行列の女神ドラマの原作をネタバレ!ラスト結末はどうなる?

女優・鈴木京香さんが、ラーメンのカリスマに!?

2020年4月20日(月)スタートの新ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」は、ラーメンを極める女たちのアツい物語となっています。

 

今回は行列の女神ドラマの原作をネタバレ!ラスト結末はどうなる?というタイトルの元、『行列の女神』ドラマの原作について調査!

一体どのようなラストになるのかということを紹介していきたいと思います。

 

『行列の女神』の基本情報

コロナウイルスの影響で数々のドラマが放送延期を発表していますが、『行列の女神』は4月20日よる10時からの放送開始に変更はないようです。

他の春ドラマに比べて撮影開始時期が早かったのかなと思います。

気になる『行列の女神』のロケ地や撮影場所についての情報も合わせてご覧ください!

 

『行列の女神』の予告動画は?

 

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の予告動画を視聴してみると分かると思いますが、とにかくこのドラマにはラーメンがたっくさん登場します!

それもおいしそうなラーメンがたくさん!!

 

夜10時スタートのドラマということですが、まちがいなく視聴するとラーメンが食べたくなるでしょう。

『行列の女神』はダイエット中の人には危険なドラマかも…

 

また、『行列の女神』の主題歌の情報も公開されていますので要チェック!!

 

『行列の女神』の見どころ

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の見どころは、主演の鈴木京香さんはもちろん、出演する黒島結菜さん、高橋メアリージュンさんらがラーメンに情熱を注ぐ姿です。

なにかに情熱を燃やす女性って美しいですよね!

 

また『行列の女神』のドラマ内でラーメンをおいしく食べるキャストにも注目して欲しいなと思います。

 

キャスト出演者一覧

芹沢達美…鈴木京香

日本一と名高い「らあめん清流房」のカリスマ社長
仕事の面では自分にも他人にも厳しいが、部下のフォローを欠かさない人情溢れる一面も。

汐見ゆとり…黒島結菜

清流企画の社員。
名前の通りTHEゆとり。両人を前にして「おいしくない」と空気の読めない発言をすることも…。
抜群のセンスの持ち主で皆がアッと驚くようなラーメンを作り上げる

夏川彩…高橋メアリージュン

清流企画の社員。芹沢に憧れ職人として入社。いつかは自分の店を持ちたいという野望を持つ

白坂隼人…小関裕太

清流企画の社員。愛らしいルックスで奥様方をとりこにするマダムキラー

須田正史…前野朋哉

清流企画の社員。ラーメンについて語り出すとと盛らなくなるラーメンオタク

有栖涼…石塚英彦

おいしいラーメンを食べ歩くラーメン評論家

河上堅吾…杉本哲太

清流企画の部長。縁の下の力持ちで芹沢をはじめ社員たちのフォローを行う

 

『行列の女神』の詳しいキャスト紹介や相関図についてもご覧ください。

 

『行列の女神』の原作は?

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」は、久部緑郎さん原作、河合単さんが絵を書いた漫画「らーめん才遊記」の実写化作品です。

ラーメンを題材にした作品で、同じく久部緑郎さん原作、河合単さんが絵を書いた漫画「ラーメン発見伝」に登場したキャラクターが再び登場することから続編と言う位置になっています。

 

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の主人公は鈴木京香さん演じる芹沢達美ですが、原作では芹沢達美は芹沢達也という男性の設定でした。

また原作の主人公は、黒島結菜さん演じる汐見ゆとりなんですよ!

 

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」は「らーめん才遊記」の実写化ではありますが、ドラマ化するに伴いこのように原作とは異なる部分があるようです。

 

『行列の女神』の原作ネタバレ!ラストの結末は?

原作の「らーめん才遊記」にて内容を見てみました。

主人公のゆとりは清流企画に入社し、社長の芹沢とともに事情を抱えるいくつものラーメン店のコンサルティングを行ってきた。

そんな中、ゆとりに「ラーメンなでしこ選手権」の話が舞い込みます。

 

ゆとりは選手権に参加することになるのだが、有名な料理研究家である母・ようこに選手権で優勝することができなければ清流企画をやめる。

そしてようこは自分の後を継ぐように言うのだった。

 

絶対に優勝しなければならない…、そう意気込むゆとり。

しかし選手権大会では1票差で対戦相手に敗れてしまう。

それでもゆとりは無効票の2票があれば自分が勝っていたとめげなかった。

 

そして、ついには親子対決が勃発!!

ゆとりは昔ながらの味で勝負した母親に対抗し、これからのワクワクを詰め込んだラーメンを完成させる。
結果はゆとりの勝利だった。

 

母親に勝利したゆとりは、勝利したときのお祝いとして社長の芹沢に女性スタッフのみのラーメン屋を開業することをお願いしていた。

ゆとりの夢は実現!

芹沢が苦戦していた1000円の壁をあっさり越え、日替わりラーメンを1000円で提供するお店を作り店は大繁盛となりました。

 

そして『行列の女神』原作のラストは、ゆとりが初めて食べたラーメン屋を訪れます。

2人でラーメンを食べながらおいしいと言い合うラストでした。

 

ドラマは原作と異なる部分が多いので(そもそも主人公が違う)原作通りの結末にはならないと予想します。

あくまで『らーめん西遊記』という原作はあるが、『行列の女神』の結末はドラマオリジナルになるのではないでしょうか。

 

『行列の女神』ドラマの原作をネタバレ!ラスト結末はどうなる?まとめ!

今回は行列の女神ドラマの原作をネタバレ!ラスト結末はどうなる?というタイトルの元『行列の女神~らーめん才遊記~』ドラマの原作について紹介していきました。

 

『行列の女神』には久部緑郎さん原作、河合単さんが絵を書いた漫画「らーめん才遊記」という原作はあるものの、主人公が異なったり性別が違ったりするため、原作通りのストーリーやラストの結末にはならないと予想します。

 

個人的な意見ですが、原作通りのストーリーって結末が分かっているので面白くないんですよね…。

そのため原作と異なる部分が多く、結末が読めない今回注目しているドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』が楽しみだなと思います。

原作を読んだ人も読んでいない人も、ぜひ皆さんドラマをチェックしてみて下さいね!

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー