cocomiのフルート受賞歴は?音楽高校や大学での経歴も調査!

2020年3月28日に「VOGUE JAPAN」にてモデルデビューしたCocomiさんは、フルート演奏者という音楽家としての顔も持っています。

今回はCocomiさんの音楽家として一面を徹底解明!

 

cocomiのフルート受賞歴は?音楽高校や大学での経歴も調査!というタイトルにて、Cocomiさんのフルート受賞歴やコンクール出場歴について紹介。

また、作曲経験はあるのかという音楽家としての才能について。

桐朋女子を卒業し音楽大学に進学した件など気になる情報をまとめていきたいと思います。

 

Cocomiの音楽家としての経歴が凄い!

モデルとしてデビューを果たしたCocomiさんですが、実は音楽家としての一面もあります。

音楽家として出演するときはCocomiではなく本名の木村心美で活動しているようです。

 

ではまずは、Cocomiさんの音楽家として経歴がすごいらしいということで、音楽家として経歴について紹介していきたいと思います!

 

Cocomiは音楽高校(桐朋女子)と音楽大学を卒業?

Cocomiさん桐朋女子高等学校(以下:桐朋女子)の音楽科に通っていました。

桐朋女子は数多くの音楽家を輩出してきた音楽高校として有名です。

高校入学時に留学も考えていたそうですが、「プロを目指す人が集まる高校に行きたい!」という強い意志を持ち入学しました。

 

例えば指揮者の小澤征爾さん、オーボエ奏者の宮本文昭さんなど。

ちなみに桐朋女子は女子校ですが、Cocomiさんが通っていた音楽科だけは共学だったため男子生徒も通っていたと言います。

そのため、先ほど紹介した男性の音楽家たちが誕生したんですね。

 

ちなみにCocomiさん高校時代に同じ音楽科に通う彼氏が居たのだとか。

彼氏は生田斗真似のイケメンであるとのことが週刊文春にてスクープされ話題となりました。

 

桐朋女子を卒業したのは2020年3月。

そして2020年4月からは桐朋学園大学音楽学科に進学しています。

生徒は高校からエスカレーターで上がってきたエリートたちばかりで、1学年200人弱。

卒業生にはバイオリニストの高嶋ちさ子さんが居るんですよ!

 

Cocomiさんは桐朋学園大学音楽学科でNHK交響楽団首席奏者の神田寛明先生に師事しています。

神田寛明先生はN響の首席フルート奏者です。

ということは日本で最もフルート演奏が上手な人に教えてもらっているということになるんですね!

神田寛明先生の存在も留学を辞め日本で進学した理由かもしれません。

 

ちなみに、高校時代に付き合って居た生田斗真似の彼氏も同じ音楽大学の同じ学部に進学したとのことです。

現在も、お付き合いは継続しているようですよ。

 

Cocomiは音楽家としての才能が?作曲もしてる?

Cocomiさんはなんと、作曲家としても活動しています

音楽家としての才能があるんでしょうね。

 

残念ながら2020年5月現在では作曲した曲を披露ということはしていませんが、音楽家として活躍するようになれば今後作曲した楽曲を演奏してくれるなんてことがあるかも。

Cocomiさんが一体どのような曲を作曲しているか聞いてみたいですよね!

 

Cocomiのフルート受賞歴に驚き!コンクールも調査!

音楽家としての顔をもつCocomiさん。

ファッション情報サイトでも音楽家のCocomiとして紹介されています。

 

Cocomiさんフルートでの受賞歴が凄いんです!!

そこでここではCocomiさんのフルートでの驚きの受賞歴について、過去に出場したコンクールについても紹介していきます。

 

Cocomiの受賞歴やコンクール出場歴は?

11歳でフルートを始めたCocomiさんは、翌年にとあるコンテストに参加します。

そのコンテストとはヤマノジュニアフルートコンテストです

 

このコンテストは決して堅苦しいものではありませんので、コンテストの参加は初めてという方も、毎日の練習の成果をこの機会に発表してみませんか?

引用:https://www.yamano-music.co.jp/

山野楽器のホームページ曰く、堅苦しくないコンサートだと言います。

フルートを習い始めた小学生が参加するにはうってつけのコンテストであると言えるでしょう。

 

当時コンテストに参加していたのは、妹のKoki,さんを含め16名でした。

演奏時間は約5分。

Cocomiさんは「カルメンファンタジー」という楽曲を披露し見事最優秀賞を受賞しました!

この結果は、Cocomiさんの自身に繋がったのではないでしょうか。

 

勢いづいたCocomiさんはその後も数多くのコンクールに出場し、数々の賞を受賞しています。

Cocomiフルート受賞歴
  • 2018年、2019年 全日本学生音楽コンクール入選
  • 2019年 日本奏楽コンクール準グランプリ
  • 2019年 日本奏楽コンクール管楽器部門1位
  • 2019年 フランス近代音楽賞準グランプリ

このようにこれまで数多くの賞を受賞しているんです。

 

フランス近代音楽賞はグランプリが居なかったとのことなので、準グランプリを受賞したCocomiさんが実質グランプリみたいなもんですよね!

 

聞いた話によりますと、Cocomiさんの母校である桐朋女子は音楽を学ぶ環境がとても素晴らしく、そのためコンクールで賞を受賞する生徒が多いのだとか。

整った設備、質の良い音楽の授業をCocomiさんは見事にものにしたということですよね!

 

残念ながら賞を受賞とはなりませんでしたが、2018年には学生音楽コンクールの最高峰である第73回全日本学生音楽コンクールの本選に出場したこともあります。

Cocomiさんは66人中21人の狭き門を見事に勝ち抜き本選出場を果たしたのです。

 

また受賞歴やコンクール出場歴ではありませんが、Cocomiさんは桐朋学園の教授でありベルリンフィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者であるエマニュエル・パユのマスタークラスを終了しています。

短期集中講座ではありますが、誰もが終了できるものではありません。

 

このようにCocomiさん小学生の頃からフルート演奏者として実績を積み上げてきました

 

Cocomiはフルート以外にも演奏できる楽器は?

Cocomiさんはフルート演奏者で受賞歴も凄いことはわかりました。

そんなCocomiさん、実はフルート以外にヴァイオリンとピアノを演奏することができるのだとか。

 

フルートを習い始める前はヴァイオリンとピアノを習っていたと言いますし、ヴァイオリンとピアノの音楽家としての才能はなかったとしても演奏は充分に出来るのでしょう。

 

Cocomiのモデルデビューのきっかけは実はフルート!

2020年にディオールのアンバサダーに就任したCocomiさん。

実はこの就任はCocomiさんのフルートの実力に関係者が惚れ込んだからだという噂があります。

 

どういうことかというと、Cocomiさんは2019年の冬からオーケストラグループ「JPCO」にフルート演奏者として参加しています。

JPCOは(Japan Popular Classics Orchestra)50名の精鋭演奏家が参加するプロ集団です。

2017年にピアニストの久保田千陽さんにより結成されました。

 

2020年1月10日に行われたJPCOのライブにゲストとして参加し「アナと雪の女王」でお馴染みのナンバーを含む6曲を演奏しました。

このライブをディオールの関係者が見ており、Cocomiさんのフルートを演奏するビジュアルのあまりの美しさに目が止まりアンバサダー就任に繋がったと言います。

 

ディオールの創設者であるクリスチャン・ディオールは芸術への興味が非常に高かったそう。

創設者の意思を継ぐために、Cocomiさんをアンバサダーに起用したのでしょう。

 

「どうせ親の七光りでしょ」という声も当時聞かれましたが、実力で勝ち取ったみたいです!

Cocomiさんのフルート受賞歴からすると当然と言えば当然な気もします。

 

YouTubeにCocomiさんがフルート演奏している動画がありました。

受賞歴が納得の演奏ですね。

 

妹のkoki,とどっちが凄い?

妹のKoki,さんもCocomiさんと同じインターナショナルスクールに通っていました。

Cocomiさんは中学まででしたがKoki,さんは現在も通っているそうです。

 

CocomiさんとKoki,さんどっちが凄いのか…。

正直なところ、ジャンルが異なるためどっちが凄いのかということは一概には言えません

 

音楽の才能で言えば、数々の賞を受賞しているためCocomiさんの方が凄いのかも。

ですが、モデルとしての才能でいえばKoki,さんの方が上じゃないかなと個人的には思います。

 

姉妹とはいえ、Cocomiさんは母親似でKoki,さんは父親似と顔の系統も違っています。

また身長も実はお姉ちゃんであるCocomiさんの方が低いんですよね。

 

妹のkoki,とのコラボは?

妹のKoki,さんとのコラボと言えるのかどうか分かりませんが、ブリティッシュ・スクール・イン・東京に通っていた当時、Koki,さんとともに演奏会に出場していました。

CocomiさんもKoki,さんも共にフルートを演奏していたと言います。

美人姉妹が同じステージに立っていたということで注目していた人は多かったでしょうね。

 

CocomiさんとKoki,さんのコラボですが、最近インスタライブにて2人のコラボ動画が好評みたい。

世の中が落ち着けば、CocomiさんとKoki,さんのコラボ演奏をメディアで見ることができるかも。

 

母・工藤静香の英才教育が凄かった!

Cocomiさんは幼少期はアオバジャパンインターナショナルに通っていたそうです。

お受験しなければ入学できないため、幼い頃から母・工藤静香さんによる英才教育をCocomiさんは受けていたのだとか。

3歳のときにヴァイオリンとピアノを習い始めたのはお受験に向けてでしょうか。

 

そして小学校はブリティッシュ・スクール・イン・東京へ。

ちょうどこの頃に木村拓哉さんは完全防音となる音楽スタジオを併設した豪邸を建てており、Cocomiさんは毎日のように楽器練習に勤しんでいたのだとか。

木村拓哉さんの仕事のためという理由もあるでしょうが、Cocomiさんのためといっても過言ではないでしょう。

 

Cocomiさんがフルートと出会ったのは小学生(11歳)のとき。

フルートを習い始めたきっかけはピアノを習っていた先生の本業がフルートだったから。

どうやらピアノの才能はいまいちだったようで…。

フルートに切り替えたところ才能がぐんと伸びたのだとか!

 

中学校はブリティッシュ・スクール・イン・東京に通っており、2017年3月に中退しています。

というのもインターナショナルスクールは日本とはシステムが異なるため、日本の高校に入学するためには中退という形で卒業するしかないのだそう。

(ちなみに妹のKoki,さんは現在もインターナショナルスクールに通っています)

 

中学時代には本場の音を聞くために家族でフルート旅行していたことが週刊誌に掲載されました。

 

高校は先ほども紹介した通り桐朋女子に入学したのですが、実はCocomiさんが入学したとき、音楽科のフルート合格者はCocomiさん1人だけだったそうです。

高い競争率の中で合格したということになるわけで、すごいですよね!

 

勉強ができなかったからフルートにかけていたって本当?

インターナショナルスクールでは授業はすべて英語で行われます。

そのためCocomiさん日本人としては高い語学力を備えていましたが残念ながら勉強についていくことができなかったそうです。

中学時代には東大卒の家庭教師を付け、勉強を頑張っていたとのこと。

 

勉強がいまいちだったため、工藤静香さんは音楽への教育に熱心だったのかもしれません。

その結果がCocomiさんのフルート受賞歴に繋がるのですね。

Cocomiさんのフルート受賞歴は母の愛に娘が応えた結果ともいえるのではないでしょうか。

 

cocomiのフルート受賞歴は?音楽高校や大学での経歴も調査! まとめ

cocomiのフルート受賞歴は?音楽高校や大学での経歴も調査!というタイトルにて、Cocomiさんのフルート受賞歴やコンクール出場歴について紹介していきました。

 

幼い頃からインターナショナルスクールに通い、競争率の高い桐朋女子に入学するなど音楽家として素晴らしい経歴の持ち主であることが今回明らかになりました。

作曲家としても活動しているとのことなので、いつか作曲した曲を披露して欲しいですね!

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー