35歳の少女の原作ネタバレ!あらすじや感想も1話~最終回まで全話ご紹介!

○○妻以来、5年ぶりに柴咲コウさんと脚本家の遊川和彦さんがタッグを組むドラマ『35歳の少女』が始動します。

今回は、35歳の少女の原作ネタバレ!あらすじや感想も1話~最終回まで全話ご紹介!という事で、『35歳の少女』の原作ネタバレやあらすじを調査していきましょう。

 

『35歳の少女』は柴咲コウさん演じる35歳の主人公が、10歳の時に不慮の事故にあって以来、25年間に渡り昏睡状態にあったという現代版『眠り姫』です。

果たして、この物語にモデルが存在するのか?という事や、実話なのか?という事も含め、1話~最終回まで全話のあらすじや評価も紹介していきますので、最後までお付き合い下さい。

 

35歳の少女基本情報一覧

作品情報

 

製作スタッフ

  • 脚本:遊川和彦
  • プロデューサー:大平太/諸田景子
  • 演出:猪股隆一
  • 原作:オリジナル作品
  • 音楽:情報なし
  • 製作:日本テレビ

 

登場人物・出演キャスト

  • 今村望美/柴咲コウ:事故により昏睡状態にあったが25年ぶりに目覚めたこの作品の主人公。身体的年齢は、35歳だが中身は事故当時の10歳のまま。
  • 広瀬結人/坂口健太郎:望美の幼なじみで初恋の相手。臆病な気持ちを隠す為に虚勢を張って生きてきたが、望美との再会で変化が訪れる。
  • 時岡愛美/橋本愛:望美の三歳年下の妹だが、望美の事故をきっかけに家庭崩壊したため姉の復活を素直に喜べず苦悩する。
  • 今村進次/田中哲司:望美と愛美の父親。事故後、家庭崩壊に陥っていったが向き合う事が出来なかった。現在は、再婚し新しい家庭を築いている。
  • 今村加奈/富田靖子:進次の再婚相手。
  • 今村達也/竜星涼:加奈の連れ子で、社会人になり会社でイジメにあったことがきっかけで、現在は引きこもり生活をしている。
  • 時岡多恵/鈴木保奈美:望美の母。望美の事故後に夫と離婚。25年間眠り続ける娘の望美の意識回復を信じて生きて来た。

 

 

35歳の少女のあらすじ~イントロダクション~

1995年。
不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、望美
家族は、バラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。
ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。

そして、2020年。
心は10歳、だけど体は35歳。
25年ぶりに少女が目覚めた!

「もし、あなたの大切な人が、
25年ぶりに目の前に現れ、
中身は、10歳のままだとしたら、どうしますか?」

すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、
主人公の“時をこえた”成長物語。

引用:https://www.ntv.co.jp/shojo35/

『35歳の少女』は、10歳の時に不慮の事故に遭い昏睡状態に陥ったまま眠りから覚めない少女・今村望美(柴咲コウ)が、25年ぶりに奇跡的に目覚めるところからはじまります。

10年ひと昔というように、25年も経ったら自分もそうですが世の中も大きく変わっています。

 

試しに、ご自身の25年前を思い浮かべてみて下さい。

私はすでにオトナでした(笑)

中にはこの世に、まだ影も形も存在していないという方もいるでしょう。

25年前は子供だったという方も沢山いると思います。

 

社会はどうだったのでしょうか?

25年前というと1995年。なんとWindowsが発売された年です!

日本もそうですが、世界中このWindowsをきっかけに世の中、色んなものが次から次へと変わっていきました。

 

1995年に事故に遭い、その後25年間の記憶が全くないまま現代に目覚めた事を想像してみて下さい。

私ならばめちゃくちゃ混乱しちゃうと思います。

『35歳の少女』は、その名の通り身体は大人に成長していても、心も頭も小学生当時のままです。

 

様々な作品に出演している柴咲コウさんですが、そんな彼女の難役としてまず思い浮かぶのは『オレンジデイズ』の後天的に聴覚を失った主人公が思い浮かびます。

今回は、中身が10歳のままという設定で更に難しそうな役柄です。

主人公の望美が10歳から大人へと成長してく過程を中心に描かれると思うのですが、どんな作品になるのか非常に楽しみですね。

 

35歳の少女は実話?フィクション?モデルはいるのかご紹介!

35歳の少女は実話?フィクション?モデルはいるのかご紹介!という事ですが、この作品に原作はなく遊川和彦さんが、書き下ろす完全オリジナル作品です。

『35歳の少女』公式HPのプロデューサーのコメントによると、脚本は5話まで進んでいるという事なので、まだ最後まで書き終えていないのかもしれません。

 

視聴者の声などでラストまでの展開も変わっていくのか、それとも遊川和彦さんの中にすでにラストまでの構想があるのかはわかりません。

遊川作品といえば、『〇〇妻』、『過保護のカホコ』、『同期のサクラ』などがありますが男女間の恋愛だけでなく、家族愛や友情などに焦点をあてた作品が多いです。

 

『35歳の少女』は10歳の少女が不慮の事故によって昏睡状態に陥り、25年後に目覚めるという奇跡の様な話なのですが、この設定を聞いた時に私は韓国ドラマ『30だけど17です』という作品を思い浮かべました。

 

『30だけど17です』は、17歳の少女が不慮の事故に遭い、目覚めると月日が経ち30歳になっていたという物語です。

主人公の設定でこの作品のリメイク?と勘違いしてしまったのですが、全く別の作品の様ですね。

 

『35歳の少女』は、遊川和彦さんの完全オリジナル作品という事でフィクションであり、今ある情報で判断すると特にモデルもいない様です。

それでは、あらすじについてみていきましょう。

 

35歳の少女の原作ネタバレあらすじは?

35歳の少女の原作ネタバレあらすじは?という事ですが、『35歳の少女』には原作はなく原作ネタバレは存在しません。

既に途中まで脚本は書き進められているという事です。

10歳の少女が眠ってしまった1995年から少女が目覚めた2020年という25年間は、日本の生活様式も大きく変化しました。

 

25年ぶりに目覚めた10歳のままの少女にとって2020年という時代は知らない事ばかり。

ユニバーサルジャパンができ、東京スカイツリーも建ち、アナログ放送だったテレビはデジタルに切り替わり、データ通信を行える時代。

携帯電話もスマートフォンが主流となりました。

 

子供は順応性が高いので時代の変化にはすぐに馴染めそうですが、大きく変わったのはそれだけではありませんでした。

主人公・今村望美の事故をきっかけに今村家は両親が離婚しました。

目覚めたら家族がバラバラになっていたというのは、10歳児はかなりのショックだったと思います。

 

家族離散が自分の事故のせいだと知ったならば、子供ながらに(子供だからこそ)自責の念を感じでしまうのではないでしょうか?

また、望美の妹の愛美も事故のせいで家族がバラバラになったので、望美のせいでないとはわかっていても望美の回復を素直に喜べずにいます。愛美はきっとそんな自分に嫌気がさすのだと思います。

 

父の進次も、娘の事故のせいで妻との間にズレが生じたのにも関わらず、そこから目を背け、向き合わなかった事に負い目を感じている様です。

望美の事故によって、止まってしまった家族の時間が望美の目覚めによって再び動き出します。

 

望美の家族、そして父親が再婚して出来た新しい家族、さらには望美の幼馴染で初恋の相手・広瀬結人(坂口健太郎)も登場します。

それぞれに、生きる事に何かしら不自由を感じながら、時には自分を抑え、時には偽り生きています。

 

大人の姿だけど、10歳のままの望美は不器用ながらも一生懸命に向き合うタイプの性格の様です。

10歳の少女といえば、個人差が出る年です。

まだまだ子どもだなと思う子がいる反面で、妙に大人びている子が混在する年齢ですね。

 

しかし、大人びているだけで大人ほどの知識がある訳ではないので、やはり大人とは違います。

知らない故に大人が尻込みしてしまう事も大胆になれたり、余計な事を考えずに素直に受け入れる事が出来るのも子供の特権というか大人が羨ましいと思うところです。

 

大人たちは35歳の少女と触れ合う事で色々な事に気づかされ、感化され、自分を見つめなおしていくのではないでしょうか?

『眠り姫』の目覚めは、大人たちの変化の目覚めに繋がっているのかもしれません。

 

遊川作品は、作品を通じて人として忘れがちな大切な事を教えてくれる事が多いので、『35歳の少女』もそんな作品になるのではないかと思います。

 

35歳の少女のラスト最終回を予想してみた!

原作もなく、情報も少なく、まだ番組もスタートしていないないないづくしの作品なので、ラストを予想するのは難しいのですが、35歳の少女のラスト最終回を予想してみた!という事で、どんな結末を迎えるのかを予想したいと思います。

 

これまでの、遊川作品『過保護のカホコ』と『同期のサクラ』を例に考えるのですが、どちらも波乱の展開がありながらも最終的には視聴者がほっこりするような幸せな結末を迎えています。

『35歳の少女』も最後はハッピーに終了するのではないでしょうか?

 

コメディ要素も含みながらも基本的には視聴者にも自分ならばどうするか?という事を問いかける様な展開になっていくことが予想されます。

まだ、最終回まで脚本を書き終えていないようなので、既に遊川和彦さんの中にラストまでの構想があるのか、それとも視聴者の希望や反応にも添いながら物語が展開していくのは定かではありません。

 

問題なのは、目覚めた時からどこまでその先を描く予定があるのかという事です。

というのも、25年前がティーンエイジャーだとしたら目覚めてからの精神的な成長もそれなりに早いのかもしれませんが、10歳が成熟した女性の精神年齢に達するまではかなりの時間を要しそうです。

 

望美の初恋相手の広瀬結人(坂口健太郎)や、更に望美の義理の弟・今村達也(竜星涼)の存在が恋愛に絡む事を考えると、精神年齢が10歳のままでは厳しそうです。

皆さんはどう予想するのかはわかりませんが、大人の恋愛が描かれるとするならば何処かで何年かとばさないと気持ち悪い展開になりそうです(笑)

 

家族愛の他に男女間の恋愛も存在してほしいので、願望的にこんな予想になりました。

失った25年間を取り戻すように、そこからの先の望美の人生や家族たちも幸せであってほしいです。

 

35歳の少女の全話視聴率

放送回視聴率放送日(毎週土曜日)
1話2020年10月10日(土)
2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話
最終回(予想)

※上記情報はビデオリサーチ・タイムシフト視聴率【関東地区】にて発表

放送がまだなので放送が始まり次第、更新していく予定です。

 

35歳の少女のネタバレ!ストーリーのあらすじや感想をご紹介!

これまでに放送された『35歳の少女』各放送回についてのネタバレあらすじや感想を放送終了後から出来るだけ早くご紹介していきます!

 

番組放送をまだ見てない方にとっては完全なネタバレとなりますので、観覧にご注意ください!

第1話のネタバレ感想とあらすじ!視聴者の評価や口コミは?

放送終了後に追記します。

しばらくお待ちください。

放送終了後に追記します。

放送終了後に追記します。

 

35歳の少女の見逃し動画を無料でフル動画視聴する方法は?

ドラマ「35歳の少女」の放送を見逃してしまった!

さかのぼって1話から全話見直したい!

 

大手動画配信サービス『Hulu』で、ドラマ35歳の少女』を1話~全話(最終回)配信予定!

月額1,026円(税抜き)のサービスのところ、お試しトライアルの簡単な手続きを行うだけで、2週間の間、お金を一切かけることなく、無料(0円)でドラマ『35歳の少女』の見逃し動画をフル視聴することが出来ます!

 

他にも話題の人気ドラマや映画やアニメまでも無料で視聴できる作品がたくさんあるので毎日が充実します!

登録手順~解約方法も簡単ですので、いますぐおためし無料トライアルの体験をおすすめします♪

 

\Huluなら『35歳の少女』が見放題‼/

☑2週間以内での解約は無料(1,026円(税込)➡0円)です!

 

35歳の少女の原作ネタバレ!あらすじや感想も1話~最終回まで全話ご紹介!まとめ

35歳の少女の原作ネタバレ!あらすじや感想も1話~最終回まで全話ご紹介!という事で、『35歳の少女』のあらすじについて調査してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

柴咲コウさんは現在39歳という事で、見た目に35歳という役も違和感なく見れそうです。

その一方で坂口健太郎さん(29歳)が柴咲コウさんと同じ年の幼馴染役だったり、橋本愛さん(24歳)が3つ年下の妹役というのは、なかなか大胆なキャスティングなので、どうなるのか楽しみです。

 

望美のお母さんが鈴木保奈美さんだったり、お父さんが田中哲史さん、そしてその妻が富田靖子さんなど脇も演技派ぞろいで非常に楽しみな作品ですね。

『35歳の少女』は私たち視聴者にも影響を与えてくれる作品になると思います。

楽しみに待ちましょう。

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー