DIVER(ダイバー)ドラマの原作ネタバレ!1話~最終回まで全話のあらすじは?

9月22日に放送がスタートしたサスペンスドラマ『DIVER(ダイバー)』!!

福士蒼汰さん主演の注目作です。

 

そんな話題のドラマの原作ネタバレやドラマ情報をまとめてご紹介します。

また、『DIVER(ダイバー)』放送後には視聴率や感想も追記していきます。

 

では早速『DIVER(ダイバー)ドラマの原作ネタバレ!1話~最終回まで全話のあらすじは?』と題し、見ていきましょう!!

 

\ドラマ『DIVER(ダイバー)』はFOD PREMIUMで配信中

DIVER(ダイバー)ドラマ基本情報一覧

作品情報

『DIVER(ダイバー)』は9月22日から放送開始されています。

一味違った刑事ドラマという印象で、放送開始前から非常に楽しみでした。

 

製作スタッフ

  • 脚本:宇田学
  • プロデューサー:荻原崇・大城哲也
  • 演出:宝来忠昭・木村弥寿彦・西片友樹
  • 原作:「DIVER-組対潜入班-」大沢俊太郎(集英社)
  • 製作:カンテレ

『DIVER(ダイバー)』は「DIVER-組対潜入班-」という漫画が原作です。

原作は全3巻で完結していますが、ドラマでは違った展開もあるかと思います。

 

登場人物・出演キャスト

黒沢兵悟…福士蒼汰

「潜入捜査官チーム」(通称“D班”)の一員で主人公。
命の危険もかえりみず、悪の根源を駆逐するためには手段を選ぶことなく、時に暴力的に、時に冷徹に、犯罪者に立ち向かっていくが、凶悪性は異常。

佐根村将…野村周平

海上自衛官としてエリートコースを歩んでいたが、阿久津からD班に誘われ、D班の一員に。
あることの真相を掴むという目的がある。

伊達直哉…安藤政信

兵庫県警・組織犯罪対策課・兼D班班長。
ぶっきら棒で気が短いが、根は優しい男で死別した妻との間に高校生の娘がいる。

阿久津洋子…りょう

頭脳明せきで警視庁の試験をトップで合格し、キャリアを積んでいくなか、犯罪者・兵悟のダイバーとしての素質を見抜き、逮捕し、潜入捜査をしないかと持ち掛ける。
兵庫県警に飛ばされるも極秘にD班を動かし、機密情報を得ている。

 

➡『DIVER(ダイバー)』さらに詳しいキャスト紹介や相関図をご紹介!

 

DIVER(ダイバー)ドラマのあらすじ~イントロダクション~

急増する犯罪組織に対抗するため兵庫県警に秘密裏に設けられた「潜入捜査」チームがあった。通称「D班」と呼ばれ、悪の組織に潜入する“DIVER(ダイバー)”たち。命を落とす危険と隣り合わせの仕事。「最強の潜入官」と呼ばれる捜査官・黒沢兵悟は、犯罪者逮捕のためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な「最凶の男」。時には誰よりも善人な顔をし、時には誰よりも情けない姿をさらしているが、それらはすべて“ウソ”。悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で悪を駆逐する。何が正義で何が悪かー 予想を裏切るノンストップサスペンスが幕を開ける!

引用:https://www.ktv.jp/diver/

「潜入捜査」が主流の刑事ドラマのようですが、どういったところに潜入するのか…そこが見どころと感じています。

イントロダクションの感じからすると危険を伴う潜入が多いのかなと思います。

ピンチを乗り切る方法なども注目したいところですね。

また、冷酷非道な福士蒼汰さん…どんな役柄に仕上がっているのか非常に楽しみです。

 

DIVER(ダイバー)ドラマの漫画原作あらすじは?

『DIVER(ダイバー)』の原作漫画DIVER-組対潜入班-』(ダイバー そたいせんにゅうはん)です。

読み方は”くみたい”ではなく、”そたい”なのですね。

気になる『DIVER(ダイバー)ドラマ』の漫画原作あらすじですが…

警察は国内外のあらゆる犯罪組織に対抗するべく、遂に組織犯罪対策部で潜入捜査を開始。そんな中、「最凶の悪」ゆえに「最強の潜入官」と呼ばれる捜査官・黒沢兵悟は日本を標的にする海外の犯罪組織に危険な潜入を開始した──。

http://grandjump.shueisha.co.jp/

となっており、実際に原作漫画を少し読んでみました。

 

まず最初に潜入するのは振り込め詐欺グループ。

ただの詐欺グループではなく、「元エリート学生で構成された知的詐欺師集団」と漫画内では揶揄されていました。

主人公の潜入方法は危険すら顧みない無謀なやり方の連続で…読んでいて恐怖を感じるほど。

しかも最終的には悪の根源を殺して始末、警察官とは思えない事態の収め方です。

 

主人公自体、過去にトラウマを多く抱えているような描写がありました。

悪がはびこる中で底辺を生きてきた…そう感じさせるような生い立ちだと予想できます。

そんな主人公が悪を憎み、悪と対峙。

時にやり方は間違ってはいますが、正義の味方であることに違いはないようです。

 

DIVER(ダイバー)ドラマのラスト最終回を予想してみた!

『DIVER(ダイバー)』ドラマのラスト最終回を予想してみました!

原作の漫画は全3巻ということで、ラストを迎えているわけですが…

ドラマオリジナルのラスト最終回が用意されていると思います。

 

というのも、原作の漫画はかなりハードな内容ですので、ドラマではもう少し万人受けするようなストーリー展開になると思います。

そこで考えられるラスト最終回は、何か大きな事件を解決してのハッピーエンドか主人公が新たなステップへと昇っていくハッピーエンドか…

個人的にどんな話もハッピーエンドを望みますので、『DIVER(ダイバー)』もハッピーエンドなラスト最終回が良いなと予想しました。

 

果たして実際はどんなラスト最終回が待っているのでしょうか?

『DIVER(ダイバー)』の放送開始が待ち遠しいですね!!

 

DIVER(ダイバー)ドラマの全話視聴率

放送回視聴率放送日(毎週火曜日)
1話9.6%9月22日
2話9月29日
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話
最終回(予想)

※上記情報はビデオリサーチ・タイムシフト視聴率【関東地区】にて発表

 

DIVER(ダイバー)ドラマのネタバレ!ストーリーのあらすじや感想をご紹介!

これまでに放送された『DIVER(ダイバー)』各放送回についてのネタバレあらすじや感想を放送終了後から出来るだけ早くご紹介していきます!

 

番組放送をまだ見てない方にとっては完全なネタバレとなりますので、観覧にご注意ください!

第1話のネタバレ感想とあらすじ!視聴者の評価や口コミは?

「何が正義で、何が悪か?」潜入捜査官チーム、通称“D班”が組織犯罪の闇に立ち向かう!極悪・最凶の潜入捜査官・黒沢兵悟(福士蒼汰)が冷酷非道に悪を制す!

かつて窃盗や暴力事件の常習犯だった黒沢兵悟(福士蒼汰)は、警察も手を焼くほどの高いIQと判断力、身体能力が認められ、兵庫県警本部長の阿久津洋子(りょう)のもと、秘密裏に結成された潜入捜査官チーム、通称“D班”の一員に。その任務は、暴力団や詐欺集団など、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむこと。兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)、闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)らD班のメンバーとともに、多少の犠牲はいとわない、冷酷非道ともいえるやり方で、悪の根源を駆逐すべく、常に命の危険と隣り合わせの潜入捜査を行う。
このところ、兵庫県警の管轄内では、年間被害総額390億円ともいわれる特殊詐欺が多発していた。兵悟は、事件に何らかの形で関与していると思われる闇金会社に潜入。組織の実態をつかむため、闇金会社の社長の海藤武史(杉本哲太)に接触するが……。
その頃、阿久津のもとには、幼い頃から成績優秀、文武両道で防衛大学を首席で卒業し、海上自衛官としてエリートコースを歩んできた佐根村将(野村周平)が訪ねてくる。阿久津からD班に誘われていた将は、ある真相をつかむために自衛官を辞める決意を固める。

引用:https://www.ktv.jp/diver/story/

手段を選ばない男

麻薬の取引現場から逃走した一人の男・黒沢兵悟。

その黒沢兵悟は兵庫県警の本部長・阿久津洋子に雇われている特殊班・D班の一員です。

 

後日、借金が返せず闇金の取り立てに追われているアオキと言う男の姿が。

アオキは黒沢の偽名で、やくざたちに捕まり絶体絶命のピンチ。

身ぐるみはがされ殺されそうになっていました。

そんな状況下でアオキは自分の指を落とすという奇行に走り、やくざのボス・海藤に認められることに。

 

黒沢が皮で辛うじて繋がった状態の指を治療に訪れた先は闇医者のようで、自分の指を落として見せるというのはなんと作戦だったようです。

指を治療してくれたのは腕は確かなようですが、口の悪い女医でした。

 

黒沢は自分の指を犠牲にし、海藤からの信頼を得たのです。

目的達成のためには自分の犠牲も止む得ないといったようです。

 

信頼を得る

海藤からの信頼を得たアオキがやらされたのは特殊詐欺の受け子の仕事でした。

口から出まかせをさらりと話すアオキの様子に、海藤は素質を感じます。

海藤はアオキを特殊詐欺の事務所のようなところに連れて行き、「素質がある」と褒めます。

 

その後も次々に特殊詐欺の受け子をするアオキ。

海藤は2週間で3千万とかなりの額を手にしていましたが、アオキの取り分は15万円。

さらにそこから借金返済分10万も引かれ、渡されたのはたった5万円。

アオキは「もっと稼げる仕事がしたい」と海藤に頼みますが、叱責されてしまいます。

 

海藤に食事に誘われたアオキはそこで新人の若者を紹介されます。

その若者に受け子の仕事を教えてやれと言われ、翌日一緒に詐欺を行うことに。

しかし翌日お金を受け取りに行った先には警察が張り込んでいました。

間一髪のところで逃げることのできたアオキですが、警察にリークしたのは海藤でした。

 

警察は逃げたアオキを躍起になって追っていましたが、周辺の防犯カメラの映像がすべて消されており手掛かりはゼロ。

それはアオキこと黒沢の仲間のハッカーの仕業でした。

 

違法な方法での潜入捜査

海藤は警察にリークしたことを認め、アオキを警察の仲間でないかを試したと言います。

そしてアオキにもっと稼げる仕事だと言い、会社社長の柏田を紹介します。

アオキは柏田の会社で働くことになりました。

会社に出社する際に眼鏡をかけていたアオキですが、そのメガネは特殊なもののようでした。

 

仕事を終えたアオキの向かった場所には黒沢の仲間が勢揃い。

特殊なメガネで撮影した詐欺集団の顔写真と見ながらの作戦会議をするようです。

ホワイトハッカー・宮永に闇医者・皆本、組織犯罪対策課の指揮をとる伊達直哉の姿も。

伊達は警察の中にいる味方のようですが、黒沢の無茶苦茶なやり方には腹を立てているようでした。

 

翌日からも黒沢の潜入捜査は続きます。

その捜査方法は防犯カメラをハッキングしたりと、警察では行うことのできないやり方ばかり。

しかし捜査の甲斐あって、柏田が詐欺に加担している証拠をつかむことが出来たようです。

 

黒沢は再び海藤に会いに行き、話すことで更に気に入られるアオキ。

これも黒沢の作戦のようです。

その夜、黒沢は柏田の会社に踏み込んでいいと伊達に電話しますが、伊達の証拠はつかんだのかという問いは無視。

 

黒沢流のやり方

柏田の会社に警察の踏み込み当日、その場にわざと居合わせた黒沢はなぜか発砲し逃げ出します。

アオキが向かった先は海藤のところ。

実は詐欺グループのトップだと思われていた柏田はダミーで、黒幕は海藤だったのです。

それを海藤が認め、アオキに一緒に逃げようと。

 

海藤の目を盗み、海藤が詐欺で騙し盗ったお金を紙袋に入れ逃げる準備をするアオキ。

ビルの窓から下に止まっていた仲間のトラックの荷台に飛び降り、アオキこと黒沢はまんまと逃げだします。

あっけにとられている海藤を遅れてやってきた警察官が逮捕。

 

逮捕された海藤ですが、海藤が詐欺に関わっていたという証拠は黒沢によってすべて消去されています。

すぐに釈放されることになった海藤ですが、大々的に詐欺の黒幕として報道された海藤は釈放された瞬間に拉致され結果殺されます。

ここまでが黒沢の描いたシナリオだったようです。

ちなみに海藤から取り返したお金は被害者のもとへ返されていました。

 

黒沢たちD班のやり方に伊達は納得いかないようですが、阿久津は彼のやり方を容認し、更に仲間を一人増やす準備を進めていました。

新しい仲間は元海上自衛隊のエリート・佐根村で、次の潜入捜査からD班に加わるようです。

 

20代女性
初っ端から、ダークな世界観でした。
覚せい剤を隠していたとかで、120億円ほどの価格だとかで、薬物絡みは怖いというか、嫌だなと感じてしまいますが、これは薬物という法に触れる物を売買して多額のお金を得ている人がいるというのが、イライラするという意味です。
ただ、そんな時に福士蒼汰さんこと黒沢が登場しましたが、彼もまたお金をヤクザに借りていて、海藤にボコボコにされてしまったりして、本当にダークなドラマのようです。
杉本哲太さんは本当に闇の世界にいるような感じが出ていて、演技が上手いなと思いました。
いつもは杉本哲太さんは優しい役をやることが多いと思うので、逆にそれが怖かったです。
来週も楽しみです。
40代女性
福士蒼汰さんのドラマは久しぶりで、どんな感じか気になり見ましたが、特殊すぎるほど特殊な刑事に感じました。
はじめは、自分が役柄を間違えてた?と思うほど、悪役になっていてとても潜入してやってる感じがなく、すごく悪い人に徹してるなと思いました。
途中からほんとに刑事だったんだと思いましたが、一般の刑事とはあきらかに違いうまくいくのかとちょっとした不安もありました。
不安は的中で、やっぱり意見が合わす対立してるなというのがすごく伝わってきました。
警察の捕まえるとは違う捕まえるやり方なので、一歩間違うと自分も危険な目にあうと思います。
いつもの爽やかさと違って何か特別な感情を持って仕事をしてるように思いました。
次回からのまた新たな展開に期待したいと思います。
50代男性
一話から違法の限度を超えたD班のすごさと緻密さに圧倒され、福士蒼汰の演技に強烈な印象を感じました。
「がさ入れしていいよ」と黒沢(福士蒼汰)が伊達(安藤政信)に言っておきながら、がさ入れの最中に、警察に拳銃を向け、更に発砲して逃げ切るとは、現実的にはあり得ないと思いながらも、これまでの警察関係ドラマとは、一味違った面白さを感じ、次回も楽しみになりました。
詐欺で儲け、社長の回答(杉本哲太)が保管していた金を盗み出し、各被害者に返金していくとは、粋なことをやるなと思いつつ、兵庫県警本部長や県警はD班の扱いに困るだろうと見ていました。
杉本哲太はこれまで刑事側の役が多かったイメージがありましたが、今回、やくざの役が良く似合っているだけでなく、何事も疑り深く、こんなに上手いとは思いませんでした。
30代女性
黒沢(福士蒼汰さん)は借金を返せず闇組織の海藤の元で仕方なく働くことになりました。
そこは詐欺を働く会社で年配の方から平気な顔でお金をだまし取ることができる黒沢はこの仕事が向いていると海藤に言われますが、たくさんだまし取っても自分へお金が入ってくるのはわずかで、もっと割の良い仕事を紹介してくれと頼みます。
新しく紹介されたエリートの集まる会社へと移った黒沢はその会社のトップのパソコンからこっそりデータを見ることに成功するのですが、実は彼は潜入捜査官として悪の組織を倒すために集まったD班として動いていたと知った時には驚きました。
黒沢は窃盗等の常習犯でしたが県警本部長にその高い能力を認められ、捜査官となったようです。
なのでとても凶悪性があり、ピストルを向けた時はドキドキしました。
20代女性
事前の予告で、黒沢兵吾(福士蒼汰さん)も秘密組織だと言われていましたが中盤までは悪の組織の人間にしか思えませんでした。
潜入捜査のようにも思えましたが警察官を容赦なく傷つけていたので追われている犯人側にしか見えず面白い展開だと感じました。
秘密組織D班の中で警察官は伊達直哉(安藤政信さん)だけだということにも驚きました。
それぞれの過去が今後暴かれていくのではないかと思います。
警察では捌けない闇がはびこっていて、そこを根絶やしにしたいと考えている阿久津洋子(りょうさん)はなんとなく現実的なような気がして、今後警察と秘密組織がどのように悪に立ち向かっていくのか楽しみです。
演技力のある俳優陣のドラマなので見応えたっぷりでした。
30代男性
元犯罪者で警察内部でも表向きには知られない特殊潜入捜査班がメインで活躍するのは、ハラハラして楽しみです。
しかもそれを爽やかイケメンの福士蒼汰くんが熱演するという事でなおさらです!
かなり筋トレして肉体的に凄いのは知ってましたがそれを悪の役で演じるのは意外性ありました。
ただ演技もなかなかで、違和感なく迫力あり時に怖いなとも思い良かったです。
悪が悪を裁く、しかもそのやり方は悪に相応しいやり方でとてもスッキリします。
ストッパー役になりそうな野村周平さん演じる佐根村もどんな動きをするかとても楽しみです。
相反する立場で間違いなく対立しながら捜査を進めていくと思いますので、兵吾だけでなくおそらく将も同等の力を持っていると思うのでコンビのアクションが観たいです!
60代女性
警察が秘密に作った潜入捜査官は、すごいメンバーでした。
兵悟は、怖いものなしで、優秀で、冷血で、潜入捜査にぴったりです。
医師の皆本は、腕がよく、度胸があります。宮永は、コンピューターを操る優秀な技士です。
表の警察官の伊達と連携を取り、みんなで計画的に、捜査し逮捕するチームワークは見事でした。
次回からは、優秀な元海上自衛隊員の佐根村も入るので、どのような相乗効果があるか楽しみです。今回は、詐欺のトップを逮捕する目的で、だましあいが繰り返されました。
まさか、海藤がトップだとは思いませんでした。
最後に、兵悟が騙した人にお金を返すのはよかったですが、海藤がわざと殺させるように仕組んだのには驚き、騙す側を許さない強い気持ちを感じました。
兵悟の過去が明らかになるのも期待したいです。
40代女性
ずっと夢中になって見てしまいました。
福士蒼汰くんがいつもの穏やかな役とは違って、ワイルドで悪人みたいな役柄でびっくりしましたが、とてもかっこよかったです。
警察の味方なのかそうでないのか、今の段階ではわからないけど、おもしろくなりそうです。
悪いことをしているのかと思いきや、最後は詐欺にあった人たちにお金を返していたので、心は優しい人なんだと思いました。
闇がある感じで、あの冷酷な冷たい目が印象的でした。
安藤政信さんもいいお歳だと思いますが、いつまでも若くかっこいいと思いました。
出演者も個性的なメンバーでこれからの展開が楽しみです。
野村周平くんがまだ今日の放送では存在感がなかったので、来週からが楽しみです。

福士蒼汰さんの今までのイメージとは全く違ったダークな役柄にドキドキしました。

ダークな役もかなり似合いますね。

ストーリーは法律無視でやり放題、「そんなやり方アリなの?」と思いましたが…

悪者を退治するという大前提があるのでアリなのかも。

 

主人公・黒沢兵悟には悲しい過去があるようですが、その辺りも今後語られるのかと楽しみにしています。

また、関西在住の私には兵庫県警が舞台という点も親しみが持てます。

 

女子大生の連続自殺に隠された謎を探れ!共通項であるグルメサークル主宰者たちの真の目的とは!?

5人の女子大生が相次いで自殺した。匿名の通報により、全員が烏鷺谷(うろや)大学の学生・小野原光生(鈴木仁)が主宰するグルメサークルに所属していたことが分かり、兵庫県警本部長の阿久津(りょう)が伊達(安藤政信)に潜入捜査チーム「D班」での捜査を命じる。兵悟(福士蒼汰)が学生に扮(ふん)して構内を偵察していると、グルメサークルに興味があるという井川エリ(山口真帆)が声をかけてくる。早速、兵悟はエリと一緒にサークルの会合に参加するが、サークルでは、一見、その名のとおり食に関する健全な活動が行われている様子。裏で主宰メンバーたちが暗示にかかりやすい人物を選別していることを突き止めた兵悟だが、小野原の狙いまでは分からない—。 さらに、ある男が兵悟の動きを探っていた。
それは、身勝手な行動が多い兵悟を監視するため、伊達がひそかに送り込んだD班の新メンバー・将(野村周平)だった。このサークルの実態とは…。

引用:https://www.ktv.jp/diver/story/

まだ放送されておりません。

ドラマ放送後にご紹介してきます。

まだ記載されていません
まだ記載されていません

 

 

DIVER(ダイバー)ドラマ見逃し動画を無料でフル動画視聴する方法は?

ドラマ「DIVER(ダイバー)」の放送を見逃してしまった!

さかのぼって1話から全話見直したい!

 

大手動画配信サービス『FOD PREMIUM』でドラマDIVER(ダイバー)』を配信中!

月額888円(税抜き)のサービスのところ、お試しトライアルの簡単な手続きを行うだけで、1か月間、お金を一切かけることなく、無料(0円)でドラマ『DIVER(ダイバー)』を無料フル視聴することが出来ます!

 

他にも話題の人気ドラマや映画やアニメまでも無料で視聴できる作品がたくさんあるので毎日が充実します!

登録手順~解約方法も簡単ですので、いますぐおためし無料トライアルの体験をおすすめします♪

 

\ドラマ『DIVER(ダイバー)』はFOD PREMIUMで配信中

 

DIVER(ダイバー)ドラマの原作ネタバレ!1話~最終回まで全話のあらすじは?まとめ

今回は、『DIVER(ダイバー)ドラマの原作ネタバレ!1話~最終回まで全話のあらすじは?』と題し、『DIVER(ダイバー)』の原作ネタバレやドラマ情報をご紹介しました!

福士蒼汰さん主演のサスペンスドラマ、最終回まで目が離せない展開となりそうです。

 

見逃してしまった方はFOD PREMIUMで見逃し動画をチェックしてくださいね!

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー