テセウスの船(ドラマ)あらすじと原作は?見どころもご紹介!

日曜劇場「テセウスの船」が2020年1月からスタートします。

主演を務める若手俳優の竹内涼真さんは、TBSではなんと初主演だそうです!

ドラマ「テセウスの船」は父子の絆を描きつつ、スリルのある作品になるようです。どんなあらすじなのか気になりすね。

 

また原作はあるのかや見どころも調査したので、チェックしていって下さいね♪

それではまずあらすじを見てみましょう☆

 

ドラマ「テセウスの船」のあらすじは?

 

令和から平成へ 父が殺人事件を起こす直前の31年前にタイムスリップ!
父はなぜ事件を起こしたのか? 本当に殺人犯なのか?

 

あらすじ

主人公・田村心(演:竹内涼真)は自分が産まれる前に、警察官だった父親・佐野文吾(演:鈴木亮平)が起こした殺人事件により運命を狂わされてしまった。心と母親は父親の逮捕により、世間から距離を置き身を隠しながら生きてきた。

そんな心は成長し、今は最愛の妻・由紀(演:上野樹里)と暮らしていた。留置所にいる父は逮捕されてからずっと容疑を否認しており、妻からも父親の冤罪の可能性を言い渡された心は父親に会いに行こうと決意する。しかし留置所へ行く前に霧に包まれタイムスリップしてしまう!

心がタイムスリップしたのは殺人事件が起こる前の平成元年、事件現場となる村だった。

その村で心が見たのは、街の警察官としてみんなから慕われる文吾の姿だった。「父が殺人犯なのか?」心にはそんな気持ちが芽生えはじめた。そして父を囲む家族の笑顔を見た心は、「家族の幸せを守る」と決意したのであった。

 

すごい内容ですね!

殺人事件の犯人は本当にお父さんなのか?それとも別に真犯人がいるでしょうか?

あらすじを読んだだけで、展開が気になってしまいますね。

 

また心がタイムスリップした理由などもわかってくるのでしょうか?

これは毎週目が離せませんね!

 

「テセウスの船」の原作は?

引用:https://comic.k-manga.jp/

テセウスの船に原作はあるのでしょうか?

 

調べたところ、原作は週刊漫画誌「モーニング」で連載されていたことがわかりました!

作者は東元俊哉さんで、同名のタイトルで2017年から連載がスタート。今年6月27日で最終回を迎えた作品です。

(単行本の発売は現在9巻までで、1最終回となる10巻はまだ発売されていません)

 

先の読めない展開と犯人像が全くわからないスリルから人気を得た作品です。

ゾッとする衝撃の展開も盛り込まれていて、毎回次作が気になってしょうがない漫画です。

ドラマでも同じように表現されるのでしょうか?楽しみですね。

テセウスの船 コミック 1-9巻セット

テセウスの船 コミック 1-9巻セット

東元俊哉
11,745円(09/27 23:36時点)
発売日: 2019/11/22
Amazonの情報を掲載しています

 

「テセウスの船」の見どころは?

引用:https://www.horipro.co.jp

そんなTBS新日曜劇場ドラマ「テセウスの船」の見どころをご紹介します。

 

竹内涼真の演技

まず最初の見どころはTBSで初主演を務める竹内涼真さんです!

過去に出演したTBSドラマには「下町ロケット」「陸王」「ブラックペアン」などがあり、その演技力や知名度を広げていきました。

今作では父親の起こした事件を過去に遡って調べていくという、難しい役どころですが、どのように演じてくれるのでしょうか?注目です。

 

心は運命を変えられるのか

次に注目するのは主人公心です。

父親の起こした事件発生前にタイムスリップした心は事件が起きないように食い止めることはできるのでしょうか?

また、心が事件を起こさせないようどんな行動に出るのか注目です!

心は無事に家族の笑顔と幸せな未来を守れるのかがドラマの見どころになります。

 

主演の竹内涼真さんをはじめ、豪華キャストや登場人物についても詳しくご紹介しています!

 

テセウスの船(ドラマ)あらすじと原作は?見どころもご紹介!まとめ

新日曜劇場「テセウスの船」が2020年1月から放送します。

タイムスリップをして父親の起こした殺人事件の真相を暴くストーリーとなっており、とても気になりますね!

主演を務める竹内涼真さんの演技にも注目です☆

 

原作漫画は既に最終回を迎えているので、気になった方はチェックしてみてくださいね♪

 

それでは、最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー