にアヴちゃんは音楽活動以外にも持ち前のファッションセンスで各業界から注目を浴びており、雑誌のモデルなども数多く務めておられるそうですよ。

さらには魅惑の容姿からなんとミュージカル舞台にも出演されているアヴちゃん!懐が深すぎます!

 


スポンサーリンク


アヴちゃんがカッコいい!女王蜂の全体像を明かさない理由は【ある強い思い】から?

「HALF」 ジャケット 初回限定盤 #女王蜂

女王蜂 アヴちゃんさん(@qb_avu)がシェアした投稿 –

 

このようにお伝えしてきたアヴちゃんですが、カッコいいと話題です!

アヴちゃんを含めた『女王蜂』のメンバー情報を(非公開)としているという事にもある「理由」があるという事がわかりました。

 

アヴちゃんは雑誌記事のインタビューで

 

『素性を明かさないのは自分たちの(音楽)を認めてほしいから』

このように話されていて、純粋にカッコいいなー!って思いました。

 

女王蜂』はビジュアル面でも業界から大きな話題を呼んでいますが、そこではなく、意思の根本である『ミュージシャンとして評価されていきたいという強いプライド』みたいなものを感じました。

zz

実際にそれぞれのアルバムの曲を聴き、記事の理由を深く理解できたような気がしました。

 

歌詞にいたっては、限りなくシンプルに表現していて、『詞を書く』というよりも相手に語りかける』という表現に近い言葉えらびが私にとって印象的でした。

この動画『アウトロダクション』ではそれがよくわかるし、この歌詞や曲を聴いた人々の心に語り掛け、生きる勇気を与えたことでしょう。

 

 

メロディにいたっては全てのジャンルを集約させたような、それでいて誰もが聴きやすく耳になじみやすいサウンド。

しかも曲ごとにまるで違う魅力があるから、 聴いていて全然飽きない!

 

ドラマチックで美しいメロディのかとおもいきや、誰でも踊れそうな華やかなダンスビートもあり、それを違和感なく歌詞・曲・ビジュアルの三位一体で表現できる『女王蜂』、本物です(*´з`)

 

作詞・作曲はアヴちゃんが行っているようで、生み出すセンスにつくづく脱帽しちゃいます。

 

こんな天才的なアーティスト、なかなかいませんね!

あなたも『女王蜂』を聴けば聴くほど、この素晴らしさが感じられると思います。

 


スポンサーリンク


アヴちゃん率いる『女王蜂』の注目作品をご紹介!

 

まずは『女王蜂』が2018年4月25日にリリースしたHALFの動画をご覧ください。

 

この曲は現在放送中のTVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』のエンディングテーマとなっているんですね!

 

引用:https://twitter.com/sotonami/status/

引用:https://twitter.com/

 

女王蜂にとって初めてのアニメタイアップ楽曲らしく、『東京喰種トーキョーグール』原作者の石田スイ氏自ら『女王蜂』の曲とアニメのために書き下ろされたというんだから、ビックリです!

 

ヤバい!曲も最高にカッコいいです!!

文句なしであがる曲でアヴちゃんのダンスもめっちゃカッコいいですね!

キラーチューンです。

 

2018年10月にリリースした待望のシングル催眠術もご紹介。

 

またまたサイコーな楽曲を生み出してくれた女王蜂。

印象的なギターからのイントロから始まり、韻を踏んだ歌詞に乗せて合わさるダンステンポなビートがめっちゃカッコイイです!!

 

でもあくまでギターをベースとしたリード部分や、サビにエッジの利いたギターリフを取り入れるところがジャンルレスながらもバンドとして融合を上手に図っているなあと感服させられる部分でした!

PVの構成やダンスや衣装にも注目!

ホントに全部のセンスが良すぎです。

 

次にリリースしたのが、巨匠・手塚治虫氏の名作を最新化したテレビアニメ『どろろ』のオープニングテーマになった「火炎

 

 

和楽器のアレンジやラップも取りいれたりと、まさに女王蜂の止まらない進化を物語っている楽曲で、文句なしのカッコよさ!

今回もPVの凝り方がハンパじゃない!

構成・衣装・楽曲、歌、すべて関わっているというのだから驚嘆します。

 

 

2019年5月22日発売した『聖戦(Holy War)』や『Introduction』もチェックしてください!

これは5月24日に公開された映画『貞子』の主題歌になっていて、PV上ではなんと!アヴちゃんと貞子のコラボが実現していますよ。

アルバム『+』に同時収録されている『Introduction』は映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』主題歌にもなっているアップテンポのノリノリの曲となっています♪

 

女王蜂のアヴちゃんの生い立ちは?年齢や性別は不詳?カッコよすぎる!まとめ

本日より 全国ツアー開始です #女王蜂

女王蜂 アヴちゃんさん(@qb_avu)がシェアした投稿 –

 

いかがでしたでしょうか?

記事をまとめますと、このようになりました。

 

  1. そもそも「女王蜂」とはどういうバンドなの?
  2. 「女王蜂」のフロントマン・アヴちゃんのプロフィール紹介!
  3. 「女王蜂」の全体像を明かさない理由は【ある強い思い】から!
  4. アヴちゃん率いる『女王蜂』の注目作品をご紹介!

 

この先、アヴちゃんがアーティストとしての道を切り開き、どう上り詰めていくのかが本当に楽しみです!

 

ブレないカッコいいアーティストとしての『アヴちゃん』、『女王蜂』としての活躍を、いちファンとして応援していきます!

女王蜂に関する記事一覧はこちら

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください