私の家政夫ナギサさんの原作ネタバレ!最終回結末~ドラマあらすじもご紹介!

人気コミック「私の家政夫ナギサさん」が多部未華子と大森南朋でドラマ化!!

 

この記事では、『私の家政夫ナギサさんの原作ネタバレ!最終回結末~ドラマあらすじもご紹介!』と題し、私の家政夫ナギサさん』ネタバレ1話~最終回のあらすじ、視聴率、キャスト、原作をリサーチしました。

『私の家政夫ナギサさん』の感想、評価、評判を全話、ラストまで書いていきますよ!

 

\ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はParaviで独占配信中

\『私の家政夫ナギサさん』の動画視聴方法についてさらに詳しく/

目次

『私の家政夫ナギサさん』基本情報一覧

作品情報

 

製作スタッフ

  • 脚本:徳尾浩司(『おっさんずラブ』)山下すばる(『CHEAT〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』)
  • プロデューサー:岩崎愛奈(TBSスパークル) 加藤章一(TBSスパークル)
  • 編成:松本友香
  • 演出:坪井敏雄 山本剛義
  • 原作:四ツ原フリコ「家政夫のナギサさん」
  • 音楽:あいみょん「裸の心」(主題歌)
  • 製作:TBSスパークル TBS

 

登場人物・出演キャスト

相原メイ…多部未華子
主人公、大手製薬会社「天保山製薬」MR(営業)。家事は大嫌いだが夢は「お母さんになること」。

鴫野ナギサ…大森南朋
家事代行サービス業者で指名率No.1。
家事がパーフェクトプラスアルファ「聞き上手」のスーパー家政夫。

田所 優太…瀬戸康史
ドラマオリジナルキャラクター。メイのライバル。外資系製薬会社MR(営業)

瀬川 遙人…眞栄田郷敦
新入社員でメイの後輩。メイの弟のような存在。

陶山 薫…高橋メアリージュン
メイの親友で同僚。イケメン好きで婚活中。

肥後 菊之助…宮尾俊太郎
メイの営業先。「肥後すこやかクリニック」の医師。

松平 慎也…平山祐介
メイの上司。「ミスター横浜支店」の異名を持つ。
体躯会系で頼りになる優しい上司。

馬場 穣二…水澤紳吾
メイの同僚。愛想がなく無口で誰にも興味がなさそうなのに実はしっかり周りを見ている。

堀江 耕介…岡部大(ハナコ)
メイ同僚でメイチームのメンバー。いじられキャラで成績には無頓着なふりをしているけれど。
密かにメイの活躍に嫉妬している。

天馬 あかり…若月佑美
メイの後輩。いまどきの女子で先輩にも物怖じせずにツッコミを入れたりする。
仕事はほどほどでプライベート重視。

駒木坂 春夫…飯尾和樹(ずん)
医薬品卸会社の営業課長。メイの応援団。

吉川 かりん…夏子
メイたち「天保山製薬」の社員が集まる薬膳居酒屋「万薬の長」の店員。

古藤 深雪…富田靖子
横浜支店長。横浜支店改革のために支店長に抜擢されたやり手の女性支店長。

相原 美登里…草刈民代
メイの母。明るくおおらかな性格。家事は大の苦手。

福田 唯…趣里
メイの妹。メイにナギサさんを紹介した。

 

『私の家政夫ナギサさん』の原作は?

『私の家政夫ナギサさん』の原作は、電子書籍配信サイト『コミックシーモア』内の少女漫画レーベル「恋するソワレ」で2016年8月19日から配信されていた四ツ原フリコさん作者の漫画です。

連載は2017年4月で一度終了しましたが、ドラマ化を機に電子書籍サイト『コミックシーモア』限定で続編を配信中です。

 

『私の家政夫ナギサさん』原作のあらすじをネタバレ!

主人公の相原メイがある日仕事から帰宅すると、自分の下着を見知らぬ中年オヤジが丁寧にたたんでいたのです。

この謎オヤジの正体はまさかの家政夫!メイの汚部屋を見かねた姉・ユイが独断で雇った人物でしたー。

このナギサさんと主人公メイとの生活が描かれたのが『家政夫ナギサさん』です。

 

ここからはネタバレを含みますのでご注意ください!

 

メイの姉がナギサさんを雇った本当の理由はメイたちの母親が家事を一切しない人だったので、『普通の家の幸せ』をメイにも味わってほしいと思ったからだとか。

それほどにナギサさんのお母さん力は凄いのです。

そしてナギサさんのおかげでこれまで気マズイ関係だったユイと母親の和解にも成功したりします。

 

ナギサさんは過去に業界最大手の製薬会社に勤務しており、メイと同じMRでした。

そんなナギサさんには部下の苦しみに気づくことが出来なかったという悲しい過去が…

しかしその過去の悲しみはメイのお節介によって払拭されます。

 

原作では最後にナギサさんがメイに『男女の間でもお母さんと呼ぶ関係ありますよね』意味深な言い回しでプロポーズするのです。

そこでおしまいです。

 

『私の家政夫ナギサさん』の原作あらすじはいかがですか?

おじさんのプロポーズ、なかなかグッときます。

ドラマではどんなあらすじになるのか楽しみですね!

 

『私の家政夫ナギサさん』ドラマのあらすじ紹介と最終回を予想!

『私の家政夫ナギサさん』原作についてわかったところで、ドラマのあらすじも見ていきましょう!

また、ドラマの最終回がどうなるのかも予想してみましたのでお付き合いくださいね。

 

『私の家政夫ナギサさん』のあらすじ~イントロダクション~

製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。

引用:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/

バリバリのキャリアウーマンだったメイがナギサさんの登場で「幸せとは?」について考え出す。

 

最初は”おじさん”を受け入れられないメイだったが、
徐々にナギサさんの大きな包容力に包まれて癒やされることに。

 

脚本を『おっさんずラブ』の徳尾浩司。
演出を『凪のお暇』の坪井敏雄と山本剛義が担当しコメディの中にも「幸せ哲学」が満載のドラマになりそうですね。

 

『私の家政夫ナギサさん』視聴率も期待大です!!

 

『私の家政夫ナギサさん』のラスト最終回を予想してみた!

人気コミックが原作の『私の家政夫ナギサさん』。

原作ではメイとナギサさんが結ばれるという形で今でも連載が続行中です。

 

ですが、ドラマ版『私の家政夫ナギサさん』ではオリジナルキャラクター田所優太が登場することで必然的にあらすじは変わりそう。
メイと田所の恋をナギサさんがどうサポートするか?そんな展開ではないかと予想します。

 

ナギサさんが家事だけでなくメイの心も綺麗にする?!

最終話では家事が得意になったメイと田所の結婚か?!と予想しています。

 

『私の家政夫ナギサさん』の公式動画と見どころは?

家に帰ったら突然おじさんの家政夫が!!

『私の家政夫ナギサさん』1話からおどろきのあらすじですね。

この動画で気になるのは「ナギサさんにお願いしたのもうひとつの理由とは?」

『私の家政夫ナギサさん』の放送が待ち遠しいですね。

 

『私の家政夫ナギサさん』の全話視聴率!

『私の家政夫ナギサさん』の1話から最終回の全話の視聴率は放送終了後に追記していきます。

放送回視聴率放送日(毎週火曜日)
1話14.2%7月7日
2話11.4%7月14日
3話12.2%7月21日
4話12.4%7月28日
5話12.0%8月4日
6話16.0%8月11日
7話16.6%8月18日
8話16.7%8月25日
最終回19.6%9月1日
スペシャルドラマ

※上記情報はビデオリサーチ・タイムシフト視聴率【関東地区】にて発表

 

『私の家政夫ナギサさん』ネタバレあらすじや感想をご紹介!

これまでに放送された『私の家政夫ナギサさん』各放送回についてのネタバレあらすじや感想を放送終了後から出来るだけ早くご紹介していきます!

 

番組放送をまだ見てない方にとっては完全なネタバレとなりますので、観覧にご注意ください!

第1話のネタバレあらすじ!

28歳の誕生日

一本の電話で目覚める相原メイ

母親からの電話でした。

 

幼い頃、お母さんになりたいと言ったメイは母親にお母さんなんてやめなさいと否定されます。

仕事をしなさいと言われたメイはその言葉に縛られてしまっていました。

 

ばりばりMRとして営業をこなす相原メイ

気が付いたら28歳の誕生日を迎えていました。

同僚の陶山 薫と食事をしていた際に会社の社員から呼び出しが。

 

そこには新しい支店長も来ており、そこでメイはチームリーダーを任せられてしまいます

期待にこたえたいメイは断ることはできませんでした。

 

色々誕生日に重ねて色々あって疲れて家路に着きました。

ですがなぜか家の電気が付いていました。

家の中に入ってみると、見知らぬおじさんが…!?

 

妹の唯が一緒におり、おじさんを家政婦のナギサさんだと説明します。

メイの部屋は荒れ果てており、仕事が忙しく火事に時間を割くことができていませんでした。

見かねた唯は誕生日プレゼントとして家政婦をお試しで契約したと説明をしました。

唯は話すだけ話して早々に帰宅。

 

ナギサさんは見た目は普通のおじさん。

柔らかい物腰で家事の説明をします。

メイは断りますと声をかけますが、聞こえなかったのか、また明日やってきますと言い帰って行きました。

 

ライバル出現…!?

新しい薬の契約を取る為、病院に営業に行くメイ。

あまりいい返事をもらえずにいました。

 

そんな中、ライバル会社の田所 優太と出会います。

爽やかな田所 優太と名刺交換をし、その場を去りました。

 

更に仕事に打ち込もうと家に帰り電気をつけると、キレイになった玄関が目に飛び込んできます。

リビングに向かうと部屋の中が整理整頓され、フローリングが見える状態に。

 

ナギサさんは家事の説明をし、夕食の献立を説明します。

メイは仕事がうまくいかなかった為、ナギサさんに帰っていいですよと冷たく言いますが、おなかが鳴ってしまいます。

用意された食事はどれも美味しくメイはしっかり食事を取りました。

 

ふと、メイはナギサさんになぜ家政婦なんてしているのかと問いかけます。

ナギサさんは家政婦の仕事は自分の仕事であると言い、自分は昔お母さんになりたかったと話したのです。

自分と同じ夢だった事、踏み込んではいけない何かがあると判断したメイは深くは聞きませんでした。

 

新人まで…!?

昨日の病院でいい反応が見られなかったメイは、ライバル会社の田所に負けまいとやる気を出していました。

そんな中、新人の瀬川 遙人の教育まで任されてしまいます。

 

まだ新人の瀬川は色々とマイナス思考になっている様子。

メイは自分の仕事、新人の事を考えなければいけない為、いっぱいいっぱいになりつつありました

 

営業の契約をどうしても取りたいメイは再度昨日の病院に出向きます。

そこでまた田所と会ってしまいます。

 

先生と話してみるとライバル会社の薬を契約しようと思っていることを告げられます。

メイはそれでもチャンスをもらい、明日もう一度プレゼンさせていただけるよう願い出ました。

 

プレッシャー

周りの期待に応えたい。

その一心で、明日の契約を取る為資料作りに没頭するメイ。

深夜の帰宅となってしまいました。

 

家に帰ると、ナギサさんのメモと御飯が。

ご飯を食べながら更に資料を作り続けるメイ。

仕上がった時にはもう空が明るくなり始めていました。

 

ナギサさんは妹の唯と話しをする事に。

メイが家政婦を嫌がっているように思えたからです。

 

その話を聞いた唯はメイの話をナギサさんにします。

幼い頃のお母さんとの関係や、姉の真面目さを話します。

期待を背負ったメイを心配したからこそ家事代行をお願いしたとの事。

唯はナギサさんにはもう一つお願いがあると言いますが…??

 

限界

メイは病院で再度プレゼンを行おうとします。

ですが、医師にライバル会社の薬に決定したと言われてしまいました。

田所は薬の比較ではなく、この病院にあった薬を進めてくれたと医師は話しました。

 

メイもしっかり説明してくれたからこそ医師は、正直に理由を話してくれたのでした。

 

契約が取れなかったので早めに家に帰りお酒を煽るように飲むメイ。

幼い頃の記憶がよぎります。

母が去っていくような感覚になったメイはお母さんに行かないでと手を伸ばしたことを。

 

ナギサさんが時間になりメイの家にやってきました。

家事をしようとすると、床に寝ころんでいたメイに驚きます。

お酒を飲んでいたことに気が付いたナギサさんは水を用意します。

 

メイはナギサさんに負けたんです…と愚痴をこぼし始めました。

仕事の期待に応えれず、家事もできない私は需要なんてないと卑下します

 

ナギサさんはその愚痴を聞き、メイさんは頑張っていますと優しく伝えます。

なぜなら、MR関係の本や資料はしっかりと使われていた事。

それを見ればどれだけ仕事に打ち込んでいるかわかっていますと言いました。

 

メイは無理に励まさなくていいですと言い、今日は帰ってくださいと言った瞬間足元がふらついてしまいます

ナギサさんはそんなメイを背負ってベットに寝かせました。

 

横になったメイはすぐ眠りにつきます。

ですが、寝言で、お母さん行かないで…と呟きナギサさんの手を握ってしまいます。

 

ナギサさんは握られた手をどうしようかオロオロしますが、無理にほどくことはできませんでした。

 

朝になってメイは目覚めるとナギサさんが手を握りベットの横に座っていたことに驚きます。

ナギサさんは説明しようとしますが、メイは話を聞きません。

 

慌ててゴミを捨てる為にマンションのごみ捨て場に行きます。

昨日の事を整理し、悶々とするメイ。

 

部屋に戻ろうとすると隣の住人が部屋から出ようとしていました。

なんと隣の住人は、あのライバル会社の田所だったのです!!

 

慌てて自分に部屋に戻るメイ。

ナギサさんは家事代行のサービスは今日で終わりと説明します。

話半分で、なぜ田所が隣に住んでいるのかで頭がいっぱいに。

 

更に家のインターホンが鳴ります。

モニターを見ると母親の姿が…!?

 

慌てて奥の部屋にナギサさんに隠れるように言い押し込めるとすでに玄関には母の姿がありました…

 

第1話の感想は?

キャリアウーマンあるあるなんじゃないかと思いながら見ていました。

あそこまで部屋は汚くはないとは思いますが…(笑)

 

仕事に追われ、仕事では評価され家事や自分の事が疎かになってしまう…

周りは心配しますよね。

 

ナギサさんを演じている大森さんの優しい話し方や、物腰がホッとする感じでいいですね。

原作とはまた違う感じが良いです。

 

ドラマのオリジナルキャラクターの田所がどう絡んでくるのかが気になってしまいます!

仕事に恋愛にと進んでいきそうな内容に期待が高まります!

 

第1話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

30代女性
女の子の夢といえばお花屋さんやケーキ屋さんなど色々あると思いますが、メイがお母さんになりたいと望んだのは家庭環境がよくなかったんだろうかと考えながら見てしまいました。
メイはMRとして大きな会社でバリバリ働いているようですが、仕事以外はあまりうまく行ってないんじゃないかと思ってしまいました。
若くで仕事はうまく行っていても他のことが疎かになっているというのはよくある話で、今後を見守りたいです。
40代男性
まだ28歳の美人MRの相原メイ(多部未華子)さん。
家に帰ると、見違えたようにキレイになっていて…。おじさんが家政夫で来ていたんですね。
「私にとって、家事は仕事です。私は小さい頃お母さんになりたかったんです」。やっぱり、そうですよ。仕事で、お母さんになるというのが、あったかいですよね。
こういう場合、営業関係で、男性関係の慣れをやっちゃおうという部分に好都合かも⁉︎
非常に紳士的で、あったかいナギサさんですから、接する毎に、結果場慣れという事になるかもしれません。
30代女性
正直あまり期待をしないで視聴しましたが、スタートから、仕事ではきっちりしているのに私生活ではだらしないメイの描写に笑ってしまいました。
お気に入りのアクセサリーが見つからないところとか、部屋の片付けが苦手なところとか親近感が湧いて一気にこのドラマに興味が出ました。
そして突如現れたナギサさんの真顔で一生懸命家事をする様子が初めは引いてしまいそうになりましたが(メイの下着を持っていたので)、だんだん可愛く見えてきました。
メイの母親との関係や同僚との関係など、今後の展開が楽しみです。
30代女性
他社のライバルにも負けないように全力で頑張る姿には勇気をもらいました!
母の期待を背負って生きているというのはなかなかの重圧だなとメイが可哀想と思いました。
そんなメイが苦手とする家事を担うおじさん家政婦のナギサの存在がこれからメイの生き方にどのような影響を与えてくれるのか楽しみです!
きっちりと家事をこなしてくれるナギサの仕事ぶりに、こんな家政婦さんがいたら良いなとメイがうらやましくなりました。
50代女性
仕事はバリバリにはできるが家事は全く出来ず荷物の散らかった部屋に暮らすメイ,本当にありそうな設定です。
そんなところにスーパー家政婦のなぎささんというおじさんが現れたちどころに快適な部屋にしてくれ,ご飯も作ってくれる。これを見て私のところにもきて欲しいとみんな思ったことでしょう。
仕事に追われている独身男女,家事と育児に合われている主婦,家政婦という方法もあるのだなと思います。
仕事に落ち込んだメイを優しく慰めるなぎささんの言葉にとても癒されました。
そして彼の家事のノウハウがとても知りたいと思います。
20代女性
予想以上に面白かったです。
ナギサさん演じる大森さんがとてもいい味を出していて、優しい声と優しい表情に癒されました。
そして主人公演じる多部未華子さんの演技も圧巻でした。
心に残ったのは契約がライバル会社に取られてしまい、自分の中が破裂して家でうなだれているシーンです。
ナギサさんの優しい言葉に思わず涙が溢れ出す姿に見ている方も涙が止まりませんでした。
そして驚いたのがハナコの岡部さんが出演していたことです。
何気に演技がうまく出演シーンも多かったので思わず笑ってしまいました。

『私の家政夫ナギサさん』1話、面白かったという声がたくさんです。

またナギサさんの家事力の高さに驚いた方も多かったようですね!

次回放送も楽しみにしたいと思います。

 

第2話のネタバレあらすじ!

母襲来

突然、朝早くからお母さんが家に訪ねてきました

メイは焦って家政婦のナギサさんをとりあえず寝室に隠れるように促します。

 

母親には何食わぬ態度で対応するメイ。

度重なるピンチをどうにか乗り越えます。

 

しまいにはナギサさんをクローゼットに押し込めてしまう始末。

家を出る前にはナギサさんに色んなことの謝罪と昨晩の事を忘れて下さいと伝えて家を出る事にしました。

 

何とか母親を家から出すことにしたメイですが、移動の途中で田所に遭遇します。

適当にあしらうメイですが、田所さんっていい人ね~と母親はなぜか上機嫌。

 

何とか母を目的地まで送り届けやっと出社にこぎつけたメイでした。

 

職場で

出社したメイはミーティングをした際に契約が取れなかったことを謝罪します。

周りは気にしなくていい、また今度に繋げればいいとフォローしてくれました。

 

失敗を成功に繋げるにはどうするか…とミーティングを始めます。

新人の瀬川がインターネットを使い講演会をしたらどうかと提案してきたのです。

講演会をおこないつつインターネットでも配信が出来ればより多くの人に新薬を知ってもらえるのではないかと。

 

周りも賛同し、講演会に向け準備をする事となりました。

ただ、講師選びは難航していました。

 

そんな中、ナギサさんがメイの家に訪ねてきたのです。

マンションのエントランスでボタンを返そうとしたものの、なかなか見つからず、帰宅した田所と会いそうになる為家に促します。

 

家に上げたメイですが部屋は乱れていて、ナギサさんは忙しそうなのとお詫びとしてボタンをつけていいかと聞いてきました。

その際に、営業についてのアドバイスをナギサさんからもらうのです。

メイはそれをきっかけに断られた先生の所へもう一度足を運ぶのでした。

 

交流会

瀬川の提案により田所の会社の人たちと交流会をする事になりました。

メイは昇進試験を受けたらどうかと言われていた手前断ろうとしますが、メイが参加しないと田所も参加しないというのです。

 

参加してみると情報交換をしたいと思っていましたが、やはり合コンのような流れになってしまい、有益な情報を得れることはできませんでした。

 

帰っている途中で田所に会ってしまい、この後時間ありませんか?と誘われます。

ついって行った場所はおしゃれなバー。

田所にはもっと情報交換をしたかったんじゃないかとバレていたのでした。

 

話してみると田所の仕事の考え方などを聞いて嫌な感じがしなっかたとメイは思いました。

連絡先も二人で交換してその場を離れたのでした。

 

そんな中、母からメイの家に忘れ物をしたから取りに行くと連絡が

あわててナギサさんの手配をします

 

その後仕事で以前断られた先生の所へ足を運んだところ、なんと、メイの会社の薬を使って頂けることとなったのです!

講演会に向けてもいい手ごたえが。

 

片付けに来たナギサさんに感謝の言葉を伝えます。きっかけをもらえたと。

部屋を後にしようとした瞬間、足を滑らせてしまったメイ。

ナギサさんに間一髪で抱き留められます。

 

するとそのタイミングで玄関にはお母さんの姿が…⁉

 

第2話の感想は?

働く女性

メイの働く姿や、姿勢はすごいなぁと感心して今回も見ていました。

謝るところは謝って、次に向かおうとする姿勢は感心できますよね。

 

なかなかプライドが高かったりする女性は謝れないものです。

前向きな態度も応援したくなりますね!

 

田所と二人で話しているシーンも良かったですね。

まだ素直になれていないメイですが、仕事の事について話している姿は素敵だと思いました。

 

ナギサさんの優しい言葉

ナギサさんの時折出る、メイに向ける優しいアドバイスが良かったです。

契約についてアドバイスする優しい物言いが良かったです。

 

どこかでピンポイントに突き刺さるというか、気づかせてくれるアドバイスだったように思えました。

 

お母さんが突如来た時のメイの適当な態度にも文句を言うことなく、その場をどうにか乗り越えてくれるナギサさんが素敵でした(笑)

 

第2話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

30代女性
第1話ではいきなり家政夫さんを登場させる展開は無理やりすぎたなぁと思いながらも彼のおかげでメイの心が柔らかくなっていくんだなぁと。
それにしてもライバル同士同じアパートに住んでいるというのにもびっくり。
働く女子のリアルがふんだんに詰まった回でもあるけど主婦からするとこんなものなのか?と共感はしにくく、擬似体験してるつもりで私は見ています。
瀬戸康史くんが童顔でスーツが似合わないのですが彼も恋心抱いていくのか楽しみでもあります。
主題歌が今の展開ではあまり合わない気もしますがこれから寄っていくのかな?
30代女性
田所さんとメイが急接近し始めたのでドキドキしながら観ていました。
田所さんがさわやかで人格もよくてメイに向ける笑顔も素敵でいいなと思いました。
その一方で、おじさんがボタンを持ってメイの帰りを待つところも良かったです。
ただ渡して帰るのではなく、ジャケットにつけて返すところがさすが家政婦だなと感じました。
しかも、メイにいつも影響与える言葉をさらっと残すのも素敵だなと思いました。
メイもおじさんだからといってその言葉を流すのではなくて、きちんとその言葉を受け止めて行動に移し、良い結果に結びつけていくのが素晴らしいなと思いました。次回の放送も楽しみです
20代女性
メイの頑張り屋さんなところがとても伝わりました。
誰よりも努力し、人を頼らずに生活している中、ナギサと出会ったことで癒される姿や、ナギサをよく思い始めているのが伝わりました。
田所がメイを気に入っているような雰囲気を出していたので今後の2人の関係が気になりました。
田所の人の良さは周りも認め、彼の強さや弱音を吐く姿を想像するメイは彼に気持ちが揺らぐのではないかとも思いました。
メイがナギサを正式に雇う日が楽しみです。
20代女性
エリート社員を演じる多部未華子とおじさん家政婦を演じる大森南朋のバランスがとてもいいです。
大森南朋は、今まで綺麗だったりクールだったりする役柄が多いイメージでしたが、全く違うおじさん具合がとてもいいです。
ストーリーとしてはキャラクターが特殊すぎず、最近の時勢をとても取り入れていると思います。
過干渉の母親、28歳で仕事に生きる独身女性、その一方で結婚に憧れる女性、家政婦として生きるおじさん、研修中のゆとり世代。2話からはさらに主演以外のキャラクターがたってきていいです。
多部未華子演じる主人公が必要としつつもなかなかおじさん家政婦を受け入れないので、これから先の展開がとても楽しみになりました。
40代女性

ナギサさんの人の優しさがとても感じるドラマでした。
仕事もとても丁寧で、メイの為に仕事とはいえ常に綺麗にしてくれ、でもまだ本契約してもらえず少し切ない感じがしました。
メイも少しずつナギサさんの優しさが感じて分かってきているような気がしました。
何かあるとナギサさんのことを思い出し、言葉の重みを感じ取っているような感じがしました。
田所との急接近がちょっといじらしかったです。
田所はメイの事が気になっているのかなぁ。と見ているほうは気になりました。
田所もイケメンで良い人だからメイにアタックをしてくるのかも。と感じました。

メイはお母さんになりたいという夢を母親に否定され、違う人生を歩んで来て今まではそれが上手くいっていました。
田所に契約を取られたことは順風満帆だったメイにとってショックでした。
支店長からは昇給試験を受けるように励まされ、やれば出来る子だと自分を鼓舞しています。
その歪みが家の汚さに返って来ているのだと思います。
ナギサさんは部屋を綺麗にするだけでなくメイの心の拠り所になりつつあります。
あんなに否定していましたが、自分が仕事をしている近くでナギサが作業していても気にならなくなっています。
ナギサの人柄が温かく見守る母親のような存在でとても癒されます。

田所がかっこいいとの意見が多数ありました(笑)

ナギサさんの言葉も良かったとのコメントも多くありました。

でも、一番多いのは面白かった!との記載でした。

また、来週も楽しみですね!

 

第3話のネタバレあらすじ!

真実を伝える

転びそうになったメイを助けようとして倒れこんだ二人をちょうど目撃したメイのお母さん

このおじさんは誰なのかとメイに問います

メイは弁解しようとしますが、ナギサさんは家政婦だと包み隠さず答えました

 

メイとお母さんは寝室で二人きりで話すことに。

実は家事が得意ではないという事を伝えたのです。

お母さんは驚き、仕事と家事は両方できないと困るわよ…と言われてしまう始末。

 

ですが閉めていた部屋のドアを開けてみると綺麗に部屋が片付いていたのです。

お母さんもこれにはびっくり。

食事も準備されていましたがお母さんは食べずに帰ったのでした。

 

お母さんに言われたことをきっかけに家事も仕事もしっかりしようと気合いを入れますが、うまくいかず睡眠時間は削られてしまっていました。

 

仕事に婚活に

そんな時、同僚の薫の家に仕事の資料を取りに行くことに。

薫の家に行ってみると家の中はオシャレで綺麗。

食事の準備もされていました。

 

食事の際に婚活について薫に聞かれますが何も進んでいないと答えました。

食事を終えた後、マッチングアプリを開いてマッチングした相手を見ていました。

 

二人で盛りあっがっているとある人物の写真にリアクションをしてしまったのです。

その写真は肥後クリニックの先生だったのです…!

 

しかも、すぐにメッセージが届きます。

「明日の午後少しお時間ありますか?」

講演会の講師もお願いしていたため反応をしない訳にはいかないメイでした。

 

次の日クリニックに訪れると、先生が講師を引き受けてくれるとの返事をもらえたメイは大喜び。

ですが、その講演会が終わった後に食事に誘われてしまいます。

返事を曖昧にすることしか出来ませんでした。

 

クリニックを後にするとちょうど田所に出会います。

メイはいろいろ悩んでいた為に反応が鈍くなってしまい、田所に急に夜食事に誘われて行くと返事をしてしまったのです。

 

食事の際に、メイは先生に助言してもらったことに感謝の言葉を伝えました。

ちなみに肥後先生に食事に誘われてしまったことも、言葉を変え相談しました。

恋愛自体は悪いことだとは思わないと言います。

そして向き合いたい人には向き合っていると田所は言うのでした

 

メイはそれを聞き手のひらに転がされているようだとしか言えませんでした。

 

講演会

どうにか講演会の当日になりました。

準備は万全と思っていたのにも関わらず、先生の到着が電車の遅延の為に到着が遅れてしまうとの連絡が入ります。

 

スタッフは中止するしかないのか…と諦めモードになりましたが、メイは瀬川を連れて会場を後にしました。

何とか先生をピックアップし、車から遠隔で講演会を始めます。

 

ですが突然電波が遮断されてしまいます。

するとその少し後に無事に先生は会場に着き、講演会を無事に終える事が出来たのでした。

 

講演会の次の日の朝、お母さんが家に訪ねると反応がありません。

家に入ってみるとメイが倒れていたのです!

 

メイに駆け寄ると熱が高いが意識はしっかりしていました。

おじさん…とメイがつぶやいたのを聞き、お母さんはナギサさんに電話を掛けました。

 

ナギサさんは電話をもらいメイの元へ向かいます。

その場にはお母さんがおり、過労と寝不足で倒れたと説明されました。

 

家に帰ったメイ達ですが、お母さんは看病の仕方が分からないからと言い、世話をナギサさんにお願いし立ち去ろうとします。

 

ですが、ナギサさんは今一緒にいるべきなのはお母さんだと話をし、看病のお手伝いをしました。

 

メイが目覚めると懐かしい匂いが。

お母さんが雑炊を作っていました。

 

するとお母さんは、無理しないで休みなさいと優しく言い、花嫁修業も後にしなさいと続けて言ったのでした。

 

回復したメイは、ナギサさんとの家政婦の契約を本格的に結びました。

生活の向上したメイは復帰し、軽い足取りで仕事に向かうため家を出ます。

ですが、その時に出勤時間が被った田所と出くわしてしまったのです…!!

 

第3話の感想は?

無理をしてしまう事

自分の母親に呪いの言葉をかけられていると表現されるほどプレッシャーを無意識に与えられていたメイは、仕事と家事を頑張りすぎてしまい今回のストーリーでは倒れてしまいました。

 

家事に、仕事に勉強に…積み重なり無理がたたってしまいましたね。

 

正直、倒れまではしていませんがかなり無理してる女性は世の中には多いのではないのでしょうか?

 

なんでもできてたが故、頑張ってやってみるもののうまくいかない歯がゆさ。

共感できましたね。

 

頼れるところは頼って行かないとやっぱり無理が出てしまうんだろうなと改めて見て思ってしまいました。

 

支えられるという事

今回はナギサさんとメイの直接的なストーリーは少なかったですが、お母さんや、ナギサさん、会社のスタッフに支えられているんだなぁと思って見ていました。

 

お母さんも口うるさいだけではなく、関わり方が分かっていなかったんだろうと

ナギサさんはそんなお母さんに優しく声をかけ、看病のやり方やアドバイスをする姿が非常に優しい物腰で伝えている姿が印象に残っています。

 

メイは講演会に関しては、会社のスタッフに支えられ、先生に支えられ。

倒れてしまってからはナギサさんとお母さんに支えられ。

 

メイは無理をして頑張っているからこそみんなが支えてくれるのでしょうね。

 

これからのメイを一番近くで支えていくのは誰になるのか気になりますね!

ナギサさん?田所さん?どんな関係に発展していくか楽しみです!

 

第3話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

40代女性
お母さんから、やればできる子だと言われ続けて、ついつい頑張っちゃうことすごくわかります。
娘にとって母親からの言葉は影響力ありすぎです。
そんなメイちゃんにナギサさんの存在は癒やしですね。心が落ち着くオアシスのよう。
お母さんも、ただ自分の考えを押し付けるだけの毒母かと思っていましたが、メイちゃんの立場になって考えてくれるようになったり妹のこともやっぱり気になっていたり、やっぱり優しいいいお母さんなんだと思えてホッとしました。
忙しい時は誰かに頼っていいんだとナギサさんの言葉に心が落ち着きます。
メイちゃんだけでなく見ている私までナギサさんの存在に癒やされています。
30代女性
ナギサさんの良さが主人公のメイちゃんとお母さんにも理解してもらえて、ナギサさんが正式に家政夫として契約されたとても良い回でした。
ナギサさんは誰に対しても、一生懸命本音で向き合い、自分の思いを丁寧に伝えてくれるから最終的にはみんなから愛されるのだと思います。メイちゃんが仕事に全力で頑張る為には、ナギサさんは欠かすことのできない存在になっていると思います。
また恋愛模様も面白くなってきて、お医者さんともナギサさんとも今後どんな展開になっていくのか非常に楽しみです。
毎週見終わった後に、温かい気持ちにしてくれるドラマで、次回もとても楽しみです。
40代男性
ナギサさんの存在がメイのお母さんにバレてしまったけど最後はお母さんもナギサさんに理解を示してくれたみたいで良かったです。
最初は男性の家政夫さんと言う事もあり抵抗感ありだったけどナギサさんの仕事っぷりを見て認めてくれたみたいですしね。
それとメイがナギサさんを頼りにしている事を感じ取ったんでしょう。
スーパー家政夫と言うのも頷ける仕事っぷりですもんねナギサさん。
それとメイの恋愛?の行方はどうなるんでしょうかね。
肥後先生も田所も食事に誘ってくるけどメイの気持ちは?。マッチングアプリで部下の瀬川と肥後先生が現れた時はびっくりでしたね。
30代女性
ついにメイの母親が登場し毒親ぶりを発揮してくるのですが、メイが母親に言われた家事と仕事の両立を前向きに頑張ろうとしたり、絶縁関係の妹に声をかけようか迷っている姿を見ていると不快な感じがせず、面白く見ることが出来ました。
メイと母親の間になぎささんが入り、優しく悟す場面が物語に緩急がついて見やすいです。
最初にあれだけ嫌がっていたなぎささんをメイがだんだんと必要としていく様子に、心が和みます。また恋愛関係も気になっていて、突然なぎささんとメイの距離が近くなったり、そこに田所さんが現れ、今回は肥後先生まで現れ…三角関係なのか四角関係なのか、どうなっていくのか気になります。
30代女性
世の中にはドラマの中の相原メイさんのような方は、きっとたくさんいると思います。
仕事が忙しく家事が手につかない、家事も完璧にこなしたいし、でも仕事も頑張りたいという女性。それを考えると、ナギサさんみたいな存在はとてもありがたいです。
たくさんの場面で共感や関心を得た3話でした。
そして何より、ナギサさんの優しさに心が癒されました。
漫画は読んでいないので先が分かりませんが、恋愛の方もすごく気になります。
50代女性
美登里は、娘たちに対してちゃんと母としての愛情があったんですよね。
これからはメイといい関係になりそうだし、唯とも気持ちを寄せ合えればいいのですが。
メイや美登里の気持ちをきちんと受け止め、自然に優しさを表すナギサさんが本当に素敵。
私生活はどうなっているのか、ますます気になりますね。
メイの気持ちに余裕が生まれて良かったです。
メイと田所が接近しつつあるけど、薫が田所に興味あるようでこれからややこしくなるんでしょうか。
薫も忙しいはずなのに、家事能力が高くて驚きです。
肥後先生がメイに好意を向けるようになりそうで、ちょっと波乱含みの予感が。
30代女性
まさかあの病院の先生までメイの恋に絡んでくるとは…長髪が胡散臭いけどかっこいい先生で気になっていました。
高橋メアリージュンさんもいい友達役しててアシストされていますね。
メイと呼ぶ時犬を呼ぶ時みたいな発音なのも気になりますが、こういう関係の友達もいますよね。さっぱり系女子で好きです。
なぎささんも本当に癒し系。今まで怖い役しか見たことなかった大森さんですが、年齢も増して角が取れいいおじさまになってほっこりしてきました。
次回から恋愛モードに突入するのかな?それが楽しみです!来週も楽しみでしょうがないです。

やっぱり今回のストーリーも働く女性には共感が持てたようでした。

仕事も家事もこなして見せると意気込むものの寝る時間も無くなってしまう始末。

私も見ていて共感して見ていました。

 

また、このドラマでのファッションはもちろんの事、作品全体が可愛いと高評価を得ていたように思えます。

確かにファッションや、インテリアもオシャレですし、何よりもナギサさんが可愛いと…(笑)

大森さん演じるナギサさんが可愛いと話題になっていました!

 

第4話のネタバレあらすじ!

とうとう見つかった!

会社に行く時に田所に見つかってしまったメイ

知らなかったフリを咄嗟にし、なんとかその場を乗り切ります。

会社に行くのにも方向が一緒の為、とりあえず一緒に向かいます。

 

ですが、以前自転車に乗っていたと嘘をついた事。

田所に男性の革靴がメイの家の前にあったのを見かけたと言われたため、その靴は父のだと弁解しました。

でもその靴はナギサさんの靴。

嘘に嘘を重ねてしまい、心苦しくなるメイなのでした。

 

会社では会議が始まりました。

ミーテイングでは、講演会が終わってから実績が伸びているとの事。

メイと瀬川の功績を認められました。

 

その後、横浜のある区画で、大きい総合病院ができるんじゃないかとの情報が。

まずは詳しい情報を集め、新規でより実績を集めれるようにみんなで取り組んで行こうとの話でした。

 

そんなミーテイング中に薫はあることに気が付いたのです。

それは、無口な同僚の馬場さんの指に指輪が光っていたことに…!

 

薫はその後メイを捕まえて、馬場さんがどうやって結婚できたのか問い詰めようと言うのです。

早速、その晩の夜に仕事場のメンバーで飲み会をする事になったのでした。

 

早速メイ達は駒木坂のところへ出向き新しい病院の情報を探りを入れに行きます。

具体的な情報は得れませんでしたが、病院が出来る事は確定のようでした。

 

そんな時に営業先の病院で肥後先生に会います

懇親会をはどうなりましたか…?と肥後先生がメイに言ってきたのです…!

メイはまた連絡しますと曖昧に返事をしその場を後にしました。

 

車の中で昼食をメイと瀬は川取っていました。

さっきの二人のやり取りを見て、肥後先生はメイに好意を持っていますよね…?と瀬川が話してきました。

講演会がきっかけなのかと瀬川が聞いてきたので、マッチングアプリがきっかっけだと瀬川に正直に話したところ、なぜか瀬川は異常に動揺していました。

 

結婚とは

とうとう飲み会で馬場さんを問い詰める事になりました。

出会いはマッチングアプリだと。

運命の相手だと思い、タイミングを見てすぐに行動し、プロポーズしたそうです。

 

周りは意外だと感心しつつ、メイの結婚相手に望む条件は?と聞かれる流れに。

メイは今の生活を1ミリも変えなくていい人が理想だと。

周りからは非難されてしまいました。

 

その後薫と飲んでいると、田所の連絡先を教えて欲しいと言われてしまいます。

田所に許可をもらうためにメールを送りました。

その食事会の帰り道、また田所と遭遇しました。

連絡先を教えていいとの許可をもらいつつ並んで帰りました。

 

家に着くとナギサさんが居ました。

家事をし、夜食を作ってくれていました。

田所が隣に住んでることを伝え、ナギサさんはお父さんだと説明してあると言いました。

 

そして、会社であったことなどを話しているとインターフォンが。

画面を見てみるとメイのお父さんが訪ねてきたのです。

お父さんは手土産のお酒をナギサさんにも一緒に飲もうと誘います。

ナギサさんは断りますが、せっかくだからと飲む事にしました。

 

そんな時に、お父さんはもうじき還暦だから、家族みんなで集まれないだろうかと話していたのです。

お母さんと唯の関係がこじれていることに気に病んでいました。

 

次の日ナギサさんも唯とお母さんとの関係をどうしたいのか聞いてみることに。

お母さんが謝らない限り関係は変わらないんじゃないかとのことでした。

 

会社で、肥後先生との食事会についてどうするかとミーテイングが。

結局、メイと瀬川、肥後先生との慰労会ならいいんじゃないかとのことに。

 

ダブル交際申し込み…!?

レストランでの食事会で講演会の感謝を伝えると、会話に困ってしまうメイ。

そんな中、田所と薫が同じレストランにやってきたのです。

薫もメイに田所と食事をする事を言ってはいましたが、まさか同じレストランだとは…

 

その後肥後先生は病院を変えると話してきたのです。

そして、病院が変わればメイの担当地域から外れるので、その時が楽しみだと言われてしまいました。

 

田所と薫も世間話をしつつ、薫はアプローチを混ぜてきます。

そして薫は私と結婚を前提に付き合ってくれませんか!?と告白

 

一方、肥後先生もメイに結婚を前提に交際を申し込みます。

 

田所も、メイもその場で答えを出すことはできませんでした。

 

メイは食事会の後、コンビニに寄りました。そこにはなんと、田所が!

二人とも食事をした気になれずにコンビニで夜食を買おうとしてました。

カゴを見ると似たようなつまみのチョイスが。

このまま夜の公園で食事をする事になりました。

 

食事会での告白はお互い聞こえていたので、どうするのかと互いに悩んでいました。

食べてつつ話していると突然、田所がメイの顔を見つめてきます

田所の手がメイの顎に…!?

何かと思ってびっくりしましたが、マヨネーズが付いていますと優しく言ってくれたのでした。

 

メイは突然の出来事で公園の遊具で遊ぼうと田所を誘います。

なんだかんだで、楽しい時間を過ごしながら二人は帰宅しました。

家に帰ると、ナギサさんがちょうど帰るところでした。

 

ナギサさんはメイの態度を見て何かいいことがあったのかと聞いてきました。

結婚を前提に交際を申し込まれた事を話しました。

嬉しそうなメイを見て、ナギサさんはホッとしたような表情に。

 

そして、メイにお父さんの還暦祝いに何か僕に出来ることは無いかと言ってきたのです。

メイは家族の問題だからと言いますが、家族の関係性を知っているナギサさんはメイの家族の修復を手助けしたいと言い、メイは断れませんでした。

 

その日の夜は更けていきます。

 

薫は交際の申し込みが早かったんじゃないかとメイに連絡を。

瀬川は遠いへ夜空を見るかのように目線を馳せます。

田所はビール片手にベランダで思いふける様子。

ナギサさんはメイの家から家路に。

 

メイは交際を申し込まれた事を思い出していました。

 

第4話の感想は?

重ねる嘘

嘘に嘘を重ねてしまうのは心苦しかったですね…。

今までの偶然会ったタイミングで重ねてしまった嘘に対しても今更取り消せませんしね。

 

つい見栄を張ってしまう…。

結婚前の女性が家政婦を雇っているなんて…とは思われたくないんでしょう。

プライドですよね…。

家事が出来ない事に対して知られたくない気持ちも分かります。

 

まさかのナギサさんをお父さんにしてしまうなんて(笑)

そりゃ田所さんも若いお父さんだと思ってしまいますよね。

 

うまくごまかせたような…?

ごまかせていないような…?

 

ナギサさんと田所が何かの接点を持ち、どうやって絡んでいくのか非常に楽しみです!

 

仲良さげな二人

レストランでの二人とも告白されるという展開。

ドキドキと言いますか、ハラハラして見ていました。

 

レストランでの食事の後の偶然会った二人にニヤニヤしました。

二人の食の好みが合っていたり、公園でのコンビニでチョイスした食事会。

ブランコに二人で乗ってみたり…。

 

もう、この二人こんなに食事の趣味が合うなら付き合ったらいいんじゃないかと思ってしまいましたね…。

思い出の遊具の呼び名まで一緒でしたし。

繋がる共通点が多く、にこやかに見てしまいました。

 

そして、田所さんの“顎クイ”。

ドキドキしました!

お酒が入ってるから!?

酔っぱらっているから!?

 

などと思いながらつかの間のドキドキタイムでした(笑)

 

色んな人の色んな感情が混ざった展開になってしまいましたね。

告白を受けたメイに田所。

交際を申し込んだ薫に肥後先生。

メイの周りの恋愛相関図がどうなって行くのか気になりますね!

 

第4話放送を視聴した方からの口コミや評価は?

40代女性
若手が多い天保山製薬のMRたち。夜の飲み会で恋バナで盛り上がるところは若いなあと思いました。
メイと田所、お互いが同じレストランで同時に告白されちゃうところはドラマの展開だと思いました。プライベートが華やかになり出して羨ましいです。
一方、メイの帰宅を温かく、部屋をキレイにして温かい作りたての食事を用意して待っていてくれるナギサさんにも愛を感じました。
今回はお父さんもメイの住むマンションへやって来て、仲が良い家族だと思いました。
お父さんが穏やかな感じの性格でお母さんが派手な感じ、対照的だと感じました。
お父さんが希望する還暦祝いでお母さんと妹が仲直りするといいなと思います。
ナギサさん頑張ってほしい。
30代女性
第4話では口数の少ない馬場さんがフォーカスされていました。
馬場さんが結婚していたことに女性社員たちが食いついていたので驚きました。
マッチングアプリを使っていたことは意外でしたし、きれいな女性だったのでさらに驚きました。
女性に「あなたといたら飾らない自分でいられる」と言われてプロポーズした。
運命の相手だと思えたのは、最初に合った瞬間に「やっと会えたね」と思ったというのはとてもロマンティックでした。
恋愛の話はとても盛り上がるのでそんな話ができるのがうらやましく感じました。
田所さんがメイを見つめ、そわそわしているようにも見えたので気になるのかなと思いました。
両思いになってもらいたいです。
40代女性
メイ(多部さん)と田所(瀬戸康史さん)2人の関係はどうなっていくんでしょうかね?ナギサさん(大森南朋さん)の事もメイさんが倒れた時に駆けつけているので気になります。
秘密を持つって結構苦しいかもねそんな気がします。
最後まで秘密を守ってもらえるといいですが納得行けるようないい終わり方を期待したいですね。
まだ、4回目なのでこれから面白くして行って欲しいです。
まさかお隣に田所(瀬戸康史)さんとは上手く考えましたね。

見やすいし面白いと評判のわたナギですね!

ギャグ的要素もちょうどいい感じ。

人間関係も仲良しな感じが本当に好きです。

見ていてにこやかになれるドラマだと改めて思いました。

 

家族関係、恋愛模様に、仕事。

色んな要素が含まれつつも、実際ありそうな展開なのもいいですね!

夜の公園での自然な二人の姿も好印象でした。

 

ナギサさんと田所、または瀬川も何か一枚かんでくるような気配も…!?

 

それぞれの関係がどう変化していくのか気になってしまいます!

何よりも、次回の予告で田所の秘密が出る模様!?

来週も待ち遠しいですね!

 

第5話のネタバレ感想とあらすじ!視聴者の評価や口コミは?

報告

瀬川はメイに向かって「付き合ってもらえませんか?結婚を前提に。」と真剣な顔で言いました。

ですが、今のは昨日の告白の再現。

慰労会での肥後先生の大胆告白を薫や、同僚のMRに伝えていたのでした。

 

メイは肥後先生の告白は正直びっくりしたけど嬉しかった。

今まで言われた事のない言葉だったからだと。

薫も婚活をしていたけれど、田所さんは違う気がするんだとメイに話しました。

 

帰り道でメイは、薫は田所さんに恋しているんだろうな…と感じます。

マンションの隣に田所が住んでいることを言うべきかどうか悩んでいました。

 

ブツブツ悩み事を行っている間に田所の部屋のドアの前へ。

ちょうどそのタイミングでドアが勢いよく開きメイは頭を強打。

田所はメイに駆け寄ります。

傷になっていないのを確認し、ほっとした表情の田所。

 

メイが立ち上がった瞬間、田所は半開きのドアに何かを押し込みます

田所の行為を怪しみながらも、メイは部屋に入って行きました。

メイが部屋に入ったのを確認すると、田所は見られちゃったかな…と一人呟きました。

 

準備

メイが帰宅すると、お母さんがメイの家で料理の練習をしていました。

還暦の祝いの為にナギサさんに練習を見てもらう契約をすると言うのです。

そんなことよりも唯と仲直りしたほうがいいんじゃないかとすすめるメイ。

ですがお母さんは唯が謝るのが先だと意地を張るのでした。

 

お母さんが帰った後にナギサさんはセーターのほころびを直します。

ナギサさんは家政婦は沢山の資格を取るんだと話します。

唯も頑張って資格を取っていると話しました。

 

そんな時、メイがあることを思いつきます。

二人はその考えをすり合わせる為に話をしたのでした。

 

ついでにメイは仕事の相談もナギサさんに…新しい病院が出来る情報があるので、何をしたらいいのかと。

ナギサさんはローラー作戦はどうかとアドバイス。

プレゼンがすぐできるようにすること。

どの先生が着任するのか調べ上げること。

 

メイはそのアドバイスを聞き、ナギサさんの優しさに感謝します。

 

メイは新しい病院の情報収集。

肥後先生に会ってそれとなく世間話を交えながら探りを入れますが、うまくかわされているのか知らないのか判断が出来ません。

しかもその流れで、次の食事に誘われてしまいました。

 

還暦祝い

迎えたお父さんの還暦の祝いの日。

妹の唯は家政婦のお手伝いとして参加することとなりました。

ナギサさんも準備に気合いが入ります。

唯は変装サングラスとマスクを装備。

 

お父さんの還祝いの席で、メイや唯が小さい頃、病気で働けなくなった時に苦労をかけてしまったと話してきました。

家庭や収入の面でも苦労をさせてしまったと。

 

お母さんが、仕事も家庭も両立しろと強く言っていたのは何が起こるのか分からないから…。

仕事が急にできなくなってしまう事もあるからだと話してくれました。

 

お父さんは言いたい事を伝えると宣言。

唯にこの家に戻ってきてもらいたいとお母さんに伝えました。

 

メインディッシュを食べながら、昔の思い出ムービーを見始めます。

小さい頃の思い出。

沢山沢山話します。

メインディッシュは思い出のハンバ―グ。

 

お母さんは泣きながら懐かしいと食べます。

突如「どうこの味?覚えてる?」と優しく聞き、懐かしいね唯。と続けて話しかけるのでした。

お母さんは料理のメニューを見た時から、何となく感づいていたというのです。

やっと心の底からちゃんと話せたお母さんと唯。

 

お母さんは、唯の家族を呼びなさいと唯に言いました。

その後、家族もきてみんなで食事をすることが出来ました。

 

その後、メイはナギサさんにお礼の品として、高級お肉をナギサさんに渡します。

ですが、一緒に食べましょうと提案されたので食事をする事に。

そこでナギサさんに突如お約束していたものを渡しますと言われます。

渡されたものは履歴書

 

メイはナギサさんの趣味などが知りたかった…といますが、履歴書を見て驚愕。

職歴には、大手製薬会社で勤務していたと記載が。

更にナギサさんは同じ業種のMRをしていたと書かれていたのでした!!

 

家族との和解

今回のメインストーリーだった家族の和解。

時間がたってしまい、すぐには仲直りできない現状でも第3者の力を借りたり、タイミングのきっかけがあれば素直になれるんだろうと思いました。

 

思い出の映像を見ながら食事をするシーンは一緒に泣けました…。

お母さんもなんだかんだ唯の事をずっと気にかけていたんでしょうね。

家族のわだかまりが無くなって本当に良かったと思いました。

 

恋愛と仕事

MRとしての先生との距離感の難しさ。

仕事の忙しさ。結婚とは。

色々考えてしまい、なかなか進まないものだろうなと思いましたね。

 

メイも肥後先生の事を嫌がっているわけではなさそうですし…?

いまは担当エリアの先生だから懸念しているのか、そこがまだつかめませんね。

 

今回のドラマの冒頭にちょっと驚いたのは私だけではないのでは…!?

一瞬瀬川が本気でメイに告白してきたのかと思いました!

そしたらメイは誰と発展していくのかと焦りました(笑)

今のところメイの恋模様の相手は、ナギサさん、田所さん、肥後先生。

 

恋愛模様がどう絡んでいくかも楽しみですね!

 

30代女性
母と妹を仲直りさせると、父の還暦祝いをもとに、渚さんとメイの作戦にドキドキしていました。
意地を張る2人に見事に仲直りさせるとは、スーパー家政夫であり、お父さんの家族愛に感動してしまいました。
このドラマを見ていて、人の温かさや優しさを感じました。
そしてなんといっても、メイの恋模様がどうなるのか楽しみです。
プロポーズを受けた肥後先生なのか、仲良くなりつつある田所さんなのか、これからが楽しみです。
40代男性
唯とお母さん仲直りしてくれて良かったですね。
お父さんの還暦祝いで一家団欒で食事してる時に突然お父さんが唯に家に帰ってきてもらいたいと言った時はよくぞ言った!と思ったのと同時にお母さんの反応が気がかりでした。
お母さんが唯の夫と子どもを今から連れてきなさいって言った時はこれで全てが解決したんだなと嬉しく思いました。
お母さんいやお婆ちゃん完全に孫を溺愛してましたね。
20代女性
自分と年齢が近いこともあって婚活や結婚を前提にとかっていうキーワードに敏感に反応してしまいます。
ナギサさんは男性でありながら家庭的で資格も取り完璧すぎて周りの人も刺激されそうでこういう人が近くにいたらいいのになと見ていました。今回の話はお姉さんとお母さんの仲直りのお話でしたが、メニュー豊富なおいしそうなお料理だけでなく、家政夫さんからお品書きの提案まで好きだからこそできるお仕事なんだろうなと感じました。
どんなお仕事であっても信念って大事だなと考えさせられました。
30代女性
メイちゃんの相談に、いつも親身になって答えるなぎささんに今回の回も癒やされました。
メイちゃんもなぎささんをとても頼りにしていて、しっかりとそれを仕事場で活かしていて素晴らしいなと思いました。
メイちゃんのお父さんの還暦祝いのシーンも良かったです。
お母さんが子どもたちに厳しく言って育ててきた理由も聞けて納得できました。
味を通して、ゆいちゃんを認めるシーンは泣けました。
50代男性
とても楽しくて、温かくて、素敵な時間を過ごすことが出来ました。
こっそりとナギサさんと話をして、極秘にお父さんの還暦のお祝いパーティーを設定するなんてめちゃめちゃgoodでした。
妹のユイ(趣里)さんのあの奇妙な眼鏡での変装⁉には、めちゃめちゃ笑ってしまいました。
思い出アルバムのBGMが小田和正さんだったのもめちゃめちゃ最高でした。
30代女性
メイにプロポーズした肥後先生が、普通はあまり関心がなさそうな雰囲気を察して引き下がりそうなものをグイグイと迫っていて、メイがなかなか断れなくて困っている姿にメイは大丈夫かなとハラハラしてしまいました。
父の願いで還暦パーティーに母と妹を参加するようにナギサと協力して進めたメイの頑張りは偉くて、自分も見習いたいなと思いました!
当日のパーティーで、母と妹の為に何とかしようと動くメイとは反対に、相手が謝るのが先!と言い張る手強い母の姿は印象的でした。
そんな母が思い出のハンバーグに涙を流して変装した唯に「どう?この味?」と聞くシーンは家族の温かさが詰まった、とても素敵なシーンで良かったです!
20代女性
お父さんの還暦のお祝いとしてナギサさんが料理作ってくれるだけではなく、唯ちゃんもお手伝いという形でお祝いのお手伝いしてくれて良かったですね。
もうすっかりメイとも仲良しだし、相原家にも馴染んでいて、今やナギサさんは相原家にとっていなくてはならない存在になっていますね。
しかし、ナギサさんもまさかのMRだったとか。なぜ言わない!
30代女性
ちょうど母親になったばかりで、「子どもはどんなに大きくなっても小さいこの頃の姿と重なって見えている」というフレーズにグッときました。
いくら喧嘩をしていたとしても子どもに3年も会えないなんてとてもつらいし、耐えられないだろうと思うのに、3年も離れ離れだった親子が家政夫さんの力で元通りになれて本当に良かったと思いました。
家族を繋ぐ家事、家庭の味、がテーマの回だと感じ、私もそんなふうに家族を繋げるように家事・料理をしていきたいと思いました。とっても素敵な回でした。

今回の『私の家政夫ナギサさん』も全体的に面白かったと高評価でしたね。

ユイとお母さんが和解が出来てホントよかったなぁと改めて思いました。

次回放送も楽しみです。

 

第6話のネタバレ感想とあらすじ!視聴者の評価や口コミは?

仕事に恋愛に

メイの会社で新しいシステムが導入される事となりました。

それはリーダーは部下の話を聞き、聞き役に徹するミーティングでした。

 

ナギサさんに仕事の相談をしていたところ、唯とお母さんが家に訪ねてきます。

みんなで一緒に食事を取ることとなりました。

 

帰ろうとした3人は田所にマンションの外で偶然会い、田所とお母さんは面識がある為挨拶をかわしました。

田所はナギサさんとお母さんたちとの間の“不自然さ”に疑問を持ち始めますが…?

 

メイは新しいミーティング方式に疲れていました。

瀬川にボソッと愚痴を話していたところ、瀬川にまさかの言葉をメイは言われてしまします。

「相原さんの事を知りたくて、これは恋じゃないでしょうか?」

メイはなんだかんだ話し、恋じゃないでしょと否定しました。

 

尾行

仕事の帰りにたまたまナギサさんを見つけたメイ。

ナギサさんの事が気になるメイは後を付けていきますが…!?

 

すぐにナギサさんに見つかってしまいます。

 

どうにかその場をごまかしつつ、会話の中でナギサさんの家が近くだと知ったメイは、おなかが減って動けないとわがままを言います。

ナギサさんの家に連れてって欲しいと言ってみたところ、ナギサさんは構いませんが…と言い、メイを支えながら家に向かって歩き始めました。

 

また、ちょうどいいタイミングで田所はメイとナギサさんの二人を見つけます

2人は支え合っているような状態。

田所は親子の距離ではない…

恋人なのか…!?と一人で押し問答を繰り返しました。

 

ナギサさんの家に着いたメイは食事をご馳走になることに。

準備をナギサさんがしている間に、ナギサさんの携帯が鳴ります。

メイは取ろうとした瞬間、ナギサさんのカバンを倒してしまい中身が散乱してしまったのです。

 

食事が出来て食べ始めると、改めてナギサさんの家事スキルに脱帽したメイ。

最近は打ち解け始めたメイはあるモノについてナギサさんに聞いてみます。

 

それはさっきカバンから出てしまってた可愛らしい手帳について聞いてみたのです。

ですがナギサさんの表情がこわばります。

何事も無いように取り繕いますが、メイはナギサさんの触れてはいけないものに触れてしまったのではないかと考えていました。

 

ナギサさんの心の傷

職場では新薬が新しく出る為に仕事が多忙になります。

メイはナギサさんに忙しくなると伝えると、ナギサさんは厳しい表情に。

何かあったらすぐに言ってくださいと強く言われてしまいました。

 

薫と田所は水族館デート。

ですが田所はデート中、話す内容はメイの話ばかり。

そして、薫は隣に住んでることもメイから聞いていなかった為、驚きを隠せませんでした。

 

薫はメイに素直に話します。

隠し事をされてショックだったと。

ですが薫は怒る素振りもなく、田所さんはメイの事で頭がいっぱいだとつげたのでした。

 

仕事が大詰めになり、チーム一丸となってどうにか成功させようとしますが、帰宅はかなり遅い時間に。

 

帰宅すると、ナギサさんがまだ家にいました。

ナギサさんはメイの事が心配だと言いますが、メイはナギサさんに冷たい態度を取ってしまいます。

しまいにはナギサさんを家から追い出してしまいました。

 

ナギサさんはMR時代の後輩が仕事に悩んで追い詰められていた事があったため、メイにそうなって欲しくないとの行動だったのですが、メイは過去を知らない為伝わることはありませんでした。

 

メイは仕事のデータが入ったタブレットを家に忘れてきてしまいます。

考えた末、ナギサさんに持ってきてもらう事に。

 

昨日の事もあり、気まずい二人でしたが、互いに謝罪をします。

そんな時、ある女性とすれ違います。

それはナギサさんのMR時代の後輩だったのです…。

 

恋模様

メイは今モテ期のようですね!

肥後先生に、瀬川、田所。

ナギサさんは恋心ではないように思えますが、今後どう変化していくのかが楽しみです。

 

瀬川の突然の告白?には驚きましたが、かわいらしくて好きでした(笑)

田所さんのメイとナギサさんの姿を目の当たりにしてからの押し問答も好きでした!

 

メイは最終的に誰を選ぶのか気になりますね!

来週は肥後先生もメイをデートに誘う様子でしたし。

 

モテている実感がないメイがどう変化していくのかも楽しみです!

 

トラウマ

ナギサさんの過剰にメイを心配する様子が描かれましたね。

原作では後輩を助けてあげれなかったナギサさんは大きなトラウマになっていたように描かれていたようです。

 

ドラマも同じような感じに思えましたが、今のところは詳しく出てきてはいません。

今後ナギサさんの過去をどう払拭していってくれるのか見ものですね!

 

トラウマとなってしまったものを克服するのは非常に難しいものですが、メイならやってくれそうです!

 

30代女性
今回は、田所がメイのことを必要以上に気にかけていることがわかり、やっぱりという気もしましたが、ドキドキしました。
一方で少しずつナギサさんの母が癌で亡くなったことや、過去に何かあっただろう人とすれ違う様子があり、ナギサさんのことが色々とわかってきました。
後輩からもメイが気になると言われ、モテモテのメイですが、自分の気持ちがどこにあるのかわかっていない様子はちょっと焦ったい気がします。
今後恋愛模様がどうなっていくのかが、とても楽しみです。
仕事面でも、メイが田所と隣人であると伝えなかったにも関わらず、メイに協力する姿勢を見せていた陶山もとても良い人で、メイは恵まれていると思います。
説明会がどうなっていくのか、次回も見逃せません。
20代女性
今回はメイがなんとかして、ナギサさんのことを知ろうとしていたのが印象的です。
ナギサさんの過去を聞けば聞くほど、どんどん気になっていくのがわかるなと思いました。
メイがサングラスをしてナギサさんを尾行していたのは、シュールで笑えました。
ナギサさんの自宅が知りたくて、メイが演技していたのも面白かったです。
自宅も知ることができて、上がることもできてメイはウキウキしたように感じました。
だけどメイが2015と書かれた手帳の話をしたら、ナギサさんの顔色が変わったのが驚きました。
その手帳に何が書かれているのかとても気になりました。
さらに田所がメイのことを気になっていたのが、見ていて伝わってきました。
30代女性
喜んでナギサさんの手料理をごちそうになったりしていて、最初はメイの母も家政夫なんてと毛嫌いしていたのにずいぶん変わってきたなと思ってしまいました。
ユイともすっかり仲良くなってきて喜ばしいことですが、田所にはそろそろナギサさんがお父さんではないというのがバレそうな気がします。
別に家政夫とばれても全く問題ないと思いますが、田所はメイに好意を抱いているようなのでこの先ナギサさんに会うと付きまといそうな気もします。
しかしバレたとしたらナギサさんはどうその場をやり過ごそうとするのか。
このタイミングで実は田所も家政婦さんを雇っていたというのがばれて互いに勘違いするという展開があっても面白そうだなと思いました。
50代男性
とても楽しくて、良い時間を過ごすことが出来ました。
メイ(多部未華子さん)のナギサさんへの興味というか、好意が行っているのがいじらしいです。
ガンの新薬の開拓営業を担当するとなった事を、ナギサさんに伝えた時に、凄い真剣な表情で、メイに対して、「どんなに忙しくても、夕飯は必ずきちんと食べて下さい!。そして、24時までには、必ず寝て下さい!。」と言った本当の意味は何なんだろう?と、思い、途中からはその事ばかりが、気になってました。
そして、24時過ぎて帰宅したメイに対して、あんなに必死に気持ちを伝えたのに、今回は、メイには響かなかったですね。
ラストシーンでメイの忘れたノートパソコンをナギサさんが持ってきたところは感動しました。
その時に流れたエンディング曲は、まさにドンピシャでした。
50代女性
社内で1on1ミーティングをすることになってメイが聞き役をしていたけど、MR以外の仕事で、人の話を聞き続けるってきつそうって思いました。メイがナギサさんの事が気になりすぎて、街中で見かけた時に尾行している姿が可愛かったです。
特に変なサングラスがよかったです。
でも、ナギサさんにバレてたのには笑ってしまいました。
ナギサさんの家に潜入できたから、メイの気持ちも落ち着くかなって思ったけど、よりナギサさんの事が知りたくなったみたいで、頭の中がナギサさんで一杯って感じに見えました。
田所がメイとナギサさんが一緒に歩いているのをみて、気になっていたのはやっぱりメイのことが好きだからなのでしょうか。
薫と田処のデート中、田所がメイの話ばかりするのは失礼だと思いましたが、きっと薫の誘いを断れない優しさかなって思いました。
30代男性
ナギサさんの秘密を探ろうとメイが尾行する場面が面白かったです。
あんなサングラスで変装とは笑わせてくれますね。
案の定、ナギサに見つかってしまう展開はわかりやすいですね。
それからナギサの家に物が何もなくてミニマリストなのかなと思ってしまいました。
ナギサは自分の母親をがんで亡くしているので人一倍メイのことを心配していましたね。
でも家政婦にあんなに事細かく言われてしまったら少しウザいように感じました。
あれは完全に家政婦としての業務を逸脱していました。
冷静かと思っていたのにナギサがこんなに感情に突き動かされる人だとは思いもしませんでした。
やっぱりこのドラマは面白いですね。
20代女性
前回のナギサさんの履歴書が気になっていたので楽しみでした。
メイが質問しても「昔の話ですから」で交わすのが彼らしかったです。
また、「お母さんになりたかった」というナギサさんの言葉が意味深でした。
唯とお母さんがすっかり打ち解けていて、メイたちと一緒にご飯を食べるのが微笑ましかったです。
ナギサさんを尾行するシーンで笑えました。業務外でも優しくて素敵でした。
険しい表情で手帳を見つめるナギサさんにドキリとしました。
薫が田所さんをフる瞬間が格好良かったです。二人の友情が壊れなくて安心でした。
ナギサさんとお母さんの回想に泣けてしまいました。ナギサさんがメイを心配しすぎる気持ちが痛いほど伝わってきました。
タブレットを全力疾走で持ってきてくれるナギサさんが素敵でした。
彼の過去がますます気になる終わり方でした。
30代女性
ナギサさんの正体が少しわかって良かったです。
さすがにメイちゃんの尾行からの不自然な演技はちょっとどうかなと思いました。
ナギサさんが自分の家にあげるとはびっくりしました。
本当に一軒家に一人暮らしなんでしょうか。
過去の仕事のことなど確かにたくさん聞いてみたいところです。
ナギサさんがメイちゃんに逐一大丈夫ですか?と聞いたり、深夜まで残っていたりとちょっとうざいなと思いましたが、あそこまで心配してくれる人がいるのはありがたいですね。
メイちゃんの自分の時間を犠牲にして働くやり方は若い時はいいけれど、年を重ねるときつくなりますし、ナギサさんの心配もわかります。
そして田所さんの恋心もようやく自覚したようでドキドキします。
なんだか高校生みたいで初々しいですね!

恋模様が気になる人はもちろん多いですが、ナギサさんの過去も気になってる人が多いように思えました。

恋愛ドラマだけでは無く、家族の繋がりや、仕事。

トラウマを持った過去。

 

様々なストーリー性が回ごとに違うので気になってしまいますね。

恋愛:仕事:家族:過去が2:1:1:1ぐらいの内容で描かれている内容でしょうか?

来週も非常に楽しみですね!

 

第7話のネタバレ感想とあらすじ!視聴者の評価や口コミは?

ナギサさん…?

説明会を終えたメイ達。

ですが説明会を聞きに来ていた医者に質問をされますが、メイ達は答えられませんでした。

オンコロジーのスタッフからは初歩的な質問に答えられないのは困ると言われてしまいます。

 

そんな時に同じ病院に来ていた田所に会ってしまいます。

何となく気まずい雰囲気になる2人。

間に薫も入りますが、会話がぎこちなくなってしまいます。

その後軽く挨拶をし、その場を別れました。

 

メイ達も帰ろうとした時、ナギサさんの知り合いであろう女性を目撃するメイ。

後を追いますが、見失ってしまいました。

 

ナギサさんも仕事場に戻りますが心ここにあらず…。

心の動揺を隠すことが出来ませんでした。

 

別の講演会に行った際に新しい病院のカギを握る先生に挨拶できることに。

挨拶をかわし、その際にゴルフの話に。

メイの会社のスタッフもゴルフのコンペに参加しませんかと誘ってもらえました。

 

唯から電話がかかってきたので出てみると、ナギサさんが急にお休みするとのこと。

心配になったメイはナギサさんの家に突撃することにしました。

家に行ってみるとナギサさんは家にいましたが…

家の中は以前と違い、片付いておらずいつものナギサさんと違うとメイは感じ取っていました。

 

メイはおせっかいをナギサさんに押し付けます。

料理をし提供をしましたが、うまく作れませんでした。

 

メイはナギサさんの弱みを握りたいんだと宣言します。

なぜナギサさんは話してくれないんですかと詰め寄りました。

 

ナギサさんの心の傷とは

根負けしたナギサさんは過去を話す事に。

その話は、病院で見かけた箸尾玲香についての過去でした。

 

箸尾さんはMRで働いていた時、同じ会社のスタッフでナギサさんを慕っていた女性だったとのこと。

だんだん仕事が忙しくなった時にナギサさんは無理をしがちな箸尾さんを心配していました。

 

そんな中、ナギサさんのお母さんが亡くなってしまったのです…。

ナギサさんはしばらく箸尾さんに会えませんでした。

 

その後出勤してみると箸尾さんは顔色も悪くふらつき倒れそうになってしまいます。

そこで箸尾さんはポツリポツリと無理をしていた事、もう笑えなくなっていた事を話し始めました。

ナギサさんは聞くことしか出来ませんでした。

 

その後箸尾さんは病院に行き診断書をもらい、そのまま会社を退社したそうです。

箸尾さんの異変にもっと早く気が付いていれば…何か出来る事があったんじゃないかと心の内をメイに話しました。

ですがメイはその話を聞き、すぐナギサさんの家を後にしたのでした。

 

再会

新薬の説明をしに病院に行くメイ達。

前回答えることが出来なかた質問にも答えることが出来ました。

ホッとしたメイ達はその病院を後にすることに。

 

メイは瀬川の助けも借りつつ箸尾さんを探しますが、そう簡単には見つける事が出来ませんでした。

ちょうどその頃に田所から連絡が。

一緒にゴルフの練習をしないかと誘われたのです。

 

練習場で会ったメイと田所。

メイに会った途端、田所は告白をしてきました。

そして、練習場のグリーンに乗ったら僕と付き合ってくださいと言ってきたのです!

 

メイが返事に困っていると、瀬川から電話が入ります。

箸尾さんを病院で見かけたというのです!

メイは田所の返事をする事もなくその場を去りました。

 

メイはナギサさんの家を訪れました。

メイが来たことに驚きますが、更にナギサさんを驚かせます。

なんとそこには、箸尾さんがいたのです!

 

メイは伝えたい事があるなら伝えて下さいと2人に言いました。

話し始めたナギサさんと箸尾さんは互いに謝ることばかり。

一人ずつ話すようにメイは促しました。

ナギサさんは5年前の謝罪を述べます。

 

箸尾さんはナギサさんが悪いわけでもないし、今は幸せだと話しました。

そこでメイはあの手帳を持ってきたのです。

その手帳の中にはナギサさんへの感謝の気持ちが書かれていました。

 

箸尾さんはナギサさんを恨むこともなく感謝していたのです。

ナギサさんは今、箸尾さんが幸せになっていることに安堵し、涙まで浮かぶ始末。

 

ですが、しっかり話せた二人を見てメイは嬉しくなりました。

軽く挨拶だけして去ろうとした時、田所さんがナギサさんに話しかけます。

「あなたは誰ですか?」と…。

 

ナギサさんの過去

やっと明かされたナギサさんの過去が描かれていました。

ナギサさんがずっと心に引きずっていた事。

 

もっと早く箸尾さんの変化に気づけたのではないのかと…。

ある意味トラウマになっていたんでしょうね。

 

メイのおせっかいによって真実を知ることが出来てよかったと思いました。

ナギサさんの安堵した表情が印象に残っています。

 

恋の行方は…?

今回は田所さんもとうとうメイに告白してきましたね。

ですが、メイの意識はナギサさんに向いていっていました。

 

恋愛にではなく人としての繋がりをメイは重視した行動だったのかとは思いました。

ですが、最後の最後のメイのハグ!

 

メイもなぜしてしまったのかよくわかってはいないようでしたが、この行動が恋に向かっていくのか…

気になるところです。

 

田所さんも勇気を出して告白してきましたが、最終的には運に任せようとしましたね(笑)

男らしくバシッと告白を決めて欲しかったと個人的に思ってしまいました!

 

30代女性
メイと田所がお互いを意識してぎこちない感じの二人の様子には思わず笑ってしまいました。
肥後先生からのプロポーズの返事のはぐらかし方もうまくなったなと感心してしまいました!
そして、あまりにも調子を狂わしているナギサのことで頭がいっぱいなメイが早退までしてナギサの家に行ったのには驚きで、メイにとってナギサの存在は凄く大きいのだなと感じました。
メイがナギサのために作ったウナギフライは斬新で笑えました。
ナギサの過去の回想シーンは、ナギサの人柄を知れたとともに悲しい事実を知り、切なかったです。田所からの誘いでゴルフに来たメイのプレイ姿はとても可愛かったです!
そして、まさかの突然の田所がメイへの告白の展開にはドキドキでした!
メイの働きにより、ナギサが心に抱えていた苦しみが消えて本当に良かったです。
40代女性
新薬の説明会で、昔のナギサさんの気になる相手に出会ってしまった、めいちゃんとナギサさん。
ナギサさんの事が気になってしまっためいちゃんが可愛いし、昔の恋心とか思い出したりしてホッコリさせてくれるこのドラマ。
嫌味な人が居なくて見心地が良いです。
それにしても、田所さんとは本当に関心がないから、来るって身構えちゃってる二人の関係も、アタフタしてて可愛らしいです。
忘れた頃に、肥後先生登場にこちらもビクッとしてしまい、結果またスルーされてしまう、肥後先生にはいつもファイトと思ってしまうけど、なんだか、良いキャラなので好きです。
あんなに完璧なナギサさんが調子が悪そうなのと、あの後輩らしき女性の存在の事が気になってワクワクでした!
うなぎのフライ丼にはびっくりしました。
20代女性
今回はいつも完璧なナギサさんが、料理をこがしたりぼーっとしていたのが印象的です。
初めて見るナギサさんで驚きましたし、メイも心配になっていたのがリアルだなと感じました。
そこからナギサさんが、母親や女性のことを話していたのが切なかったです。
母親も女性も助けることができなくて、悔やんでいたのが切なかったです。
サインに気づいてあげられなかったことを、ずっと心残りだったのが伝わってきました。
そこから瀬川が、なんとかその女性を探したところが立派だなと思いました。
ナギサさんと女性が再会したところは、思わず心にグッときました。
女性がママになって、幸せでいることを心の底から喜んでいたナギサさんに感動しました。
40代男性
鴫野ナギサさん、もっとクールで、威厳あるスーパー家政夫さんかと思ったんですが、随分傷つきやすい優しい方だったんですね。
多部未華子さんの相原メイさんは魔女なんですか⁉︎
精神的に動揺し過ぎてしまったおじさんに抱きついて、ニヤつかせてしまうなんて。
からかっちゃいけません。おじさんも50にもなれば、精神的に疲れがたまってしまっている時だってあると思うんです。
でも、迂闊に喜んだ時は、ぬか喜びに終わるのも通常かも。
メイさんが好きな田所優太さんが怖い顔で睨んでいたようです。
ナギサさんが辞めたMRの現役。負けちゃいられないと思うはずなんですが、優し過ぎる人でよかった。
20代女性
メイの手料理を「ギリギリ人間の食べ物」と評価するナギサさんに笑えました。
「お母さんになりたかった」とつぶやくナギサさんに箸尾さんが「じゃあ私は娘ですね」と微笑むシーンに和みました。
疲れ切った箸尾さんを助けようとするナギサさんに「ナギサお母さん」と言った彼女の心境を考えると辛いです。
お母さんの死に目に会えなかったナギサさんが可哀想でしたし、箸尾さんが「私もう笑って答えられない」と泣く場面は非常にしんどかったです。
メイの似顔絵が面白かったです。
田所さんの告白も唐突すぎて驚きました。そして立ち去るメイを呆然と見守る彼が気の毒でした。
「今度こそ私大丈夫です」と箸尾さんが力強く言い切るところが良かったです。
ナギサさんの涙にジーンとしました。
田所さんがナギサさんにどのような話をするのか気になります。