山崎賢人がドラマで自閉症役を好演!役作りのエピソードも凄かった!

今話題の人気ドラマ『グッド・ドクター』、医療をテーマにした今回のドラマで主演を務める人気俳優の山崎健人さんが演じるのは、自閉症ながらも驚異の記憶力を持つという小児科研修医の新堂湊という役。

 

難しい役になるのに加え、初めての医師役となった山崎賢人さんは、周囲の期待を大きく超えた圧巻の演技でみごとに今回の難役を演じきっており、それを知った各メディアが山崎さんの演技力を高く評価しています。

 

では、そんな山崎さんは『自閉症』というコミュニケーション能力や表現に難しい役をいったいどのようにして自分の役として落とし込んでいったのでしょうか。

調べてみた結果、俳優としての山崎さんの姿勢に感服する凄いエピソードがあったのでご紹介たいと思います。

 

という事で今回は『山崎賢人がドラマで自閉症役を好演!役作りのエピソードも凄かった!』と題し、ご紹介していきたいと思います!

 

では記事本文へどうぞ!


スポンサーリンク


山崎賢人がドラマ『グッド・ドクター』で自閉症役を好演!

 

今回のドラマ『グッド・ドクター』では山崎さんは『自閉症スペクトラム障がい』でコミュニケーションに難しさを抱えながら、驚異的な記憶力を発揮する『サヴァン症候群』という特異体質の青年医師役を演じます。

どうみてもかなりの演技力を要求される今回の難役、まさに俳優として腕の見せどころ、といったところだったのでしょうか、今回の山崎さんの演技力に対する評価が非常に高いんですね。

わたしも実際に1話から見ていますが、本当に素晴らしいドラマで、山崎さんの演技、本当に素晴らしく毎回、心に響いて涙ぐんでいます。。。

 

ある場面では『医師である同僚が自閉症を差別する発言や行動はいかがなものか?』といった物議もあったようですが、『綺麗ごとばかりではない現実的な世界』という面を、各役者さん達が迫真の演技で表現されているところに個人的にはとても評価しています。

 

それにしても実力俳優陣のなかでも主演の山崎さん、なかなかの演技力でビックリしましたよ!

 

コミュニケーション表現の難しい『自閉症』という難役をしっかりと『自分の演技』として捉えているところを見ると、相当な努力を積んでいるな、と見ていてヒシヒシと感じましたし、この人も将来、俳優業界を担っていく若手俳優の一人だという事を確信しました。

 

そして、このドラマがすべて現実、とはいきませんが、今回のドラマが放送されたことによって、『自閉症スペクトラム障害』や『サヴァン症候群』の事が世間の間で広く理解され、認知されることによって、今後同じハンディを持つ方の良い意味での後押しとなるドラマだと思うし、それができる山崎さんの役柄だと思っています。

 


スポンサーリンク


山崎賢人がドラマ『グッド・ドクター』での役作りにおけるエピソードが凄かった!

『自閉症スペクトラム障害』でのハンディに加え、天才的な記憶力を有す『サヴァン症候群』の持ち主である青年医師役、という役を演じた山崎賢人さん。

この役の設定はまさに『難役』ですよね。

 

この役に対して山崎さんは人並ならぬ情熱で自分の役として落とし込むため、徹底的なリサーチに臨んだんだそう。

ある記事で関係者が語った山崎さんに関するエピソードです。

同ドラマに注ぐ山崎さんの情熱は、相当なもの。

なんと、プロデューサーと2日間も綿密なリハーサルを行ったそうです。

演じる役柄に個性があるため、歩き方や目線、手の所作や話し方を念入りにチェック。

さらには病院まで訪れ、闘病中の子供たちや先生にも話を聞きに行ったそうです。(テレビ局関係者)

 

こういった演技に対する熱量が『グッド・ドクター』での山崎さんを見ていて相当なものだなと感じます。


自閉症の方の独特な顔の表情にあわせてのセリフ回し、声のトーンの調整。

それと同時に手先の隅々にまで気を配った演技は、相当に勉強・観察をされており、感心するばかりでした。

 

こうした山崎さんの知られざるエピソードを分かった上で今後のドラマを見ると、また違った目線で楽しめるのではないでしょうか。

 

山崎賢人が自閉症役を演じた事で感じたネットの反応は?!

 

ネットの反応として一部を抜粋させていただきましたが、今回たくさんの意見を見て感じたのが、山崎さんの演技力に対する称賛の声が圧倒的に多かったことでしたね!

 

『グッド・ドクター』では毎回、目をそむけたくなるような辛く、悲しい場面があるのですが、そのたびに山崎さんの演技力を通して『自閉症スペクトラム障害というハンディを持ったレジデント(研修医)新堂湊』という1人の人間が大きな役割を果たしていく様子が、見る者の多くの心を打つんでしょうね。

 

私も、今回山崎さんが主役として情熱をもって徹底的なリサーチと勉強に励み、『新堂湊』を自分のモノにした山崎さんの役者としての姿勢に本当に感服しました。

また、山崎さんの演技を媒体に、視聴者たちは『自閉症スペクトラム障害』、『サヴァン症候群』という普段聞きなれない医学的な知識を調べ、ハンディキャップに対する知識として勉強する方や、それまでの考えをアップデートするキッカケとなっていることも、今回のネットの反応を見て感じます。

 

このドラマはフィクションですから、医学的な知識はドラマ上では知りえることはできませんが、ドラマのストーリーや作り上げた世界観を、山崎さん演じる新堂湊が中心となって表現したことで世間から『自閉症などへの関心』を持たれた事に、今回大きな意味があると感じました。

 

悲しくて辛いだけのドラマは誰も見たくありませんよね。だけどこのドラマは最後に人間としての温かみを見せてくれる。

そんな切なくも温かい、新感覚の医療ヒューマンドラマなんだと私は思っています。

 

山崎賢人さん主演の『グッド・ドクター』、今後のストーリーも目が離せませんね!!

 

山崎賢人の演技力に関心したあなたにオススメな情報!

という事で、今回の『グッド・ドクター』での演技力が多くの方の感動を呼んでいる山崎賢人さん。

 

はじめてドラマを見て山崎賢人さんのファンになった方、また、過去作品をもう一度見てみたい方にぜひオススメなのが『hulu』です。

 

今なら『山崎賢人さん特集』という事で関連作品が特集されていますから、約3分の簡単手続きで2週間無料で山崎賢人さんの関連ドラマ・13作品が見放題できちゃいますよ!

無料期間が終わっても月額933円】でパソコンやスマホやテレビから、あらゆる作品が見放題ですから、毎回レンタルしに行くより圧倒的にお得ですよね!

 

個人的なオススメは前回放送した山崎賢人さん主演の大人気ドラマトドメの接吻キス

しかもそのスピンオフドラマ『トドメのパラレルも配信されていますから、ぜひこの機会に限定配信をチェックしてみてください!

 

補足となりますが、今回の医療ドラマ『グッド・ドクター』、実はもともとは韓国ドラマが原作なのですが、そちらも『絶賛配信』されています!

今回チェックをすれば、原作と今作の見比べも可能になるという、お得感たっぷりな動画配信サイトなんです!

ぜひ、あわせてご覧になってみてください(>_<)

huluで山崎賢人さんを見るにはこちらから!

 

 

山崎賢人がドラマで自閉症役を好演!役作りのエピソードが凄かった!まとめ

いかがでしたでしょうか?

本文をまとめますと、以下のようになりました。

  1. 山崎賢人がドラマ『グッド・ドクター』で自閉症役を好演
  2. 山崎賢人がドラマ『グッド・ドクター』での役作りにおけるエピソードが凄かった
  3. 山崎賢人が自閉症役を演じた事で感じたネットの反応は?
  4. 山崎賢人の演技力に関心したあなたにオススメな情報をご紹介!

 

では、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

《こちらもオススメです!》

山崎賢人の演技がうまくなった理由は?実写化出演が関係した!?

2018.07.30


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください