9月入学で学年の区切り分けはそのまま?海外はどうなるかも調査!

毎日たくさんのニュースが溢れていて、どんどん新しい情報が出てきていますよね。

緊急事態宣言も延長となりいつ明けるかもまだまだわかりません。

 

お子様がいっらしゃる方は、学校がいつから始まるのか気にしてる保護者の方も多いと思います。

そんな中新学期が9月から始まかもしれないとニュースになって話題になっていますよね。

 

9月入学になったらどんな影響がでてしまうのでしょうか?

 

今までは4月が基本の区切りとなっていました。

9月に入学式があり、新学期が始まるとなると学年は変わってしまったり、誕生日に関してもずれが出てきてしまうように思えます。

 

学年の区切り分けは変わってしまうのか、そもまま現状維持でしょうか?

今現在学生の人たちは同じ学年の中で切り分けになってしまうことも考えられますよね。

また、9月入学に変わった場合に海外はどうなるかも気になったので調べてみました!!

 

9月入学が今後スタンダードになる可能性が?

今現在緊急事態宣言も延長になってしまい学校が始まっていません。

長い闘いになるだろうと予想されると政府も言っています。

安心して学校生活送れるようになるのは、まだまだ先になるのだろうと推測されますね。

 

そうなると日本も9月を区切りとする学校生活を始めたらどうかと意見が出ています。

世界的に見ると9月区切りに学年が切り替えのところが多いように思えます。

 

ヨーロッパやアメリカは9月入学が多く学年の切り替えも9月です。

逆に4月がスタートの国が少ないようですね。

 

日本もこの機会にグローバルスタンダードに合わせるべきだとの見解もあります。

 

大学生になってから留学する学生さんが半年ずれてしまうという話を聞いたことがあります。

学年がずれてしまったり、卒業するときに授業数が足りなくなってしまう事もあると言っていました。

 

将来的に見て9月入学にするのも一つの手段とも言えるのでスタンダードになる可能性が高いように思えます。

 

9月の入学式になる場合に考えられることは?

 

もしこのまま9月入学になるとどうなるのでしょうか?

9月を基準に学年を区切るとなれば、現在の情勢を影響を受けずに授業をスタートすることが可能になります。

 

今のままでは授業の遅れを取り戻そうとすると子供たちの夏休みや冬休みが無くなってしまう事が予想されます。

授業時間も長くなる可能性が増加し子供達の負担が増えますよね。

 

また、9月スタートになれば世界的基準と同じになります。

後々留学を考えている学生にとってはタイミングがちょうど良くなります。

半年ずれてしまうと留学した際に、区切りが変わる為学年のずれが出てしまう事がありますからね。

 

受験生にとっても初めの大切な時期に勉強時間が遮られてしまい、焦って受験勉強に挑まなくてはいけません。

なかなか苦しめられる事が予想されます。

 

9月入学となれば受験等は5月あたりになるんでしょうかね。

そうなれば1年ほどの時間がありますからね。

 

9月入学式に対して世間の反応は?

 

検索してみると世間の反応は反対が非常に多いです…。

それぞれの生活のずれが出てきてしまう人も多くなってしまうのでしょう。

 

それよりもコロナの終結に向けて動いてほしいとの意見も多く上がっていました。

今は他に議論するものがあるのでは…?などの意見も多かったです。

 

確かに問題は山積みですよね。

 

ツイートをみて思ったのはオンライン授業に力をいれていくべきではないかというツイート。

確かにオンライン授業ができれば自粛していても授業ができますからね。

 

9月入学になると学年が区切り分けになる?そのままの可能性も?

今現在学年の区切りは4月1日から始まり、年が明けた3月31日までが1学年となりますよね。

9月に入学がずれてしまうと、9月1日~8月31日になることになります

学年が9月1日からに変わるのは何となくイメージが付いたのですが…

 

学年と同時に誕生日も切り分けをすることになってしまったら、クラスの半分が進級し、半分がもう一度同じ学年を繰り返す事になります。

 

そうなってしまうと、今まで一緒に過ごしていた友人達と切り分けになってしまい離れ離れになってしまう子供たちも多くなってしまいますよね。

今の高校1年生を例に上げてみましょう。

誕生日が2003年の4月2日~2004年の4月1日 となります。

ですが9月に変更になってしまうと

2003年の9月1日~2004年の4月1日に誕生日を迎えた人は 新高校2年生に学年が上がります。

ですが、2003年の4月2日~2003年の9月1日に誕生日の人は再度高校1年生をしなければいけなくなるということになりますよね。

 

そう考えると同じ学年だった友人たちとは真っ二つになってしまいます。

戸惑いを隠せないかと思いますし、友人たちとも先輩や後輩になってしまうわけですしね。

 

考えられるのは、今の学生さん達や新しい学年になるはずだった人たちはそのままスライドされる形で半年遅れてのスタートになるのが予想されますね。

 

9月入学で学年が区切り分けになると誕生日や年齢はどうなる?

9月入学となった場合、学年は半分で区切り分けになるんだろうと予想されますよね。

それにともない、誕生日も学年の変化のように変わってしまうのでしょうか?

 

そうなると9月2日生まれ~翌年の9月1日になると考えられます。

ですが、そうなると今までの年齢の数え方にまで大きく影響が出そうですね。

 

それなら誕生日の考え方は今のままで、学年の区切りのみ9月にする方がいいのではないかと意見が出ています。

 

学校の始まりや進級は9月になりますが、誕生日の数え方は変わらないで今のままということですかね。

ちょっと特殊な感じにはなりますし、半年のずれが出てきてしまうわけです。

 

ですが、本当に今年の9月から変更となるのであればややこしくしない為に、現状維持でいった方がスムーズになりそうだと予想されますね。

 

9月入学にたいして海外も学年が区切り分けに?

9月入学に変更になった場合、年齢が変わってきたりする可能性が高く、友人達とも離れ離れになってしまうと考えられています。

 

ですが、海外では学年が切り分けになったとしても問題ではないように思われることが多いようです。

転校をして年齢が1歳上になったとしても問題なく、仕方ないと思われることが一般の考え方のようです。

 

そうなると、日本でも誕生日の考え方は海外のように現状維持のままで数える。

学年は9月で進級となる可能性が高いとすると年齢の数え方としては、一歳上の人と同じ学年になることもあるわけですね。

 

最初の頃は学年を切り分けすることに違和感を感じてしまうとは思いますが、当り前になってしまえば普通になってくる可能性もありますね。

 

9月入学で学年の区切り分けはそのまま?海外はどうなるかも調査!まとめ

最初は9月入学には受験のシーズンを迎えるときに、インフルエンザや雪のことを気にしなくて良くなるのでいいんじゃないかなぁと思っていました。

ですが、私も深く考えてはおらずズレた半年を調節することまで考えてはいませんでした。

 

今までの学生さんたちが学年がずれることによって真っ二つに切り分けになってしまうのであれば、子供達は戸惑いを隠せないかと思います。

 

9月入学になることによって学年の区切り分けや、誕生日の区切りも変わってしまえば混乱が出てくるのでは予想されますね。

 

今回調べた結果から9月入学になった場合をまとめてみました。

  • 入学と進級のみが9月に変わる。
  • 学年の切り分けはせずに今までのままスライド進級
  • 年齢や誕生日の考え方は今のまま
  • 海外は区切り分け後も変わらないのでは

このように考えられました。

 

まだまだ政府もこれから煮詰めていくことと思いますので、あくまで今現在の考察です。

9月入学については各方面負担の無いように取り組んでいって欲しいと思います。

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー