教場【ドラマ】明石家さんまの関係性は?キャストとして出演?

フジテレビ開局60周年特別企画として放送される「教場(ドラマ)」は、”視聴率男”こと木村拓哉さんが主演を務める令和一発目の作品です。

多くの人が注目しているドラマであるということで、いろいろと情報を調べてみました。

 

すると、「教場(ドラマ)」を調べると明石家さんまさんの名前が出てきます。

一体なぜ明石家さんまさんの名前が出てくるのでしょうか。

今回は教場【ドラマ】明石家さんまの関係性は?キャストとして出演?について調査し情報をまとめていきたいと思います!!

 

教場【ドラマ】明石家さんまの関係性は?

出典:https://biz-journal.jp/

インターネットで「教場(ドラマ)」と検索してみると、さまざまな関連キーワードが出てきます。

 

例えばどのような関連キーワードが出てくるかというと、

・教場 あらすじ
・教場 映画
・教場 ネタバレ

このような関連キーワードがヒットします。

その中に、”明石家さんま”という関連キーワードもヒットするのです。

 

一体なぜ明石家さんまさんの名前がヒットするのでしょうか…。

そこで、明石家さんまさんの名前がヒットする理由を調査してみました!!

 

すると、現在フジテレビ系列にて2002年に放送されたドラマ「空から降る一億の星」が再放送されていることが明らかになりました。

こちらのドラマは木村拓哉さんと明石家さんまさんがW主演を務めたドラマです。

アイドル界のスターとお笑い界のスターの共演は当時大きな話題となりました。

 

そんな「空から降る一億の星」の宣伝に「教場(ドラマ)」のタイトルが登場しているのです!

実際のタイトルがこちら ↓

空から降る一億の星【1/4、5は木村拓哉主演SPドラマ「教場」】

教場(ドラマ)」も「空から降る一億の星」もどちらも木村拓哉さんが主演を務めるドラマです。

そのため2つを関連付けて番宣しているのでしょう。

 

ではなぜ「教場(ドラマ)」と検索すると明石家さんまさんの名前が出てくるのか。

おそらく、「教場(ドラマ)」も「空から降る一億の星」も木村拓哉さんが主演を務めるフジテレビ系列のドラマということで友情出演的な感じで明石家さんまさんが出演するのではと多くの人が検索したのでしょう。

 

また2020年1月1日(水)に放送された「さんタク」で木村拓哉さんと明石家さんまさんが「教場(ドラマ)」について話していたことも検索する人が多くなった理由の一つでしょう。

 

教場【ドラマ】に明石家さんまが出演するの?

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

明石家さんまさんが「教場(ドラマ)」に出演するのかどうか調査してみました!

教場(ドラマ)」の撮影は2019年6月に行われ、10月にはクランクアップしたそうです。

夏の暑い時期に撮影が行われたことが公式Twitterにて投稿されていました。

 

教場(ドラマ)」放送前に、出演するキャストが公開されています。

出典:https://morisee.xyz/

出演キャストの中に明石家さんまさんの名前はありません

(木村拓哉さん以外のキャストはわりと若いキャストが多いなという印象です)

 

教場(ドラマ)」の公式ホームページを見ても明石家さんま出演するといった情報は書かれていませんでしたので、ドラマに出演することはないものの思われます!

 

※1月5日更新

『教場』後編の後半シーンで警察官役で制服をまとった明石家さんまさんが友情特別出演をされておりました!


最後の最後で魅せてくれる粋な計らいでしたね!

 

教場【ドラマ】明石家さんまの関係性は?キャストとして出演?まとめ

出典:https://outidesigoto.com/

木村拓哉さんが主演を務めるフジテレビ開局60周年特別企画「教場(ドラマ)」と明石家さんまさんの関係性について今回は注目し、キャストとしてドラマに出演するのかどうか調査しまとめていきました。

 

結果として、明石家さんまさんは「教場(ドラマ)」には出演しません

木村拓哉さんと明石家さんまさんがドラマで共演することを楽しみにしていた人は多かったと思いますが…、残念でした。

 

教場(ドラマ)」は2020年1月4日(土)5日(土)21時から2夜連続で放送されます。

明石家さんまさんは出演されませんが、木村拓哉さんが新境地に挑む作品です。

 

当日時間のある方はぜひドラマをチェックして下さいね!

リアルタイムで見れない方は録画してでもぜひ、見てほしいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー