「チョコレート戦争」ドラマのあらすじや原作は?

tvk系列で放送がスタートしたイケメン大量発生の人気ミステリードラマ「チョコレート戦争」!!

今回はそんな話題のドラマ「チョコレート戦争」のストーリーあらすじや原作についてまとめてみました。

どんなあらすじになるのか、また原作は存在するのか、気になる話題を調査していきますよ!

題して「「チョコレート戦争」ドラマのあらすじや原作は?」さっそくどうぞ!

 

「チョコレート戦争」ドラマのあらすじは?

https://twitter.com/chocolate_wars/status/1218556148845965312?s=21

「チョコレート戦争」ドラマでは、いったいどのようなあらすじでストーリー展開していくのでしょうか?

私立百瀬学園。
芸能活動を希望する生徒に向けた、“スタークラス”と呼ばれる芸能クラスを備え、毎年バレンタインデイが重要なイベントとされている。
その日に一番多くのチョコレートをもらった男子生徒は人気No.1“キング”と呼ばれ、先の芸能活動も保証されるからである。
しかし今年の2月14日、事件は起こった。“キング”確定と噂されていた生徒・篠田康太(立石俊樹)が誰かからの毒入りチョコレートが原因で、死亡してしまう。篠田のクラスの副担任・仁科智也(小澤廉)は、篠田が所属していた学園内アイドルユニット“Dust Kiss”のメンバー、吉川優(小南光司)、村木乃亜(古谷大和)、宮田健介(星元裕月)、小暮海斗(TAKA)に話を聞いて行くが……。

果たして誰が、毒入りチョコレートを渡したのか。
様々な憶測や疑惑がうごめく学園で“Dust Kiss”のメンバー、それを取り巻く女生徒や教師たちの隠された事実が次々にあぶり出されて行く。
そして物語は仁科の隠された過去へと遡ることになる。そこにはかつての百瀬学園のスタークラス生徒・久保南碕(植田圭輔)の姿があった。

誰かが言った「チョコレート戦争が始まった」と……。

あらすじとしては、学校一のイケメンを決めるバレンタインのチョコの量を争って殺害事件がおき、その犯人をつきとめることがテーマになっています。

その犯人を登場人物キャストのイケメンたちがイケメンの中から探すってわけなんです。

果たしてチョコレート戦争を始めたのは誰なのか気になっちゃいますね!

 

チョコレート戦争』の原作は?

女子から大人気のドラマ・チョコレート戦争の原作についてお調べしたところ、じつは40年前に作家の大石真氏執筆した児童文学小説が元になっていた事がわかりました。

もしかしたら、子供の時に読んだ方も多いのではないでしょうか?

 

ストーリーあらすじはというと、無実の罪に問われてしまった子供たちが、疑惑を突きつけて犯人扱いをしてくる大人たちに挑み、勝利するという胸がスカッとするようなストーリーになっています。

最初にご紹介したとおり、初版から40年以上の歳月が経っていながらにして継続販売されている人気ロングセラー小説のようで、過去にはテレ朝でもドラマ化しており、さらには海外の台湾でも映画化された有名な作品だったんですね!

こちらは私も知りませんでした。

今回のドラマ・チョコレート戦争については原作からはリメイクされていますが、原作の方もぜひチェックしてみてくださいね!

 

「チョコレート戦争」ドラマの原作脚本は?

引用:http://enishi-izumo.com

「チョコレート戦争」ドラマの原作となっている脚本を書いたのは、堀内博志さんです。

堀内博志さんは、「チョコレート戦争」ドラマの監督も務めていて、若手俳優の魅力を引き出すのが上手だとして多くの映画の監督もしていました。

今回は、原作も作成し、監督として登場人物キャストの演出も行っているので、”堀内カラー”にそまった作品となっています。

 

また、「チョコレート戦争」ドラマのイケメン登場人物キャストのそれぞれの個性や良さを引き出してくれていることに期待しています!

イケメン度のあがった登場人物キャストが見れそうですね♪

 

「チョコレート戦争」ドラマの登場人物キャストやあらすじや原作は?まとめ

引用:https://www.videomarket.jp/

今回は「チョコレート戦争」ドラマの登場人物キャストやあらすじ、原作についてもお伝えしてきました!

すでに放送開始されているので「チョコレート戦争」ドラマの登場人物キャストのイケメンさにメロメロになっている方も多いでしょう。

今回ご紹介したあらすじや原作、登場人物キャストを思い出しながらドラマを見るとより一層内容を楽しめます。

毎週イケメンに癒されちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー